Werewolf: The Apocalypse "Kanon"

ものみの丘の物語

北日本の各地に伝わる妖狐の伝承…その裏には、人目に触れぬよう生きる、狐人Werefoxたちの姿があります。

狐人は、ガイア(Gaia)の力が弱まってから生まれた、比較的新しい種族です。ワイルド(Wyrd)の加護が弱く、 ガルゥ(Garou; ワーウルフ)ほどの戦いの力を持たぬ彼らは、知略をもって難敵に対処することが求められました。

そして、ウィーバー(Weaver)が狂い、ワーム(Wyrm)の力がますます強くなった現代。 ガルゥたちは悲愴な玉砕に向けて突き進んでいます。それに対し、狐人たちの考えはこうでした。
「今は冬の時。しかし、また春はいつか巡ってくる。そのときまで、ガイアの灯火を絶やしてはならない」
この考えのもと、狐人は人間社会を離れ、ケルン(Caern)の奥の影界(Umbra)に隠れて暮らすようになりました。

ある雪国の街の近くにあるケルン「ものみの丘」は、そんな狐人たちのケルンです。 多数の狐人が住み、ケルン本体の力も強く(雪国にもかかわらず、冬でも草が青々と繁っているほどです)、守りは万全です。

ただし、問題が一つあります。それは、子作りの問題です。ワーウルフ同様、狐人同士で子供を作るのは禁忌。そのため、つがう相手として狐か人間が必要です。 人間社会から離れてしまっていて、人間の中に協力者を持っていないものみの丘の狐人たちは、つがいの相手の人間を見繕うのも一苦労です。

あるとき、一人(?)の狐人が子供作りのため、街に下りました。ターゲットの人間は、「相沢 祐一」という人物です。 この人物は、10年前にこの狐人が物質界に出ている間に誤って怪我をしたとき、拾って家で世話をしてくれたといういきさつがありました。 そういう人物ならばつがう相手として適任だろうと、狐人たちは考えたのです。

さて、10年前は狐形態で丘を下りたわけですが、今回は人間形態で、人間として行動しなければなりません。 しかし、ケルンで暮らす狐人は人間の生活スタイルなど知りません。 そのため、この狐人はケルンを出る時に強力な儀式を受け、精霊から知識を借りることで人間社会の生活スタイルを身につけました。 ところが、あまり優秀とは言えないこの狐人は、儀式の結果狐の姿だったときの記憶を失ってしまいます。 「相沢 祐一」に会わなければ、という使命感はなんとか残りましたが、こんな状態で子種を持ち帰ることなどできるのでしょうか?  儀式の効果時間は本人の意志力次第ですが1〜3週間程度。あとは本人の才覚次第です…。

※ この記事は、サプリメント"Hengeyokai: The Shapeshifter of the East"に基づいています。狐人についてのより詳しいことについてはこの本をご覧下さい。

キャラクターデータ

沢渡 真琴

狐人
出生: 狐腹
宿月: ラガバッシュ
部族: 狐人
本性: お子様
外面: お子様
位階: 1
能力:
(身体)筋力 1/1/1/2/1, 敏捷 2/3/4/5/6, 体力 3/4/5/6/5
(社会)魅力 4, 交渉 1/0/0/0/0, 容姿 3
(精神)知覚 2/2/3/3/4, 知性 2, 機知 2
技能:
(才能)運動 1, 回避 2, 格闘 2, 警戒 2, 表現力 3
(技術)隠密 2, 動物理解 2
(知識)謎解き 1
授け: 流れ水の匂い
背景: 純血 2, 祖霊 3
業怒: 2
霊力: 5
意志力: 2
Werefox
Breed: Kitsune
Auspice: Ragabash
Tribe: Kitsune
Nature: Child
Demeanor: Child
Rank: 1
Attributes:
(Physical) Strength 1/1/1/2/1, Dexterity 2/3/4/5/6, Stamina 3/4/5/6/5
(Social) Charisma 4, Manipulation 1/0/0/0/0, Appearance 3
(Mental) Perception 2/2/3/3/4, Intelligence 2, Wits 2
Abilities:
(Talents) Alertness 2, Athletics 1, Brawl 2, Dodge 2, Expression 3
(Skills) Animal Ken 2, Stealth 2
(Knowledges) Enigmas 1
Gifts: Scent of Running Water
Backgrounds: Ancestors 3, Pure Breed 2
Rage: 2
Gnosis: 5
Willpower: 2

今回、街に下りてきた狐人の雌です。「沢渡 真琴」という名前は10年前に街に来たときにたまたま耳にした名前からとったものですが、本人はいたく気に入っています。
上の特性の値は狐状態のものです。人間社会に降りてきたとき、ほとんどの技能(Ability)は使用不可能になっています。

ぴろ

守護精霊
業怒: 1
霊力: 2
意志力: 2
精気: 5
Fetch Spirit
Rage: 1
Gnosis: 2
Willpower: 2
Essence: 5

"真琴"が成人するまで付いていた、猫の姿をした守護精霊(Fetch Spirit)です。今回も付いてきています。 守護精霊にありがちなことに、性格はいいかげん、能力も大したことはありません。

天野 美汐

狐人 16歳
出生: 人腹
宿月: ガリアルド
部族: 狐人
本性: 冷笑家
外面: 一匹狼
位階: 1, 浪人
能力:
(身体)筋力 2/2/2/3/2, 敏捷 3/4/5/6/7, 体力 3/4/5/6/5
(社会)魅力 3, 交渉 2/1/1/0/1, 容姿 3
(精神)知覚 5/5/6/6/7, 知力 3, 機知 3
技能:
(才能)運動 1, 警戒 2
(技術) 隠密 2, 動物理解 1, 礼儀作法 2
(知識)オカルト 2, 科学 1, コンピュータ 1, 祭礼 2, 謎解き 2, 調査 1
授け: 心話, 流れ水の匂い
背景: 儀式 2, 祖霊 2
業怒: 5(現在:0)
霊力: 6
意志力: 6
Werefox  Age: 16
Breed: Homid
Auspice: Galliard
Tribe: Kitsune
Nature: Curmudgeon
Demeanor: Loner
Rank: 1(Ronin)
Attributes:
(Physical) Strength 2/2/2/3/2, Dexterity 3/4/5/6/7, Stamina 3/4/5/6/5
(Social) Charisma 3, Manipulation 2/1/1/0/1, Appearance 3
(Mental) Perception 5/5/6/6/7, Intelligence 3, Wits 3
Abilities:
(Talents) Alertness 2, Athletics 1
(Skills) Animal Ken 1, Etiquette 2, Stealth 2
(Knowledges) Computer 1, Enigmas 2, Investigation 2, Occult 2, Rituals 2, Science 1
Gifts: Mindspeak, Scent of Running Water
Backgrounds: Ancestors 2, Rite 2
Rage: 5(Current: 0)
Gnosis: 6
Willpower: 6

未だものみの丘の狐人社会に見出されていない女性の狐人で、 ある雄の狐人が人間社会に来たときに残した子供です。 彼女は変身種族として覚醒したものの適当な導き手がいなかったため、 今は変身能力を一時的に失っています(“狼を失った”(Lost the Wolf)と同様の状態)。


「Kanon」トップ | コーナートップ | ホーム