☆美味しんぼの嘘を暴け4☆


「こんばんは”どうでしょう”です」

「どもー”大泉”です」

「ども、”鈴井”です。また、やってきましたねー」

「それじゃあ、さっさと行きましょうか?」

「今回はオーストラリアをネタにしたいと思います」

おーすとれ〜いりあ〜

「オーストラリアといえば我々もいきましたね〜」

「何もなかったね・・・ただ広いだけで・・・」

うはははは〜そんなオーストラリアだけど美味しんぼの作者はどうやらオーストラリアマンセー野郎で・・・」

「マンセーって何よ」

「韓国語でバンザイという意味だ、ちなみに漢字でマンセーを書くと万歳となる・・・」

「それは元日本語ということかい?」

「そういうことだね、美味しんぼでは至るところでところでオーストラリア人が出てきてたんだけど、しまいにゃオーストラリアで究極vs至高の対決まで始めちゃってね・・・」

「あれでしょ?美味しんぼの作者は移住したとか・・・」

「そうらしいね〜でも日本に帰ってきているという話もある・・・」

「そういえば、このごろオーストラリアの話しなくなりましたね・・・」

「嫌なことでもあったんじゃないの、それもね、話していくうちにわかると思うよ
じゃじゃじゃ、始めようか〜」

「まず、ブルームの日本人潜水夫の話だね〜これはホントの話だわ、ちなみに1901年くらいの話だね」

「ほほーこんな昔からオーストラリアに来てたんだね」

「そして次の特殊潜航艇の話もホント、ただ多くのとはオーストラリアの水兵は19人、日本人は6名戦死だな」

「へー日本ってオーストラリアまで攻撃に来てたんだね〜」

「米豪分断作戦って、マダガスタル島は日米大激戦の島だからね〜大泉君はバカだから知らないけど、普通の人は知ってるんじゃないかな?」

「またいいやがったなこの野郎!」

うはははは〜ままま、この話、あまりにも説明不足だったのか、非難囂々だったのかわからないけど後の巻でのやっててね〜」

「おや?イギリス人が2人死んでるそうだよ」

「しらね」

「おい!」

「しゃあねぇだろ!色々調べたけどどのページにもイギリス人が死んでるなんて書いてないんだわ・・・これホントの話か?」

「俺に聞くなよ、俺に!」

うはははは〜とりあえず、これを見ろ!いいから見ろ!」

「なんじゃこりゃ、いい話やないかい(´Д⊂グスン」

「この前身になったのが、特殊潜航艇なわけだ」

「何でこんないい話を、どこも放送しないんだい?」

「たぶん、『戦争を美化するな!』とか言う一部の自称良心派が五月蠅いからでないかい?」

「こういう話こそね、教科書に載せるべきでないかと僕は思うんだよ」

「たしかにこういう話をしてこそオーストラリアとの友好とも言えるんじゃないかなぁ〜」

「ええ話じゃないかい?まさしく友好だよ」

「まあ敵のことをアホみたいに褒め称えるのはイギリスの文化だけどね」

は?イギリスなの?」

現在のオーストラリアでも約8割がイギリス系オーストラリア人だよ、ちなみに今でもオーストラリアの元首は『英女王エリザベス2世』、オーストラリアというところはイギリスの文化を深く受けたところだよ」

「ほほーでも何でそんなに褒めるの?」

「敵はすごい!その敵に勝った俺らはもっとすごい!という思考らしい・・・まあ詳しくは本家を見てくれ、で!次はこれだ!」

「あらー日本人は酷いことをしたんだねー」

「っとたいていの人は思ってるだろうな〜」

「あん?捕虜に酷いことをしたというのは事実なんだろ?」

「これも捕虜の問題は他の巻でもやってるんだが・・・

「あらーこれも酷い話だね〜」

「色々調べてたらだね、このジャックの話と似た話を発見した・・・」

「これにもあるとおり、日本軍はむやみに処断しようとはしなかった。」

「あらら・・・でもずいぶん話が違うんでないかい?」

「それを言ったら美味しんぼの話は怪しすぎるぞ、だいたい『条約で捕虜に強制労働をさせたり虐待をしてはいけないことになってた・・・』とあるがこの条約とはなんだ?」

「ジュネーブ条約とか言うのでないかい?」

「だとしたら雁屋はジュネーブ条約を読んだことがねぇな、ジュネーブ条約は『武力紛争下で救護のために働く人や施設を攻撃しないという国際的な約束』のことで、現在のジュネーブ条約を見ても捕虜の強制労働については認められているぞ」

「ということは捕虜を虐待したかどうかということですね」

「そうだな、この捕虜虐待について裁いたのが噂に名高い東京裁判(極東裁判)だな」

「あら?東京裁判って・・・」

「東京裁判は魔女裁判と同じのびっくり裁判だ、世界の多くの人が東京裁判なんてものは認めてないな・・・」

「おい、最後の参考資料・・・オーストラリア人も誤りだったって言ってるぞ!」

「そりゃそうだろ、こんな裁判を認めてしまったら、戦勝国は何をやってもいいと言うことになってしまうからな」

「でも実際に8301人もが日本軍の捕虜として死んだんだろ?
ヨーロッパとはずいぶん違うじゃないか?
この数字はホントなんでしょ?」

「だから大泉くんはバカだっていうんだわ」

おい!

「この数字は敗戦国の数字だろ?戦勝国はどうだったかと言うことだよ」

「あん?戦勝国だもの待遇はよかったんじゃないの?」

「大泉くん、浅はか・・・戦勝国の方が惨かったんだよ」

「あぁ・・・捕虜すら取らなかったと言うことかい?」

「そういうことそういうこと、どっかのバカが日本は人権無視の玉砕を推奨したとか言ってるが行為状況を考えれば、捕虜にならず最後まで戦おうと思うだろ?」

「それにしても惨すぎないかい?ホントの話なのかよ?」

「こういう話は別にリンドバーグ日記だけじゃない・・・というかちょっとは自分で調べろバカ野郎!」

「あん?なんか言ったかこのゲンゴロウ!」

「もうそれは飽きたぞ!スズムシ!」

「お前もだろ!もうスズムシはいいって!」

うはははは〜まあバカのためにちょっと紹介するだな・・・

「10万のうち7千人かい?」

「文字通り桁が違いますね・・・」

「だいたい、捕虜問題を言ったら、日本ほどジュネーブ条約を守った国はないっという資料もあるぞ」

本家でやってるが第1次世界大戦時における捕虜への優遇っぷりはキ○ガイじみてる」

「キ○ガイっておい!」

うはははは〜アホみたいな捕虜への配慮を見ると第1次世界大戦から30年も経ってないのに、急に捕虜に対して冷徹になったとは考えられないんだわな〜」

「まあ、確かにおかしいですね」

「色々調べていくとだねどうも1940年以降の終戦間際が問題になってる見たいなんだわ」

「1944年と言えば、終戦間際で補給も滞っただろうさ、さらにコレラなどの病気も蔓延したために多くの捕虜が亡くなったんだ、それを言ったら日本兵も死んでるし、病気になった人を収容しているような救護施設を攻撃するのはそれこそジュネーブ条約違反だろ!」

「つまり、アメリカの攻撃で捕虜がたくさん死んだと?」

「そういうことそういうこと」

「でもほら、監督者が交替した1942年6月から待遇が悪化し、・・・と書いてあるように日本兵の人も悪い人がいたんだよ」

「そこなんだけどね、たまたまそのページで実際に捕虜虐待の罪で処刑された人が載ってたんだけど・・・
 


「注意してほしいのは共にクリスチャンということだ」

「クリスチャンと言うことはキリスト教かい?それがどうしたの?」

「日本人のキリスト教の布教率ってどんなもんだかわかるかい?」

「そんなに多くはないでしょ?クリスマスはお祝いするくせに神社にもお参りにいきますしね〜」

「日本でのキリスト教の布教率は0.7%ほどだそうだ」

「ほー、そんなもんですかもっと少ないと思ったわ」

「ちなみに韓国のキリスト教布教率は50%・・・」

お、おい!何が言いたいんだ!?

暴行、処刑などの「捕虜いじめ」をしたのは朝鮮人だ!って言ってるんだ!」

「ま、まて、占領地域でもっとも嫌われたのは朝鮮人だと言う資料があるのはわかった、でもそれだけで決めるのは早計じゃないかい?」

「そうかい?こんな資料もあるよ」

「まあ、このサイト朝鮮人を擁護しているような怪しいサイトだけど・・・」

「おいおい、そんなサイトの資料を使っても大丈夫かい?」

「嘘を嘘と見抜けないと難しいけどね、たとえば上の文章、『捕虜の強制労働は国際条約で禁止されていた』とあるがこれはどの国際条約だ?いろんな左系サイトでよく見るんだが・・・さっきも言ったがジュネーブ条約でも捕虜の労働については認められてるぞ」

「健康で労働可能な捕虜に対しては強制で労働させることが出来るんだ。だいたい、捕虜になったらタダ召し食えるのかい?そんなバカな話無いだろ?」

「言われてみればその通りだが・・・」

「まあ、なんでも鵜呑みにするのではなく調べてみるのも必要だと言うことだ」

「それでその怪しいサイトの資料がどうしたんですか?」

おお!そうそう、そのサイトにもあるとおり『1942(昭和17)年8月朝鮮人軍属南方(タイ・マレー・ジャワ)の捕虜収容所に配属』と1942年頃に捕虜収容所の警備をしていたのは朝鮮人だったんだ!」

「でもそれは8月だろ?オーストラリアの話だと6月なんでないの?」

「まあ、たしかに2ヶ月ほどのズレはあるけどね、5年10年ズレてる訳じゃないんだ十分あり得る話だろ?それに朝鮮人が捕虜収容所の警備をしていたのは間違いんだ」

「おいおい、いつ、いかなる時でも唐辛子粉を食事に際し好きなだけ使わす・・・なんてこれは何の冗談だい?」

「冗談と思いきや大マジだ、だから半島は斜め上をいってるとかいわれるゆえんだな、まあ、その話はおいといて、前線では使えない朝鮮人の多くは捕虜収容所で働いていたんだ」

「使えないっておい!」

「使えねぇって・・・危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号!と泣き出す習癖がある奴らだぞ?ましてや言葉も違うし、そんな奴らが前線にいても邪魔なだけだろ?」

「実際、東京裁判で有罪になった朝鮮人も多いですしね」

「そうだな、戦勝国の犯罪は裁かれず、敗戦国だけ裁かれたのだから、東京裁判はおかしな裁判だと言われるゆえんだな」

「しかし、捕虜いじめの仕返しにしては酷くないかい?」

「朝鮮人は民間人に対してもやってるけどね」


「おいおい、本当かよ、ちょっと考えられないんでないかい?」

「日本人にしてみればそうだろうけどね、民間人への虐殺は韓国人がベトナムの時にもやってるがな」

「おいおい、なんでそこまで残酷なんだ?」

「知るか!どっちみち日本人には理解できない行為だろうな、一応、オーストラリア兵を虐殺したという片山日出男中尉の名誉のために資料も紹介しておく

「お、おい!「似ている」というだけで戦犯とされ・・・って」

「もしかすると全くの別人だったかもしれないね」

「おいおい、そんなんでいいのか?」

「よかないけど、それで裁かれたのが東京裁判だよ、捕虜を殺すという文化は古来日本にはないんだがねー、日本は同一民族による権力闘争のほうがはるかに多かった。大泉君はチェスというゲームを知ってるかい?」

「そりゃ知ってますよ」

「将棋と違ってチェスは取ったコマを使えない、将棋は取ったコマを使えるこれこそ捕虜虐待の思想ではないのか?とGHQの将校が将棋に目をつけ、プロ棋士を本部に呼び寄せたことがあった。」

「へーそんなことがあったんだ」

「その時、交渉に当たったのが升田幸三という豪放磊落な棋士なんだけど、どうもGHQは将棋のなかに危険思想が含まれていると感じていたようで、場合によっては将棋を禁止することも検討していたのかもしれないんだけど、その時の逸話をちょっと紹介しよう・・・
将校は尋問した。『将棋はチェスと違い、取った駒を自分の兵として再び使う。これこそ捕虜虐待の思想ではないのか』」

「『冗談ではない。』」

「!!!」

「『チェスこそ取った駒は殺したままでいる。それこそ捕虜虐待ではないか。だが日本の将棋は、捕虜を絶対に殺しはしない。再び将校となって働いてもらうのだ。あなたは先ほど「兵として再び使う」と言ったが、それは違う。将校を歩兵として使うことは、日本将棋ではしない。元の官位のまま、将校は将校として、飛車は飛車として遇するのである』」

「『それは詭弁ではないのか』」

「『違う。昔、楠木正茂という将軍は、敵兵が川に落ちるのを見て、これを救った。本来は殺すべきはずである敵兵を、救ったのだ。救われた兵は感激し、正茂の部下となって大いに働いた。これこそ、日本の精神である』」

「『・・・しかし、日本では庶民にまで将棋をやらせていると聞いた。それは、武道と同じく、戦いの準備をさせているのではないのか』」

「『武道の『武』とは、矛を止めると書く。力を外へ向けるのではなく、己を磨くためにあるにすぎない。また日本人は、庶民と言えども本も読めば文字も書く。将棋を指すのも教養の一環である。それよりもお伺いしたいことがある。チェスでは王様を助けるために、女王を犠牲にすることもある。女を楯に助かるとはどういうわけなのか、お答えいただきたい』」

「っとこんな話があったらしい」

「いきなり寸劇が始まりましたけど・・・」

うはははは〜まあ、そんなわけで未だに将棋という文化は失われず残っているは、日本の名誉を守ろうとした人がいたんだね」

「君また笑って誤魔化そうとしてるけど・・・」

うはははは〜ままま、そんな話があったということだ、さて最後にこんな資料を紹介しようかな?」


「おいおい、捕虜虐待を禁ずる捕虜虐待を禁じる国際条約を守った数少ない施設だっ たという。 って書いてるぞ」

「ああ、ところがこれが・・・

「お?おい!なんか短くなってないか?」

「わずか20分で変更されてしまっている・・・」

「マジかい・・・」

「残念ながら元記事は消えちゃってるけど、gooのキャッシュに残っているので興味のある人は確認してみてくれ(2004/5/9現在)」

「あらら・・・なにやってるだ共同通信」

「共同通信の中の人もかなりアカい人がたくさんいるみたいだからね、さらに・・・」

「たぶん、これが最終稿だと思うんだけど・・・」

「おいおい、強制労働のことも消えちゃってるよ!」

「なんで変えちゃったのかはわからないけど・・・」

「どっかから抗議でも入ったんですかね?」

「まあ、そう考えるのが普通だね」

「こう見ると、故意に隠してるように見えますなー」

「これが世に言う情報操作って奴だね、つまり捕虜の死亡者数が多いが、それは飢えや病気が原因だと言うことだな」

「さてそろそろ終わりにしようかな?」

「あれ?


これについてはやらないんですか?」

「ああ、それねー」

「おお!そうだそうだ、これはあきらかにジュネーブ条約違反でないかい?」

「それも他の巻でくわしくやってるんだけどねー」

「おいおい、人数増えてないか?」

「うむ、これホントの話か?」

「俺に聞くなって!」

「『日本は謝罪しる!<丶`∀´>ニダ』と言ってるようなサイトも探したけど、こんな話どこにもないぞ」

「そんなバカな・・・どっかに元ネタがあるだろ?」

「一応、2.対決再開!オーストラリア(4)の方には作画資料が書いてあったんだけど・・・」

「なんだあるじゃないの!それ調べればいいだろ?」

「でもこれ・・・

「日本人の誇り」(雁屋 哲・著/飛鳥新社・刊)

なんだよね・・・」

「・・・」

「・・・」

(゚Д゚ )ハァ?

「っと言うことだ(笑)」

「つまりあれかい?自分で書いた本を資料にしてるのかい?」

「そういうことそういうこと」

「そんなバカな」

「一応この本を紹介しておくとだね・・・」

「ということで雁屋が自分で取材に行って調べてきたことらしいが・・・」

「いったい何を見てきたのかな?」

「なんにも見てこなかったんでしょうな」

「まあ、そうだろうね、っということでこの辺で終了しようか〜」

「あら?オーストラリアの話ってもっといっぱいなかった?」

「まだあるねーっということで残りは次回お楽しみに!」

終了〜

次回があったら→


戻る