タウンアートディレクター(町の演出家)仲 風見プロフィール


仲 風見(なか ふうけん)
《職種(分野)》
 タウンアート ディレクター(町の演出家)  イベント・舞台・映像の企画運営製作業務の演出家  役者の養成(講師)・脚本家・作詞家  各種異業種のコーディネーター  メイクアップアーティスト・パーソナリティー

 

 

〜経歴〜
1947    尼崎市出身
1960    芸能界入り(劇団青猫座入団) 俳優、舞台監督として修行。
1967-1980 劇団異人館主宰 メイクアップアーティスト 新大阪にてイベント会社設立、運営する。
       各種イベント・舞台・映像の企画運営、商品プロモーション、祭りおこし等に携わる。
1986-現在  上記経験を活かし、「地域」「文化」を合言葉に若者の文化育成、一般地域の文化育成に勢力を傾ける。
       尼崎地域社会教育団体の一員として各種学校公演を行い、尼崎市舞台芸術協会事業の活性化をはかる。
       また、美的(デザイン)センス・人材起用センスを活かして演劇総合プロデューサー・演出家として活躍。
       劇団を設立。各種業務の法人化。塚口にてプール跡地に演劇スタジオ設立、7年間運営。  
       そしてその傍ら、美容ウォーキングを役者の体型維持に取り入れ、約4000人が体感、実証を示す。
2004    大阪中津にて、高架下440坪スペースを芸術文化村ピエロハーバーへと変革させ話題を呼んでいる。
2010  神戸メリケンパークで関西最大のインドのお祭り インディアメーラーを開催。
実行委員長として毎年開催を続け、多数の来場者を集めている。
2013  中津ピエロハーバーより生まれた「中津6丁目カレー」のカレー店「カリー屋ピエロハーバー」を展開。現在、3店舗を展開。
2014  中津ピエロハーバーを大阪市の立ち退きにより閉村。
2015  江坂に江坂芸術文化館ピエロハーバーをオープン。
2017  江坂ピエロハーバーのカフェ部門を閉店し、スタジオ部門を充実させる。


〜講師実績(一部)〜
●町おこし  豊中市主催 まちづくりフォーラム 講師(2004.6)
       大阪商工会議所 大阪・まちの賑わいづくり事業 講師(2004.12)
       関西経済同友会、北区わが町会議等 多種会合のゲストスピーカー (2005-2006)
       「まちの演出家」として、NHK(TV、ラジオ)・アサヒ放送・関西テレビ・毎日放送等に出演
       また、朝日・読売・毎日・産経・日経新聞 他に掲載される。
●芸能    舞台〜映像へ ワークショップ講師(2003-2004)
       学校公演 ‘演劇から共育へ’(※共育は造語です。)(1986〜)
       舞台演出  年間多数
       FM あいあい パーソナリティー (2003.9-2004-8)
●美容     大阪モード学園 ファッションデザイナー科 非常勤講師(2004)
       整体歩行「仲式 美容ウォーキング」講演 ピエロハーバー別館(2004.10,11)他 多数
                  (役者の体型維持に取り入れ、1986-現在まで約4000名が体験)