トップページへ

目次

<語法集>

§21 語法上注意すべき副詞



(A)肯定文・否定文・疑問文での使い分けが必要な副詞

肯定・平叙文否定・疑問文
already(すでに)yet(まだ〜(ない)、もう〜したか:文尾で)
already(そんなに早く〜したのか:驚きを表す)
still(まだ、今なお) still(まだ、今なお:否定語の前で)
例: He has already finished the job.(もう仕事を終えてしまった)
Has he finished the job already?(もう仕事を終えてしまったのですか?)
He has not finished the job yet. = He still has not finished the job.(まだ仕事を終えていない)
once(かつて)
ever(かつて:比較構文で)
ever(これまでに、かつて)
例: I have once lived in England.
Have you ever been to England?(イングランドへ行ったことがありますか)
She works as hard as ever.(彼女は相変わらず一生懸命に働く)
too(〜もまた)
also(〜もまた)
either(〜も...(ない)) also(〜もまた:否定語の前で)
例: He works hard, too. = He also works hard.
He doesn't work hard, either. = He also doesn't work hard.


(B)比較級・最上級を強調する副詞

1)比較級を強調する副詞

much(大いに) a lot(大いに)far(はるかに)
even(さらに)still(一層)yet(一層)
by far(はるかに:後ろから修飾)

2)最上級を強調する副詞

by far(はるかに:the 比較級の強調も可)
very(本当に:the very 最上級の語順)
yet(一層:最上級+名詞の後で) much(はるかに)


(C)時制に注意すべき副詞

1)現在形と用いる副詞

nowadays(近ごろ) these days(近ごろ:時に現在完了と)
at present(現在は:まれに現在完了と)

2)現在完了と用いる副詞

recently(最近:過去の1回限りの行為について用いるので、通例現在完了形(完了・結果の用法)または過去形と使う。現在形とは不可;否定文・疑問文では lately とほぼ同義;肯定平叙文では短期間の継続状態なら現在完了形と使える)
lately(最近:習慣的反復行為・継続状態について用いる。まれに現在形や過去形と用いられることもあるが、避けた方がよい;長期間の継続状態では recently よりも好まれる)
of late(最近:lately と語法は同じだが、堅苦しい表現)
(ever) since(それ以来)
例: They haven't worked very hard recerntly (or lately). = They don't work very hard these days (or nowadays).(最近あまり一生懸命働いていない)(継続;否定文)
Recently I went to Tokyo.(最近東京に行った)(一回限りの行為)
I've been very tired recently (or lately). = I'm very tired these days.(最近とても疲れている)(継続;肯定平叙文)

3)過去形と用いる副詞

〜 ago((現在から) 〜前に:仮定法の過去完了とは可。また、物語や文学作品では、登場人物ではなく作者自身の視点から時間を捉えるので過去完了と使われることもよくある)
just now(少し前に:状態を表す動詞と用いて「ちょうど今」を意味するときは現在形とも可。また現在完了と用いられることもある)

4)過去完了と用いる副詞

〜 before((過去のあるときから) 〜前に:単独で用いる before(以前に)は現在完了・過去・過去完了と用いる)
例: I saw the picture two years ago.(今から2年前)
I bought a picture. I had seen it two years before.(買ったときから2年前)
I saw (have seen, had seen) the picture before.

目次 上へ