トップページへ

目次

<ドイツ語>

前 置 詞 (接続詞) : als


◇略語の説明◇

訳語は主に『郁文堂独和辞典』、『現代独和辞典(三修社)』に依拠しています。

 als: 通常、文法的には接続詞として分類されている

ここに挙げているのは主語や目的語との「同等・等価」を表す用法。一般的な訳は「〜として」、「〜と」
jm et4 als C anrechnen:人の事を C とみなす
4 als C ansprechen:〜を C とみなす
4 als C auffassen:〜を C とみなす
4 als C betrachten:〜を C とみなす
4 als C nehmen:〜を C と思う
4 als C sehen:〜を C とみなす、思う
4 als C verbuchen:4 を C (成功・勝利など)とみなす
4 als C apostrophieren:(geh.) 〜を C とみなす、呼ぶ

4 als C erkennen:〜を C だと悟る、気づく、認める
sich als C zu erkennen geben:自分が C であることを明らかにする
sich als C erweisen:C だと分かる、判明する
4 als C merken:〜を C だと気づく

sich als C bewähren:自分が C であることを実証する
sich als C beweisen:実際に C だとわかる
sich als C entpuppen:実は C であることが分かる
jn als C enthüllen:(geh.) 人の正体が C であることを暴く
sich als C enthüllen:(geh.) C としての正体を現す jn als C entlarven:人の正体が C であることを暴く
sich als C zeigen:C だと実証される

et4 als C hinnehmen:事を C として受け入れる
4 als C hinstellen:〜を C だと言う、C だとする
4 als C preisen:〜を C だとほめる
jn als C feiern:人を C として賛美する、賞賛する
jn als C proklamieren:人を C と宣言する、布告する
4 als C qualifizieren:〜を C と判定する、評価する
4 als C diagnostizieren:〜を C (糖尿病・肺炎など)と診断する
sich als C bekennen:自分が C だと認める、表明する
jn als (od. für) C ausgeben:(偽って)人を C と称する、言う
sich als (od. für) C ausgeben:C と自称する

jn als C benennen:人を C に指名する
jn als (od. zu) C einsetzen:人を C に任命する、指定する
jn als C bezeichnen:人を C と名付ける

4 als C abtun:〜を C として退ける
sich als C anbieten:C 役を申し出る
sich als C aufspielen:(ugs.) もったいぶって C ぶる、C 気取りである
als C fungieren:C として働く、勤める
als C gerieren:C を演じる、C のふりをする
als et4 herhalten müssen:物として利用される
sich als C hervortun:C として頭角を現わす、抜きん出る、優れた才能を示す

トップページへ 上へ