トップページへ

目次

<ドイツ語>

前 置 詞 : zu


◇略語の説明◇ (見出しが名詞の場合の定冠詞は、名詞の性を示すために付してある)

訳語は主に『郁文堂独和辞典』、『現代独和辞典(三修社)』に依拠しています。

 zu: 基本的には「到達点」を表す(「ドイツ語:方向の前置詞」も参照)
【1】方向
【2】〜として(補語関係)
【3】適・不適
【4】目的
【5】開始・取り組み
【6】結果
【7】一致・合流
【8】付加
【9】様態
【10】程度・価格・反復数
【11】〜に対して
【12】手段
【13】予定時点
【14】時点
【15】支持

【1】方向
zu einer List greifen / eine List anwenden:策略を用いる
es has sich alles zum besten gewendet:全ては好転した
sich zum guten wenden:好転する
sich zum schlecten wenden:悪転する
zum (od. nach dem) rechten sehen:様子を見る、監督する
zu 3 aufschließen:(スポーツ) 3 (首位に)迫る、追いつく
zu 3 zurüchfinden:〜に戻る、〜を回復する
et3 zu Gesicht bekommen:物を見かける
jn zu et3 bekehren:1) 人を〜に改宗させる、2) 人の考えを〜に改めさせる
sich zu et3 bekehren:〜に改宗する、自分の考えを改める sich zu 3 bekennen:人の説・物を信奉することを表明する
zu Kreuze kriechen:屈服する
jn zur Ader lassen:1) 人から採血する、2) (ugs.) 人から金を巻き上げる

【2】〜として(補語関係)
zu 3 werden:〜になる
zu Essig werden:だめになる、おじゃんになる zum Gelächter der Leute werden (od. dienen):世間の物笑いになる zum Gespött werden:物笑いの種になる zum Gespräch werden:(ugs.) 話題になる jm zur Gewohnheit werden:人の習慣となる jm zur Last werden (od. fallen):人の重荷になる bei jm zum Laster werden:悪習になる jm zum Verhängnis werden:人の命取りとなる、破滅の原因となる zur Zielsheibe werden:的になる zunichte werden:(希望・計画などが)打ち砕かれる、水泡に帰する
4 zu 3 machen:4 を 3 にする
sich3 et4 zur Aufgabe machen:事を自分の使命・任務とする jm et4 zur Auflage machen:人に事を義務づける et4 zur Bedingung machen:事を条件とする sich et4 zu eigen machen:物を自分の物にする、身に付ける、習得する jm et4 zum Geschenk machen:人に物をプレゼントする et4 zur Richtschnur machen:事物を規準・規範にする 4 zur Sau machen:(俗) 人をこっぴどく叱りつける、物をぶっこわす et4 zu Schande machen:物をすっかり台無しにする、(好意などを)無にする jn zum Sündenbock für et4 machen:人に事の罪を着せる、事について人をスケープゴートにする jm et4 zum Vorwurf machen:人の事を非難する et4 zunichte machen:事(希望・計画など)を打ち砕く、水泡に帰せしめる
sich3 et4 zunutze machen:事を利用する

jn zu jm (od. als jn) anrufen:4 に 3 になってもらう
jn zu et3 begehren:(geh.) 人を…に欲しい、所望する
sich3 jn zu jm (od. als C) wünshen:人を〜にしたいと思う
jn zu 3 (od. für) ausersehen:人を 3 に選出する、指名する
jn (sich3) zu 3 erwählen:人を 3 に選ぶ
jn zu 3 küren:(geh.) 人を〜に選ぶ
jn zu 3 wählen:人を〜に選ぶ
jn zu jm ausrufen:4 が 3 に就任したことを布告・宣言する
jn zu einer Stellung bestellen:人を地位に任ずる
jn zu jm ernennen:3 を 4 に指名・任命する
jn zu et3 befördern:人を物に昇進・昇格させる
4 zu 3 (od. auf 4, in 4) erheben:4 を 3 に格上げする
jn zum Kaufman bestimmen:人を商人にすることに決める
jn als seinen Nachfolger bestimmen:人を後継者に決める jn zum König krönen:人を王位に就ける
jn zur Frau nehmen:人を妻にする
jn als (od. zur) Geisel nehmen:人を人質に取る
sich jn zum Vorbild nehmen:人を手本にする
jn zu Gast bitten:人を招待する
jn zu Gast haben:人を招待している

sich zu 3 emporschwingen:3 に出世する、3 を得る
sich zu 3 entwickeln:〜に発展する、発達する
sich zu 3 ausweiten:拡大・発展して〜になる
jn zu 3 erziehen:人を〜に育てる
zum Weib heranwachsen:(geh.) 一人前の女に成長する
jn zum Manne reifen:人を一人前の男に成長させる
zum Manne reifen:一人前の男に成長する sich zu 3 mausern:大きく成長・発展して〜になる
et4 zur (od. als) Entschuldigung anführen:事を弁解のために申し立てる
sich3 et4 zu et3 (od. als C) anrechnen:4 を 3 とみなす、評価する
jm et4 als C anrechnen:人の事を C と評価する sich zu 3 aufwerfen:勝手に・僭越にも物と称する
zu et3 (od. et4) ausarten:事(悪いこと)に変わる、なる
als et / zu et3 dienen:物の役をする、物として使われる
jm zu et3 gereichen:人の事となる
jn zu (od. in) Klumpen hauen:(ugs.) 人を叩きのめす
jn zum Krüppel schlagen:人を殴って不具者にする
jn zu 3 stempeln:人に 3 の烙印を押す
et4 zum alten Eisen werfen (od. legen):物をスクラップ・お払い箱にする
et3 zugrunde liegen:物の基礎になっている、根底にある
et4 zur Antwort geben:言葉を返事として与える
et4 als (od. zum) Einsatz geben:物を担保にする
et4 als (od. zum) Pfand geben:物を担保にする
et4 als (od. zum) Pfand nehmen:物を担保にとる jm et4 zu eigen geben:人に物を与える、委ねる
jm et4 zum Fraß hinwerfen (od. vorwerfen):物をいけにえとして人に与える

et4 zur Folge haben:事を結果として伴う、もたらす、招く
jn zum Narren haben (od. halten):(ugs.) 人をだます、愚弄する
et4 zum Ziel haben:事を目標にしている
et4 zum Ziel setzen:事を目標にする sich zu et3 steigern:強まって物になる
et4 zu et3 (als et4) ausbauen:4 を 3 に改造する
et4 zu et3 umbauen:4 を 3 に改築する、改造する
sich mit et3(A) zu et3(B) verbinden:A と化合して B になる
zu et3 verbrennen:燃焼により 3 になる
et4 zu et3 vereinigen:4 を一つの 3 にまとめる
sich zu 3 zusammenballen:〜に一つにかたまる
sich zu et3 zusammenschließen:集結して〜になる
et4 zu et3 ordnen:4 を揃えて 3 にする
et4 zu et3 verbinden:4 を束ねて 3 にする
Fäden zu einem Knoten verschlingen:糸を結んで結び目を作る
jm zum Verhängnis werden:人の命取りとなる、悲運となる
zu et3 ausschlagen:3 の結果になる

zur Probe:試しに
zum (od aus, im) Scherz:冗談に、ふざけて
zum (od. zu allem) Überfluss:おまけに、更に悪いことには
zum Unterschied von 3:3 と異なり
zum Beweis dessen:その証拠に
zur Urkunde dessen:(geh.) この記録・証書として
zum Zeichen, dass …:…のしるしに
zur Zierde:飾りとして
zur( od. als) Belohnung für et4:事に対する報酬として

jm jn zum Nachfolger geben:4 を 3 の後継者にする

【3】適・不適
(jn) zu et3 berechtigen:人に事の権利・権限・資格を与える
jn zu et3 autorisieren:人に事の権限を与える
zu et3 befugt sein:事をする権限・資格・権能がある
jn zu et3 befugen:(稀) 人に事をする権限・資格・権能がある berechtig sein, … zu tun:…を行う権利・資格を有している
zu et3 berufen sein:事が天職である、事に最適任である
zu et3 (od. für et4) gemacht sein:事に向いている、おあつらえ向きである
zu et3 unfähig sein / (geh.) et2 unfähig sein:事をすることができない
eine Berufung zu et3 in sich3 fühlen:職業を自分の天職と感じる
Talent zu et3 haben:事の才能がある
eine Veranlagung zu et3 haben:物になる素質がある
dazu (od. danach) angetan sein:事をするのに有利な状態にある、都合がいい、適している
zu et3 auserkoren sein:(geh.) 事に選ばれている、選び抜かれている
zu et3 fähig sein / (geh.) et2 fähig sein:事をする能力がある
reif zu et3 (od. für et4) sein:事をするに熟している

【4】目的(結果につながる)
jn zu et3 anstiften:人をそそのかして事(盗み・偽証など)をさせる
jn zu et3 verleiten:人を誘惑・そそのかして事をさせる
jn zu et3 versuchen:事をするように人をそそのかす、誘惑する
jn zu et3 anhalten:人を促して・励まして事をさせる
jn zu et3 anregen:人に事へと促す、励ます
jm die Anregung zu et3 geben:人に事をするようにと促す、励ます jn zu et3 mahnen:人に事をするように促す
jn zu et3 verweisen:人に事をするように促す
jn zu et3 animieren:人を事をしたいという気分にさせる
jn zu et3 anstoßen:人に事をするきっかけを与える
den ersten Anstoß zu et3 geben:事をする動因・最初のきっかけになる jn zu et3 antreiben:人を事にせき立てる、駆り立てる
jn zu et3 aufreizen:人を扇動して事をさせる
jn zu et3 aufrufen:人に事(募金・ストライキなど)を呼びかける
jn zu et3 begeistern:人の心に行為への情熱を呼び起こす
jn zu et3 einladen:人を事に誘う、招待する
jn zu et3 einladen:(schweiz.) 人に事を要請する
jn zu et3 einschalten:人に事を要請する
jn zu et3 auffordern:人に事を勧める、要請する、事に誘う
jn zur Kasse bitten:(ugs) 人に金の返済を求める
jn zu et3 hinreißen:人に事をさせる
sich zu et3 hinreißen lassen:我を忘れてつい事をする jn zu et3 treiben:人に事をするようにせき立てる、事をするように追い込む
jn zu et3 aufstacheln:人を事にかり立てる
jn zu et3 überreden:人に事をするように説得する
jn zu et3 veranlassen:1) 人が事をするきっかけとなる、2) 人が事をするようにし向ける
die Veranlassung zu et3:事のきっかけ、誘因 jn zu et3 verdammen:人に事を余儀なくさせる
jn zu et3 verpflichten:人に事をする義務を負わせる
zu et3 verpflicht sein:事をする義務がある sich verpflichten, … zu tun:…する義務を負う、約束する zu et3 gehalten sein:事をする義務を負っている
zu et3 verhalten sein:(östr., schweiz.) 事の義務を負わされている
jn zu et3 zwingen:人に事をするように強要する
zu et3 gezwungen sein / sich zu et3 gezwungen sehen:事を余儀なくされる jn zu et3 herausfordern:人に事を挑む、人を挑発して事をさせる
jn zu Boden ringen:1) 人を格闘して倒す、組み伏せる、2) (レスリング) 人をフォールする
jn zur Ordnung erziehen:人をきちんとしつけする
jm zu et3 verhelfen:人を助けて物を得させる、事を達成させる
3 zum Durchbruch verhelfen:3 を世間に認めさせる jm Anlaß zu et3 geben:人に事をするきっかけを与える
das Stichwort zu et3 geben:事のきっかけとなる
zu et3 Lust haben:事をする気がある
der Hang zu et3:…する傾向、癖
zu et3 gestimmt sein:事をする気分になっている
zu et3 aufgelegt sein:事をする気になっている
zu et3 geneigt sein:事をする気がある
zu et3 neigen:事をする傾向がある
sich zu et3 bequemen:やっと事をする気になる
sich zu et3 aufraffen:思い切って事に献身する、事に踏み切る
sich zu et3 wenden:事をしようとする
sich zu et3 versteigen:(geh.) 思い上がって事をする
zu et3 die Stirn haben = die Stirn haben, … zu tun:厚かましくも事をする
sich zu et3 verstehen:(いやいや)事をすることに同意する、事を承諾する
sich zu et3 herbeilassen:事をしぶしぶする
sich jm zu et4 anbieten:人に事をすると申し出る
jn zu et3 melden:人の事を申し込む
sich zu et3 melden:事をする参加・許可を申し込む、求める

zu et3 bereit sein:事をする用意・準備・覚悟ができている
sich zu et3 bereit erklären:事をする気があるという sich zu et3 bereit finden:事をする気になっている Breitschaft zu et3:事の準備 sich zu et3 bereiten:事の心構えをする
sich zu et3 rüsten:(geh.) 事の準備を整える
zu et3 rüsten:事の準備を整える
zu et3 ausholen:腕を後ろに引いて事をする構えをする
zu 3 bestimmt sein:〜になるように決められている、〜するように決められている
sich zu et3 entschließen:事をする決心をする
zu et3 entschlossen sein:事をする決心をしている zu et3 verwachsen sein:事物に結束している
et4 zum Verkauf ansetzen:物を売りに出す
zu et3 aufspielen:事の伴奏をする
zu et3 ausziehen:(一団となって) 事に出かける
zu et3 beisteuern:事に寄付する、補助金を出す
zu et3 beitragen:事に役立つ、寄付・貢献する
et4 zu et3 beitragen:事のために物を寄付する einen Beitrag zu et3 leisten:事に貢献する 4 zu et3 beiziehen:(方) 1) 事のために人を呼ぶ、召集する、2) 物を事のために取り寄せる
zu et3 gehören:事のために必要である
jn zu et3 rufen:人を事のために呼ぶ、物を持つように呼ぶ
das tut nichts zur Sache:それは問題ではない
jn zu et3 verurteilen:人を事の判決を下す
zu et3 verurteilt sein:事をすることに決まっている、事をしなければならない Vorbedingung zu et3:事の前提、必要条件
zur Ansicht:見せるために、見えるように
zur Vorsorge:用心のために、万一の場合に備えて

【5】開始・取り組み
zu et3 ansetzen:事を始める、しようとする
zu et3 antreten:事に取りかかる、就く
zum Appell antreten:点呼に整列する zu et3 schreiten:(geh.) 事に取りかかる
zu et3 übergehen:事に移る
zum Angriff blasen:突撃の合図にラッパを吹く
zum äußersten Mittel greifen:最後の手段に訴える
sich zu et3 hergeben:(悪い)事に関わり合う
sich zum Sterben hinlegen:死の床につく
der Ansatz zu et3:事の兆し
der Beitritt zu et3:事への参加、加担

【6】結果
◆ 感情
zu meinem Erstaunen:私の驚いたことには
zu meiner Überraschung:私が驚いたことには
zu meiner Verwunderung:私が驚いたことには
zu meinem Befremden:不愉快なことに、意外なことに
zu meiner Bestürzung:私がうろたえたことに
zu meinem Bedauern:残念なことに
zu js Leidwesn:残念ながら
zu meiner Beschämung:恥ずかしいことに
zu meiner Freude:私が喜んだことには
zu meiner Genugtuung:私が満足したことには
zu seinem Heil:彼にとって幸せなことには
zum Glück:幸運にも
zu allem Unglück:さらに不運なことに
zu meiner Schadenfreude:いい気味なことには
zu meiner Verdruß:私が憤慨したことには

◆ その他
sich zu Tode arbeiten:死ぬほど(がむしゃらに)働く
jn zu Tode (od. bis aufs Blut) ärgern:人をかんかんに怒らせる
sich zu Tode grämen:(geh.) 死ぬほど悲しむ
sich zu Tode hungern:飢え死にする
sich zu Tode lachen:死にそうになるほど笑う
sich zu Tode langweilen:死ぬほど退屈する
zum Sterben langweilig sein:(ugs.) 死ぬほど退屈である
sich zu Tode quälen:死ぬほど苦しむ
sich zu Tode saufen:酒を飲み過ぎて死ぬ
sich zu Tode schämen:死ぬほど恥ずかしい思いをする
jn zu Tode trampeln:人を踏みつけて殺す
zum Malen schön:(ugs.) (絵に描きたいほど)美しい
et4 bis zur Neige auskosten:事を最後の最後まで味わい尽くす
et 4 bis zum Äußersten (od. bis aufs Äußerste) treiben:事を極端にする
bis zum Äußersten gehen:極端に走る
bis zum Äußersten:あくまで das neue Auto zu Bruch fahren:新車を乗り回して壊す
et4 zu Ende lesen:物を読み終える
jm ist zum Heulen zumute:人が泣き出したいほどである
zum Steinerweichen heulen:身も世もあらず泣く
zum Umfallen müde sein:(ugs.) 疲れて倒れそうだ
bis zum Tod / bis in den Tod:死ぬまで
bis zum Überdruß:あきあきするほど
bis zum Erbrechen:(ugs.) へどが出るほど
bis zur Unkenntlichkeit:見分けがつかぬほどに
zum Erdrücken voll sein:満員で押しつぶされそうだ
bis zu Tränen gerührt sein:涙が出るほど感動している
sich zum Verweckseln ähnlich sein:見間違えるられるほど似ている

Das ist ja zum Auswachsen!:(ugs.) もうまったくうんざりだ!
Der Mantel was (naß) zum Auswringen:(方) コートはびしょぬれだった
es ist zum Davonlaufen:(ugs.) それはやりきれない、(逃げ出したいほど)ひどい
es ist zum Kotzen:(ugs.) 反吐が出るほどいやだ、もううんざりだ
es ist zum Piepen:(ugs.) そいつはお笑いぐさだ
das ist zum Steinerweichen:それは実に哀れだ
das ist zum Totlachen:そいつは大笑いだ
es ist zum Verzweifeln mit seiner Faulheit:彼の怠惰には全くあきれるよ
das ist ja zum Wälzen:(ugs.) そいつは大笑いだ

【7】一致・合流(適・不適に関連)
zu jm stoßen:(s) 人と一緒になる
zu et3 stimmen:物に一致・合致する、調和する
zu 3 passen:〜に適する、合う
jm zu Willen sein:(geh.) 人の意のままである

【8】付加
zu 3 rechnen:〜に数え入れられる
zu et3 zählen:物に数えられる、物の一つである
4 zu 3 zählen:4 を 3 の数に入れる sich (zu) 3 gesellen:1) 人の仲間になる、2) 物に付け加わる
gleich und gleich gesellt sich gern:類は友を呼ぶ (zu) et3 et4 zusetzen:3 に 4 を加える、添加する
(zu) et3 zugehören / jm zugehören:(geh.) 1) 物の一部である、一員である、2) 人のものである
sich et4 zu Ehre anrechnen:事を自分の名誉とみなす
Das gehört zum guten Ton:それはエチケットにかなっている

【9】様態
zur Ablenkung:気晴らしのために、気分転換のために
zur Abweckselung (od. der Abweckselung wegen):気分転換のために
zur (od. aus) Kurzweil:気晴らしに
zum Zeitvertreib:気晴らしに
zu seiner Erbauung:修養のために、心の糧として
zu js Ergötzen:人を楽しませるために
zur Erheiterung:面白がらせようとして、笑わせようとして
zum Gaudium aller (Anwesenden):座興に
jm zu Gefallen:人が喜ぶように、気に入るように
zu diesem (od. dem) Behuf:このために、この目的のために
zu deinem Besten:君のために
zum Zwecke et2:事のために
3 zuliebe:〜のために
zu js Gunsten:人のために、人に有利になるように
jm zu Nutz und Frommen / zu js Nutz und Frommen:人のために
zu seinem Vorteil:自分の利益のために
sich zu seinem Vorteil verändern:人が変わって良くなる zu meinem Nachteil:私には損なことだが
zu meinem Schaden:私の損になって
zu js Ungunsten:人の不利に(なるように)
jm zum Trotz:人に反抗して、人に逆らって
allen Unkenrufen zum Trotz:あらゆる悲観的な予測にもかかわらず
zum Inkasso:現金取り立てのために
zur Not:1) やむを得なければ、いざとなれば、2) 辛うじて
zum Schein:見せかけに
jm zu Sinne, als ob …:人にまるで…であるかのような気がする
zu Schutz und Trutz:防衛のために

zum Dank:お礼に
jm et4 zu Danke machen:(方) 人の意に叶うような事をする
zu Ehren 2:1) 人に敬意を表して、2) 事の記念として
jm zu Ehren:人に敬意を表して
zum Wohl (or auf Ihr Wohl):ご健康を祈って
zum Hohn:面当てに
dem Gesetz zum Hohn:法律を馬鹿にして zur Strafe;罰として
zu (od. mit) Unrecht:不当に
nicht zu Unrecht:十分な理由があって

zu Befehl!:(兵語) はい、かしこまりました
zum Donnerwetter (noch einmal):(俗) こん畜生、いまいましい
zum Kuckuck (noch mal)!:畜生
zur Miete wohnen:賃借りして住んでいる
zum Sprechen ähnlich / sprechend ähnlich:(絵などが)生き写しの

【10】程度・価格・反復数
zu Legionen:大挙して
zum Nulltarif:無料で
zu Schleuderpreisen:捨て値で
zu Zweit:二人連れで
zu 5 Prozent Zinsen:5パーセントの利子で
zu festen Preisen:定価で

zum Gänze:(östr.) 完全に、全部
zur Genüge:十分に
bis zur Neige:(geh.) すっかり、十分に
zum Teil:部分的に、一部分は
zum größten Teil:大部分 zu gleichen Teilen:均等に zum Zweiten:第二に
zum Mindesten:少なくとも
zum Wenigsten:少なくとも

【11】〜に対して
garstig zu jm sein:人に意地悪する
positiv zu et3:事に対して積極的な、肯定的な
zu jm zärtlich sein:人に対して優しい

jm zu et3 gratulieren:人に事のお祝いを言う

【12】手段
zu Fuß:徒歩で
gut zu Fuß sein:健脚である schlecnt zu Fuß sein:脚が弱い zu Pferd(e):馬に乗って
zu Land(e):陸路で
zu Wasser:水路で

【13】予定時点
jm et4 zu et3 kündigen:人に 3 限りで 4 の賃貸借契約を解除すると通告する

【14】時点
zur Unzeit:都合の悪いときに
zum Abschluß:締めくくりとして
zum Beschluß:最後に
zu guter Letzt / (östr.) auf die Letzt:結局、とどのつまりは
zum Letzen (des Monates):月末に
bis Letzen (des Monates):月末までに zum Ersten:(古) 最初に、初めのうちは
zum (od. am, mit dem) Frühesten:一番早く

【15】支持
zu 3 halten:〜の味方をする、支持・支援する

トップページへ 上へ