トップページへ 目次

<同意表現集の詳細解説>

(50)偶然〜する


1) run (or bump) into O : O に偶然出会う、O にぶつかる; run into も bump into もくだけた表現で、知っている人に偶然出会うこと。よく用いられる。

2) encounter O (by chance) : O に偶然出会う; 堅い表現で、特に知り合いでない人との出会いに用いられる。by chance は普通付けない。

3) happen (or chance) to do : 偶然〜する; happen to do は普通の表現。よく用いられる。chance to do は堅い表現で、あまり用いられない。

4) come (or run) across O : O を偶然見つける、O に偶然出会う; 驚きを伴う劇的な場面で用いられることが多い。run across の方がくだけた表現。come across も run across も「人に偶然出会う」という意味よりも、「ものを偶然見つける」という意味で使われることが多い。

5) come upon (or on) O : O に偶然出会う、O を偶然見つける; 堅い表現。主に劇的な驚くべき場面について用いられる。

6) meet (or see) O by accident (or by chance) : O に偶然出会う; by accident (or by chance) はなくても良い。meet は会って話をした場合、see は見かけただけの場合に使うのが普通。偶然的な場合は by accidnt (or by chance) などを付けることが多い。なお、meet も see も「約束して会う」場合にも用いられる。

7) meet (or see) O accidentally (or incidentally) : O に偶然出会う; accidentally は特に悪い結果を伴う場合に用いられる。incidentally は「付随的に」という意味が強い。

8) it happens (or chances) that S V : 偶然〜する; it happens that はやや堅い表現。it chanced that の使用頻度は比較的低く、過去以外の時制は古い表現。なお、as it happens = 意外にも、実は。


同意表現集(50)へ