トップページへ 目次

<同意表現集の詳細解説>

(79)時間がかかる


1) soon:まもなく; 最も普通の語。文末に入れても良い。

2), 3) take 時間 : 時間がかる; 普通の表現。この構文は、it を仮主語、to do を真主語と考えても良いし、it が漠然と状況を表す用法、to do が副詞的用法だと考えても良い。なお、「その本を読むのに2週間かかった」は次の通り。The book took him two weeks to read.(本に焦点を当てた表現)≒ He took two weeks to read the book.(時間がかかるというよりも、時間をかけるという意味合いが強い) ≒ He took two weeks reading the book.(まれ)≒ It took him two weeks to read the book.(行為者の努力・苦労が暗示される)≒ It took two weeks for him to read the book.(結果として時間がかかったことを含意)≒ Reading (or To read) the book took him two weeks.(読む行為に焦点を当てた表現;既に起こっていることなので動名詞が普通) という書き換えが可能(「ジーニアス英和辞典(大修館書店)」p.1821)。

4) it is 時間 before 〜 : 〜するまでに時間かかる、時間経って〜する; ややくだけた表現。it won't be long before 〜 = まもなく〜。

5) before long : まもなく; 普通の表現。特に「何かが起こるのを待っている」という状況で使う。文末に置いても可。


同意表現集(79)へ