トップページへ

目次

<ドイツ語>

2格支配の動詞







◇略語の説明◇

[1]分離・剥奪(英: of に相当 → 熟語集[31]
sich et2 abtun:物を捨てる
sich et2 begeben:(geh.) 〜を放棄する、辞める
sich et2 entäußern:(geh.) 1) (権利・自由など)を放棄する 2) 〜を譲渡する
jn (古)et2 / (geh.)von et3 entbinden:人に対して事の履行を免除する、解く
jn et2 entheben:(geh.) 人から事を免除する、解く、取り除く
sich von et3 entladen / (古) sich et2 entladen:事から解放される
jn et2 überheben:人の事を免除する、取り除いてやる
sich 2 entledigen:(geh.) 〜を片づける、取り除く、追い払う、(任務などを)果たす
jn et2 verweisen:人をある場所から追放する、退去させる
sich seines Amtes entsetzen:(古) 人を解任する
sich et2 entschlagen:(古) 物を放棄する、捨てる(sich aller Sorgen)
sich et2 enthalten:(geh.) (酒・タバコなどを)やめる、(発言・判断などを)控える、(欲望などを)抑える
sich des Lachens nicht enthalten können(笑わずにはいられない) sich des Tränen nicht enthalten können(泣かずにはいられない) jn / sich et2 entwöhnen:(geh.) (習慣)をやめさせる/やめる
sich et2 müßigen:(古) 1) 事を控える 2) 事を扱う
jn (geh.)et2/von et3 suspendieren:人に事を辞めるように命じる
sich 2 erwehren:(geh.) 〜から身を守る、〜を防ぐ
sich eines Lächelns nicht erwehren können(微笑みを禁じ得ない) sich seiner Haut wehren:(ugs.) 相手の言いなりにならない、必死で抵抗する
sich 2 bemächtigen: (物)を奪う、自分のものにする、(人)を捕まえる、(感情などが)襲う
jn et2 berauben:(geh.) 人から物を奪う
et2 entbehren:(geh.) 〜を欠いている
2 entraten:(geh.) 1) 〜を欠いている 2) 〜なしで済ます
ihrer Hilfe nicht entraten(彼女の援助なしではやっていけない) et2 ermangeln: 1) (古) 〜を欠く、持たない 2) (nicht ermangeln, ... zu tun) 必ず〜する
et2 (od. von et3) (ganz) zu geschweigen:事物はさておくとしても
et2 spotten:(geh.) 1) 〜を問題にしない 2) (事が) 〜の埒外にある
jeder Beschreibung spotten(筆舌に尽くしがたい) eines Kindes genesen:(古) 子供を産む(「自らを子供から分離して無事に帰る」こと)


[2]認識・確認(英: of に相当 → 熟語集[32](1)(2)
et2 inne sein (inne は離して書く):(geh.) 事を知っている、自覚している
et2 innewerden (不定詞と分詞以外は inne を離して書く):(geh.) 事に気づく
et2 kundwerden:(詩) 事に気づく
sich eines Bessern besinnen:考え直す
sich anders (od. eines anderen) besinnen:考えが変わる
jn eines ander(e)n belehren / jn eines Besser(e)n belehren:人の誤った考えを正す
sich4 eines Besseren belehren lassen:悟されて誤った考えを改める
2 gedenken:1) (geh.) 〜を思い出す、忘れずにいる、考える 2) (zu 不定詞) 〜するつもりである
sich 2 / an 4 entsinnen:〜を思い出す、覚えている
sich an (od. (墺・瑞) auf) 4 erinnern / (古) sich 2 erinnern:〜を思い出す、覚えている
2 vergessen:(geh.) 〜のことを忘れる
auf (od. an) et4 vergessen:(南独・墺) 事を忘れる sich 2 vergewissern:〜が信頼できるか確かめる、〜を確かめる
sich vergewissern, dass ...(〜かどうか確かめる)
jn et2 versichern:人に事を保証する、請合う
sich et2 versichern:(geh.) 1) 事を確かめる、事の確約を取りつける 2) (古) 物を手に入れる、奪う


[3]帰属性(英: of に相当 → 熟語集[32](3)
jn (wegen) et2 anklagen:(法律) 人を事のかどで起訴する
sich (wegen) et2 anklagen:自分の事を激しく責める
jn et2 beschuldigen:1) 人に事の罪を帰する 2) (法律) 人を事の罪で告訴する
jn et2 bezichtigen:人に事の罪を着せる(jn des Diebstahls, bezichtigt werden, … getan zu haben)
jn et2 zeihen:(geh.) 人を事のかどでとがめる、人の事を責める、人に事の罪を負わせる
jn et2 verdächtigen:人に事の疑い・嫌疑をかける
jn et2 überführen:人に事を認めさせる、人の事が罪であることを証明する
jn et2 würdigen:(人)を(事)に値すると見なす


[4]所有への期待と所有の結果(感情の原因と部分の2格の両者が含まれる)
2 bedürfen:(geh.) 〜を必要とする
es bedarf keines weiteren Wortes.(これ以上何も言う必要はない) et4 / (古) et2 benötigen:物を必要とする
et2 benötigt sein:(古) 物を必要としている
es braucht et2:(非人称) 事を必要とする
et2 begehren:(古) 物を所望する
et4 / et2 gewärtigen:(geh.) 事を待ち受けている、(避けることができないと)覚悟している
2 harren / auf 4 harren:(geh.) 〜を(じっと)待っている、待ち受ける
sich et2 getrösten:(geh.) 事を当てにする
sich et2 versehen:(古) 事を覚悟する、予期する
auf 4 (od. (古) 2) warten:〜を待つ


sich et2 bedienen:(geh.) 〜を使う
sich et2 erfreuen:(ugs.) 物を享受する
sich et2 freuen:(geh.) 1) 事(過去又は現在の事)を喜ぶ 2) 事を享受している
et4 / (古) et2 genießen:1) 物を飲む 2) (名声など)を博する


[5]感情の原因
sich über jn / (geh.) js erbarmen:人をあわれむ、気の毒に思う(dich unser)
sich et2 (od. über et4) erbarmen:(ugs.) (戯) 事物を引き受ける sich et2 / wegen et2 / für et4 schämen:〜を恥ずかしく思う、恥じる、
sich schämen, ... zu tun(〜するのを恥ずかしく思う)
et2 scheuen:(geh.) 物を恐れる、はばかる
über 4 / (古) 2 spotten:〜を嘲る、嘲笑する
sich mit et3 brüsten / (geh.) sich et2 brüsten:物を自慢する、誇る
sich et2 (od. mit et3) rühmen:〜を自慢する、誇る
sich et2 überheben:(ugs.) 事を鼻に掛けている
eines … Todes sterben:…の死を遂げる(この2格は原因)


[6]専念の対象
sich et2 befleißigen:(geh.) 〜に努める、励む
et2 pflegen:(古) 〜をする
et2 walten:(古)事を司る、処理する
sich 2 annehmen:(geh.) 〜の面倒と見る、〜に心を用いる([方] sich um jn/et4 annehmen)
et2(まれに3) schonen:(古) 物を大事にする、大切にする
sich erkühnen, ... zu tun / (古) sich et2 erkühnen:大胆にも…する、危険を冒して…する
2 erwähnen:(古) 〜に言及する




トップページへ 上へ