ネジレ

(C)2002 えん
関連シリーズ:Mage: The Ascension    シンクロ度 ☆☆☆
ゲームの概要: 温泉の湯煙がそよぐ冬の雪国の学園を舞台にした調査ゲーム。 オカルトマニアの主人公「虹川 捻」は、不思議な同居人「玉虫 夕鶴」に依頼され、 「ネジレ」という力により奇妙な能力を持ってしまった校内の女子学生を調査し、 原因の究明とネジレの解消を進めていきます。
in World of Darkness: 破壊の徒(Marauder)---世界の認識がねじれてしまったメイジ。科学技術結社(Technocracy)にとって、破壊の徒 は世界を乱す危険な存在であり、必要ならば処分しなければなりません。
とはいえ、破壊の徒は有害ですが、彼らには悪意はなく、 彼らなりに精一杯に生きているのです。 精一杯に生きている人間は輝いているものです。
科学技術結社のエージェントも人間です。輝いている人に密着して調査などすれば、 時にはその相手に惹かれてしまうのも仕方ないのではないでしょうか。
「ネジレ」の物語は、一人の破壊の徒と、一人の科学技術結社のエージェントの 出会いから始まりました。
コメント: 全体的に、もう一押し、の作品。
調査のゲーム部分が前面に出ているため、ストーリーは単純ですがまあまあ楽しめるでしょう。キャラクターに魅力を感じられるかどうかがポイントなのですが、筆者が見るに 力不足の感あり。 システム周りはかなり不出来と言ってよく、随所で使いづらさが目に付きます。
コーナートップ | ホーム
Written by S.N.; Updated: 2002/10/19; Revised: 2002/11/4