目次

<英語:発音・アクセント>

リスニングで注意すべき音




注意すべき特徴

実際の英語は、単語が一つ一つ単独で発音されるのではなく、連続して素早く発音される。そのため、各単語の音は、辞書に示されている音とは違った音になる。具体的には、音が消えたり、弱くなったり、変わったりする。英語を聞き取るには、この音の変化を知っている必要がある。


◎ 音の脱落・弱化(リダクション)

[1](重要)冠詞接続詞前置詞代名詞関係詞助動詞be 動詞は、特に強調する場合を除き、非常に素早く、弱く発音される(一般的に、名詞副詞形容詞動詞は強く発音される)。また、短縮できるものは短縮される。さらに them, him, his, her などの thh は聞こえない、またはほとんど聞こえない。
例: the / a / an / as / if / when / that / on / in / of / I / you / we / it / he / she / they / can / has / do / is / was / I'm / you're / he's / she'll / I'd / there's / など

[2](重要)語尾の破裂音([p][b][k][g][t][d])は聞こえない、またはほとんど聞こえない。次に子音が続く場合は特に。母音が続く場合は→[8]
例:stop / cab / cook / bag / cut / food / good job / get to / hit the ball / big project / など

[3](重要)アクセントのない母音あるいは弱く発音される語の母音は聞こえない、またはほとんど聞こえない。
例:about / around / before / because / depend / local / some / can / man / such / など

[4][n]の前後にある[t][d]は聞こえない、またほとんど聞こえないことが多い。例:twenty / seventy / winter / enter / sender / tender / candy / witness / harden / cotton / suddenly /went up / depend on / want to (= wanna) / going to (= gonna) / sent it / find out / stand up / don't you / can't you / find you / understand you / find that / and then / find him / send her / kind to / send to / spend days / など

[5]語頭の th-([θ][ð])は聞こえない、またはほとんど聞こえないことが多い。特に[n][t]などに続く場合。
例:in this / on this / in that / on that / in their / on their / in there / in the / at the / get there / hit them / など

[6]語頭の[h]は聞こえない、またはほとんど聞こえないことが多い。
例:when he / in his house / in here / don't have / not half / stop here / it has / ask her / like home / tell him / give her / your head / など

[7][tl][dl]の後に母音がくれば、[t][d]は聞こえない、またはほとんど聞こえない。
例:slightly / mostly / shortly /coldly /sadly / など


◎ 連結(リエゾン、リンキング)

[8]語尾の子音と語頭の母音は連結することが多い。
例:should I / could I / talk about / step on it / run across / far away / come on in / pull it up / had a party


◎ 変音・同化

[9][t][d]が母音に挟まれると、「ラ」行や非常に弱い「ダ」行の音に変わることが多い。
例:water / lately / better / letter / rider / body / shut up / get up / get it / What are you doing now? / Yes, it is. / a lot of butter / not at all / fade away / など

[10]母音の後に[tl][dl]が続くと、[t][d][l]の音に変わることが多い。
例:bottle / little / middle / needle / など

[11][lt][ld]の後に母音が続くと、、[t][d][l]の音に変わることが多い。
例:shelter / loyalty / guilty / shoulder / childish / など

[12]隣接する音(特に破裂音と摩擦音)の一方が、前または後の音の影響を受けて、同じ音や似た音(有声音⇔無声音など)に変わることがある。
例:football / heartbeat / cut glass / net gain / good people / good cook / bed cover / have to / of course / nice shoes / dress shirt / as shown / など

[13]語尾の子音(特に[t][d])と半母音[j]が連結すると、別の音に変わることが多い。
例:meet you / hit you / did you / would you / made your bed / paid your bill / do you / など



目次 上へ