トップページへ

<英語>

- 語 法 集 -




[目 次]

T.名詞・代名詞の語法

§1.注意すべき不可算名詞と可算名詞
(A)注意すべき不可算名詞
(B)不可算名詞扱いをする集合名詞
(C)常に複数扱いをする集合名詞
(D)可算名詞で、単数・複数両様の扱いをする集合名詞
(E)その他注意すべき集合名詞
(F)単数扱いをする複数形の名詞
(G)通例複数扱いをする複数形の名詞
(H)複数形で特別な意味になる名詞(複数扱い)

§2.相互複数:常に複数形を用いる表現

§3.冠詞の有無
(A)go to 〜 と go to the (or a)〜
(B)go to the (or a) 〜
(C)交通・通信手段の by
(D)伝達手段の on と over
(E)田舎・都会
(F)冠詞を含む熟語・含まない熟語

§4.不定代名詞
(A)名詞の反復を避ける代名詞
(B)注意すべき代名詞・不定形容詞
(C)all, both, each, every の注意すべき用法

U.動詞の語法

§5.他動詞と自動詞を誤りやすい動詞

§6.活用形を注意すべき動詞

§7.再帰動詞

§8.進行形をとらない動詞
(A)存在・状態を表す動詞
(B)構成・所有を表す動詞
(C)無意志の知覚動詞
(D)心理状態を表す動詞

§9.so, not を目的語にとる動詞

§10.SVAB の形をとる動詞・とらない動詞
(A)付与を表す動詞 (AにBを与える) 1)give グループ:AB=B to A
2)provide グループ:A with B
3)donate グループ:B to A
4)bestow グループ:B (up)on A
(B)命令・要求・依頼・願望・許可・可能を表す動詞 1)「依頼」:AにBを求める:AB=A for B=B of/from A
2)「要求」:AにBを要求する:B of/from A
3)「〜させる」:Oに〜させる:O to 不定詞=that S V
4)「〜させる」:Oに〜させる:O to 不定詞=O that S V
5)「〜させる」:Oに〜させる:O to 不定詞(that 節は不可)
(C)陳述・思考・認識を表す動詞(AをBに言う) 1)A to B=(to B) that 節
2)O to be C=that 節(OがCだと)

§11.SVO の形をとる動詞・とらない動詞
(A)that 節(前置詞は必ず省略)
(B)(前置詞 it) that 節 (前置詞 it の省略可)
(C)前置詞 it that 節 (前置詞 it の省略不可)
(D)目的語に動名詞をとり、to 不定詞をとらない動詞
(E)目的語に動名詞をとらず、to 不定詞をとる動詞
(F)目的語に動名詞と to 不定詞をとる動詞 (両者とも意味がほぼ同じ動詞)
(G)目的語に動名詞と to 不定詞をとる動詞 (意味が異なる動詞)

§12.SVOC の形をとる動詞
(A)Cに原形・現在分詞・過去分詞が可
(B)Cに原形・現在分詞が可
(C)Cに原形・過去分詞が可
(D)Cに原形が可
(E)Cに現在分詞・過去分詞が可
(F)Cに現在分詞が可
(G)Cに過去分詞が可

V.形容詞・副詞の語法

§13.形容詞の叙述用法・限定用法
(A)叙述用法だけの形容詞
(B)限定用法だけの形容詞
(C)叙述用法と限定用法で意味が異なる形容詞

§14.it is A of 〜 to 不定詞=〜 is A to 不定詞 タイプの形容詞

§15.it is A (for 〜 ) to 不定詞B=B is A (for 〜) to 不定詞 タイプの形容詞

§16.事柄を主語にする形容詞
(A)他動詞の現在分詞からの形容詞
(B)「人は(が)…することが(は)〜だ」の構文

§17.人を主語にする形容詞
(A)主語の感情を表す形容詞
(B)主語の意志を表す形容詞
(C)主語の確信・認識を表す形容詞
(D)主語の能力を表す形容詞

§18.it is A that 節 タイプの形容詞

§19.it is 形容詞 that S should 〜 タイプの形容詞
(A)主観的判断を表す形容詞
(B)話者の要求・提案・願望を表す形容詞
(C)話者の感情を表す形容詞

§20.紛らわしい形容詞

§21.語法上注意すべき副詞
(A)肯定文・否定文・疑問文での使い分けが必要な副詞
(B)比較級・最上級を強調する副詞
1)比較級を強調する副詞
2)最上級を強調する副詞
(C)時制に注意すべき副詞 1)現在形と用いる副詞
2)現在完了と用いる副詞
3)過去形と用いる副詞
4)過去完了と用いる副詞

§22.-ly の有無に注意すべき副詞

§23.修飾の語順に注意すべき語
(A)形容詞が後から修飾する語
(B)〜 形容詞 a(n) 名詞の語順になる語

§24.比較表現に注意すべき語
(A)2つの比較変化を持つ語
(B)ラテン系の比較級
(C)than の前に必要な語

W.前置詞・その他の語法

§25.不定詞と紛らわしい前置詞の to

§26.紛らわしい前置詞
(A)but to 不定詞か but 原形か
(B)than to 不定詞か than 原形か
(C)as と like
1)前置詞として
2)接続詞として

§27.日本語に惑わされやすい前置詞・接続詞
(A)「〜から」が from にならない場合
(B)「〜へ、〜に」が to にならない場合
(C)「〜しない」が not にならない場合

§28.基数と序数
(A)基数と序数の表現・読み方が異なる場合
(B)a 序数
(C)hundred(s)・thousand(s)・million(s)

§29.注意すべき「多い・少ない」の表現
(A)large・small で表現する名詞
(B)frequent・rare で表現する名詞
(C)high・low で表現する名詞
(D)その他

§30.注意すべき否定表現
(A)not が否定する範囲 1)全否定
2)not ... because 〜 と not ... until 〜
(B)not の主節への移動
(C)部分否定
(D)形は肯定・意味は否定の表現

§31.疑問詞に関する語法
(A)What か How か
(B)疑問詞 do you 〜 (S)V ... の型をとる動詞




↑上へ↑