トップページへ

目次

<語法集>

§4 不定代名詞



(A)名詞の反復を避ける代名詞

1) 修飾語が付かない one :"a(n) 単数可算名詞" に相当。不可算名詞は受けられない。不可算名詞のときは some (or any)。
例: ○ I have lost my camera and I have to buy one (= a camera)
× You have no money, but I have one (→ some (money)).

2) 修飾語が付く one(s) :"(冠詞) 形容詞 one(s)" の形で使う。不可算名詞は受けられない。所有格・数詞(序数詞は除く)の次には用いられない。these (or those) ones も普通使わない。
例: ○ I prefer Japanese cars to foreign ones (= foreign cars)
× He prefers white wine to red one (→ red (wine))
× He prefers your answer to my one (→ mine (or my answer))

3) it :"the 単数名詞" に相当。
例: ○ I have bought a camera, so I can lend it (= the camera) to you.
4) the one(s):"the 既出の名詞”に相当し、通例後に修飾語句を伴う。ただし of 句が続くときと不可算名詞を受けるときは that(複数なら those)。
例: ○ This camera is the one (= camera) (that) I bought yesterday.
× The population of Tokyo is larger than the one (→ that) of Osaka.

(the one と that の相違の詳細については『英独仏:冠詞雑感 直接規定 (1) the one と that の相違』を参照)


(B)注意すべき代名詞・不定形容詞

1) some:実際に存在すると判断・想定している場合に使う。
some 複数名詞(幾つかの〜)  some 単数可算名詞(ある〜)
some 不可算名詞(幾らかの〜) some 数詞(およそ〜)

2) any :具体的に特定されたものや存在を意識していない場合に使う。
肯定文・否定文:any 名詞(どんな〜も)
疑問文・条件文:any 名詞(何らかの〜、または訳さない)

3) no one (or no-one, nobody), someone, somebody, anyone, anybody:単数扱い。ただし、代名詞で受けるときは複数(they, them 等)で受けるのが普通。
of 定名詞句(the 〜, one's 〜, these 〜, 代名詞など)は続けられない。
of 定名詞句を続けるときは、none, not any, some one, any one。
例: × someone of them
○ some one of them

4) all, both, half, most, many, much, some, any, one, (a) few, each:of 無冠詞の名詞は不可。of 定名詞句なら可能。
例: × all of books ○ all of the (or one's, these) books
○ all of them ○ all books

(注:all (or both, half) (of) the (or one's, these) 〜:of が省略できるのは以上3語。most や some などは of の省略は不可)
(注:every には名詞の用法がないので *every of 〜 は不可)


(C)all, both, each, every の注意すべき用法

1) S+ all (or both, each) + 一般動詞(〜すべて(両方、それぞれ)が...する)(同格用法)

2) S+ be 動詞・助動詞 + all (or both, each)(〜すべて(両方、それぞれ)が...である)(同格用法)
1) と 2) の例: They all live there.
They are all happy.
They can all swim.

3) every は形容詞の用法のみで単数の名詞と使い、3つ以上のものについて用いる(2 つのときは both か either を使う。either(どちらの〜も)を名詞と使うとき、名詞は通例 side, end, hand に限られる)。

4) each は代名詞、形容詞(単数の名詞と)、副詞の用法があり、2つ以上のものに用いる。

5) each other, one another(お互いに)はほぼ同様に用いられるが、副詞ではなく代名詞なので、自動詞に続くときは前置詞が必要。
例: × They were talking each other(→ with each other or to each other).
(「人と話す」が、「talk to (or with) 人」であることから)
○ They want to see each other's faces.


目次 上へ