Forest 批評

奇作・怪作が存在できるジャンル

「Forest」はとにかく普通ではない作品である。怒濤の古典文学ネタ、無茶苦茶な 登場人物達、プレイヤーや制作者を物語に巻き込んだシナリオ、 朗読調やカブキ調のボイス、ボイスと地の文との全くの不一致、といった特徴が本作品に 挙げられる。表現形式は普通のビジュアルノベルのスタイルと基本的に変わりないが、 本作品は「他とは違う」「他では見られない」ものが見られる。

本作品の最大の価値は「他とは違う」ところにある。だが、これが価値を持つためには、 「他」が十分確立されていて価値を持っていることが必要である。(ゲーム 初心者が本作をプレイするのはあまり考えたくない) 本作のような奇作が 果たして存在を許される(評価される、採算がとれる)だろうか? それには ジャンルの成熟さや懐の深さが試される。多様な作品がジャンルに存在し、 ユーザーもその多様性を支えるだけの層の厚さがあるときに限って本作のような、 一種邪道な作品が評価され得るようになる、 評者は、このジャンルが、本作のような奇怪な作品を許容できる 度量を本当に持っていることを願う。

項目評価コメント
シナリオ☆☆☆☆良くも悪くも、ここが特徴。
CG☆☆☆美麗ではないが、丁寧な作りで物語にも似合っている。
キャラクター☆☆☆個性強すぎとも思える登場人物達をよく使っている。
サウンド☆☆☆☆高品質。
ゲームシステム☆☆☆ADVの形式が活用されている。
プログラム☆☆☆☆大きなバグはなく、問題ない。
ゲーム分量☆☆☆単にエンディングを見るだけなら長くないが、内容を味わうには複数回プレイが必要。

「Forest」トップ | コーナートップ | ホーム