トップページへ

目次

<ドイツ語>

前 置 詞 : vor


◇略語の説明◇ (見出しが名詞の場合の定冠詞は、名詞の性を示すために付してある)

訳語は主に『郁文堂独和辞典』、『現代独和辞典(三修社)』に依拠しています。

 vor: 基本的には「前に」を表す
【1】警戒・反発・不安の対象
【2】保護
【3】畏怖・畏敬
【4】優先・優位
【5】原因・理由
【6】充満
【7】前方

【1】警戒・反発・不安の対象
die Abneigung vor 3 (od. gegen 4):〜に対する反感
der Abscheu vor 3:〜に対する嫌悪
sich vor 3 ekeln:〜に嫌悪を感じる
es ekelt mich (od. mir) vor 3:〜に嫌悪を感じる der Ekel vor 3:〜に対する嫌悪

vor 3 beben:人が怖くてたまらない
vor et3 beben:事のあまり震える vor et3 erbeben:(s) (geh.) 事におののく、身を震わせる
vor et3 erzittern:(s) 事に震え出す
vor et3 schaudern:事(寒さ・恐怖・嫌悪・畏怖など)のためにぞっとする、身震いする
es schaudert mir (od. mich) vor et3:事でぞっとする vor 3 zittern:〜に恐れおののく、びくびくする
vor et3 zittern:事に震える vor et3 bleich werden:事で青ざめる
vor et3 erblassen:(geh.) 事で青ざめる
vor 3 erschrecken:〜を怖がる
sich vor 3 ängstigen:〜を恐れる
((方) sich) vor 3 bangen:〜がこわい
es bangt jm vor 3:〜が怖い sich vor 3 fürchten:〜を恐がる
sich vor et3 grauen:物を恐がる
es graut jm (od. (まれ) jn) vor 3:〜が怖い sich vor 3 graulen:〜が怖い、〜を怖がる
es grault mir vor 3:〜が怖い sich vor et3 grausen:物をひどく怖がる
es graust mir (od. mich) vor et3:物にぞっとする (sich) vor et3 gruseln:事を気味が悪いと思う、事にぞっとする
es gruselt mir (od. mich) vor et3:事を気味が悪いと思う sich vor 3 scheuen:〜を恐れる、はばかる
die Scheu vor 3:〜に対する恐れ、物おじ vor 3 Angst haben:〜を恐がっている
die Furcht vor 3:〜に対する恐怖
Greuel vor et3 haben:物に対して嫌悪の念を抱いている
vor 3 Manschetten haben:(ugs.) 〜を恐がっている

sich vor 3 verkriechen:事のあまり身を隠す、人を怖がる
sich vor (od. von) et3 drücken:事を回避する、事に身をかがめる
vor et3 zagen:(geh.) 事を恐れてためらう、事に畏縮する
vor et3 zurückschrecken:1) (s,h) 事に尻込みする、2) (s) 事に驚いて跳びのく
vor et3 zurückweichen:(s) 事(争い・困難など)に尻込みする
vor 3 fliehen:〜から逃れる
vor 3 nicht Halt machen:〜をも容赦しない
vor nichts (und niemandem) Halt machen:何事にもひるまない sich vor jm schämen:人に対して恥ずかしく思う
vor jm stutzen:人に対してギョッとする
bei et3 stutzen:事でギョッとする sich vor jm verleugnen lassen:人に居留守を使う

【2】保護
4 vor et3 behüten:〜を事から守る
jn vor et3 beschirmen:(geh) 人を事から守る
jn vor et3 beschützen:人を事から守る
4 vor et3 bewahren:〜を事から守る
4 vor et3 schirmen:〜を事から守る
der Schirm vor et3:事に対する遮蔽 (4) vor et3 schützen:〜を事物から守る、保護する
der Schutz vor et3:〜に対する保護 4 vor et3 retten:事から〜を救う、救助する
et4 vor jm geheimhalten:事を人に秘密にしておく
4 vor jm (od. jm et4) verbergen:1) 事を人に隠す、2) 〜を人から守る
et4 vor jm verschließen:事を人に隠しておく
sich (vor) jm verschließen:人に対して心を閉ざす et4 vor et3 verschließen:3に対して4を閉じる 4 vor jm verstecken:〜を人に隠す、かくまう
sich vor (od. neben) jm verstecken müssen (od. können):人の足もとにも及ばない sich vor (od. neben) jm nicht zu verstecken brauchen:人に引けを取らない Versteck(en) vor (od. mit) jm spielen:人に隠し事をしている

sich vor 3 hüten:〜を警戒する
vor 3 auf der Hut sein:〜を警戒する
sich vor 3 in acht nehmen:〜に対して用心する
sich vor 3 vorsehen:〜に気をつける、用心する
(jn) vor 3 warnen:人に事に気をつけるように注意する、用心するように注意する
die Warnung vor et3:事に対する警告・注意

sich vor et3 retten:事から逃れる
vor 3 fliehen:(s) 〜から逃げる
(sich) vor 3 flüchten:〜から逃げる
vor et3 weichen:物をよける
vor jm weichen:人にたじろぐ jn vor (od. von) et3 zurückhalten:人に事を思いとどまらせる

【3】畏怖・畏敬
vor jm aufstehen:1) 人に敬意を表して起立する、2) 人に席を立って譲る
sich (vor) jm beugen:人に服従・屈服する
den Nacken vor jm beugen:人に服従・屈服する sich vor jm demütigen:人に対してへりくだった態度をとる、恭順に振る舞う
vor jm kriechen:(s,h) 人にぺこぺこする
vor jm kuschen:(ugs.) 人の前で小さくなって黙る
vor jm hinfallen:(geh.) 人の足下にひれ伏す
vor jm im Staub kriechen:人の前に平伏する、はいつくばう
sich vor jm in den Staub werfen:人の前に平伏する、はいつくばう
vor jm (od. gegen jn) Front machen:人に対して不動の姿勢をとる
sich vor 3 gehemmt fühlen:〜の前で気後れする
sich vor jm genieren:人に遠慮・気兼ねする
sich vor jm schämen:人に対して恥ずかしく思う
die Achtung vor 3:〜に対する尊重・尊敬
die Hochachtung vor 3:〜に対する尊敬 die Ehrfurcht vor 3:〜に対する畏敬・畏怖の念
vor 3 Respekt haben:〜を尊敬している、〜に敬意を抱いている
vor 3 den Hut ziehen:〜に対してシャッポを脱ぐ;敬意を表する

【4】優先・優位
vor allem:なかんずく、とりわけ
vor allen Dingen:何よりも、とりわけ
den Vorrang vor 3 haben:〜に優先する
einen Vorsprung vor jm haben:人に先んじている
einen Vorsprung vor jm gewinnen:人に差をつける vor jm im Vorteil sein:人より優位である

【5】原因・理由(単なる動作の動機は aus)
vor Angst:不安のあまり
vor Ärger:腹立たしさのあまり
vor Verdruß:腹立たしさのあまり、不愉快で
vor Wut:激怒して
vor Zorn:怒りのあまり

vor Entsetzen:恐怖のために
vor Schreck:恐ろしさのあまり
vor Erstaunen:驚きのあまり
vor 3 stutzig sein:〜のあまり唖然としている

vor Entzücken:(geh.) 歓喜のあまり
vor Wonne:(geh.) 歓喜のあまり
vor Freude:喜びのあまり
vor Glück;うれしさのあまり、幸福のあまり
vor Lachen:大笑いして、可笑しさのあまり
vor Vergnügen:楽しさのあまり
vor Aufregung:興奮のあまり
vor Bewegung:感動のあまり
vor Rührung:感極まって
vor Begier:欲望のあまり
vor Eifer:熱心さのあまり
vor Neigier(de):好奇心のあまり
vor Liebe:愛情のあまり
krank vor Liebe sein:恋煩いをしている vor Lust:心地よさのあまり
vor Mitleid:同情のあまり
vor Sehnsucht:憧憬のあまり

vor Gram vergehen:(geh.) 心痛のあまりやつれる
krank vor Heimweh sein:ホームシックにかかっている
vor Jammer:苦しさのあまり
vor Kummer:悲しみのあまり
vor Schmerz(en):悲痛のあまり
vor Weh:(geh.) 悲しみのあまり
vor Eifersucht:嫉妬のあまり
vor Neid:ねたましくて
vor Faulheit stinken / stinkend faul sein:ひどい怠け者である
vor Langweile:退屈のあまり
vor Not:困窮して
vor Scham:恥ずかしさのあまり
vor Ungeduld:じれったさのあまり
vor Verlegenheit:とまどって、困って
vor (od. aus, in) Verzweiflung:絶望して、捨て鉢になって

vor Frost:寒くて
vor Kälte:寒さのあまり
vor Hitze:暑さのあまり
vor Hunger:空腹のあまり
vor Lärm:あまり騒がしくて
(sich) vor et3 auszehren:事でやつれる
sich vor et3 verzehren:(geh.) 事のあまりやつれる、消耗する
vor et3 zusammenfahren:事のあまり縮み上がる

vor kurzem / vor kurzer Zeit:少し前に、最近

【6】充満
vor (od. von) et3 strotzen:1) 物(力・エネルギー・健康など)に満ちあふれている、2) 物(泥・誤植・誤りなど)だらけである
vor (od. von) et3 sprühen:事に満ちあふれている
vor (od. von) et3 triefen:事で満ちている

【7】前方
vor sich4 hinbrüten:黙然と考え込んでいる

トップページへ 上へ