トップページへ 目次
辞書・参考文献(同意表現集)




◇使用した主な辞書・参考文献・CD-ROM(順不同)◇

Collins Cobuild English Dictionary(Harper Collins, 1995)
Collins Cobuild on CD-ROM(Harper Collins, 1995)
Language Activator(Longman、1993)
Longman Dictionary of Contemporary English(Longman, 1987)
Oxford Dictionary of Current Idiomatic English Vol. 1, 2(Oxford, 1990)
『ランダムハウス英和大辞典第2版』(小学館、1994年)
『ジーニアス英和辞典第3版』(大修館書店、1998年)
『新編英和活用大辞典 CD-ROM版』(研究社、1996年)

Quirk, R. et al. A Comprehensive Grammar of the English Language(Longman, 1994)
Collins Cobuild English Usage(Harper Collins、1992)
江川泰一郎『英文法解説』(金子書房、1997年)
宮川幸久・綿貫陽・須貝敏・高松尚弘『ロイヤル英文法』(旺文社、2002年)
マイケル・スワン(金子稔・廣瀬和清・山田泰司訳)『実例現代英語用法辞典』(桐原書店/オックスフォード、1986年)
石橋・渡辺他『英語語法大辞典』(大修館書店、1988年)
渡辺他『英語語法大辞典第4集』(大修館書店、1995年)
斉藤雄蔵『英語類義語辞典』(大修館書店、1988年)
河上道生監修/丸井晃二郎著『英語類語用法辞典』(大修館書店、1992年)
リチャード・ショウスタック(野沢聡子・石井順子・ネルソン桂子訳)『英語類義語情報辞典[T]』(大修館書店、1993年)
新島通弘『英語表現活用辞典』(開拓社、1985年)

『英語教育 1996年12月号〜』(大修館書店)

國広正雄『クニヒロの入試の英作36景 第1集〜第6集』(南雲堂、各1987, 1989, 1990, 1990, 1992, 1993年)
河上道生・J.D.Monkman『英作文参考書の誤りを正す』(大修館書店、1990年)
Gareth Watkins・河上道生・小林功『これでいいのか大学入試 上・下』(大修館書店、1997年)
G.ワトキンス『英誤を診る』(進学研究社、1987年)
G.ワトキンス(富岡龍明訳)『続英誤を診る』(進学研究社、1988年)
河上道生『英語参考書の誤りを正す』(大修館書店、1983年)
ピーター・ロス+ロス・典子『原因別日本人が間違いやすい英語』(朝日出版、1988年)
デイビッド・セイン/小池 信孝『その英語、ネイティブにはこう聞こえます』(主婦の友社、2003年)
小笠原林樹『日本人英語の誤用診断事典』(研究社出版、1997年)
リチャード・メイナード『ナチュラルイングリッシュ』(大修館書店、1987年)
小泉賢吉郎『英語の中の冠詞と複数』(The Japan Times、1990年)
ジャン・マケーレブ/岩垣守彦『アメリカ人語』(読売新聞社、1984年)
ジャン・マケーレブ/岩垣守彦『アメリカ人語 PART2』(読売新聞社、1988年)
井内邦彦『ネイティブに近づく英語表現』(北星堂書店、1991年)
フランシス・パワー(押谷善一郎・岩田強訳)『日本人英語の陥し穴』(大阪教育図書、1986年)
マーク・ピーターセン『日本人の英語』(岩波書店、1988年)
マーク・ピーターセン『続日本人の英語』(岩波書店、1993年)
岩垣守彦『日本人に共通する和文英訳のミス』(The Japan Times、1993年)
ジェイムズ・H・M・ウェブ『日本人に共通する英語のミス121』(The Japan Times、1995年)
岩垣守彦『和文英訳のテクニック』(The Japan Times、1994年)
ポール・ケリー/西村公正『続日本人英語のミス200』(研究社出版、1996年)
ポール・ケリー/西村公正『発想の違いがまねく日本人英語のミス200』(研究社出版、1997年)
岩垣守彦『辞書ではわからない英語の使い方』(The Japan Times、1996年)
富岡龍明『大学入試英作文実践講義』(研究社出版、1991年)
石神勉『入門編英作文のトレーニング』(増進会出版、1995年)
石神勉『実践編英作文のトレーニング』(増進会出版、1996年)
山岸勝榮『英語・この一言が難しい』(洋販出版、1997年)
ボブ・ヤンポルスキー+『週刊ST』編集部『日本人に共通する書く英語の弱点』(The Japan Times、1995年)
染矢正一『日本人に共通する英単語の使い分けの弱点』(The Japan Times、1995年)
田中実『英語構文ニュアンス事典』(北星堂書店、1988年)
倉谷直臣『ハイベーシック英作文』(研究社、1993年)
クリストファ・バーナード/勝見務『コペルニクス英作文』(研究社出版、1991年)
クリストファ・バーナード/勝見務『プラトンの英作文講義』(研究社出版、1991年)
市橋敬三『日米口語表現辞典』(研究社出版、1993年)
市橋敬三『最新アメリカ英語表現辞典』(大修館書店、2003年)
安藤貞夫監修/田中実著『基本英語類語辞典』(北星堂書店、1992年)
ピーター・シュナイダー(太田豊承訳)『日本人英語へのちょっとしたアドヴァイス』(大修館書店、1996年)
C.A.エディントン(安藤ちか子訳)『ネイティブの英語』(The Japan Times、1990年)
佐々木高政『和文英訳の修業』(文建書房、1994年)
ケリー伊藤『キミの英語じゃ通じない』(バベル・プレス、1987年)
ドナルド・ハリントン(平野みどり訳)『私が採点する日本の英語』(英友社、1984年)
望月昭彦『英作文用法事典[T]・[U]』(大修館書店、各1991、1994年)
田中茂範『データに見る現代英語表現・構文の使い方』(アルク、1990年)
綿貫陽・淀縄光洋・Mark F. Petersen『教師のためのロイヤル英文法』(旺文社、1994年)
小西友七『英語シノニムの語法』(研究社出版、1983年)




↑ページ先頭へ↑