愛の挨拶 

トップに戻ります

ドラマライブラリーに戻リます

1994年 KBS

あらすじ・・ 
初期監督 : ユン・ソクホ
キャスト
ぺ・ヨンジュン(ミンミン)   キム・ギョウン(ポングアン)  クォン・オジュン(ヒドン)
ソン・ヒュナ(へイン)    キム・ジホ(ジョンナム)    イ・ウイジョン(シナ)
友情出演 : ユンソナ



 ぺ・ヨンジュン初の主演作品で、1990年代の韓国での大学サークルでの恋や友情を明るく描いたキャンパスドラマ。

 ミンミン(ぺ・ヨンジュン)とへイン(ソン・ヒョナ)は幼馴染で、同じ大学に入学した。
 その大学で知り合った、男女3人づつの仲間通しがサークル活動をもとに、愛や恋について語り合い、時には悲恋にぶつかり、慰めあうことも・・・
         いっちゃんの追想録・・ 
 
 ぺ・ヨンジュン初の主演ドラマである。

 後の大ヒットを生む「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が、ドラマの最初を担当したが、ぺ・ヨンジュンの演技があまりに下手なので、しかりつけたという逸話は有名な話である。

 そのぺ・ヨンジュンも、監督にしかられた事をバネに演技の勉強を重ね、今の彼が有ると言っても良い。
 そういう意味では、記念すべき作品と言ってもいいのではなかろうか。

 ドラマの流れからすると、淡々とした集団の大学生活の出来事を綴ったというようなドラマで、現在の高視聴率を上げる悲劇に悲劇が重なるという、韓国ドラマのスタイルにはまだ到達していないような感じがする。

 ぺ・ヨンジュンが今では到底見ることができない、歌を歌うシーンやエアロビクスをするシーンも収録されている。