国民福祉委員会

年金改革関連法案採決

 

第147回国会  第12号

2000年03月21日(火)15:00開会


  本日の会議に付した案件
〇政府参考人の出席要求に関する件
〇国民年金法等の一部を改正する法律案(第百四十五回国会内閣提出、第百四十六回国会衆議院送付)(継続案件)
〇年金資金運用基金法案(第百四十五回国会内閣提出、第百四十六回国会衆議院送付)(継続案件)
〇年金福祉事業団の解散及び業務の承継等に関する法律案(第百四十五回国会内閣提出、第百四十六回国会衆議院送付)(継続案件)
〇国家公務員共済組合法等の一部を改正する法律案(第百四十五回国会内閣提出、第百四十六回国会衆議院送付)(継続案件)
〇私立学校教職員共済法等の一部を改正する法律案(第百四十五回国会内閣提出、第百四十六回国会衆議院送付)(継続案件)
〇農林漁業団体職員共済組合法等の一部を改正する法律案(第百四十五回国会内閣提出、第百四十六回国会衆議院送付)(継続案件)
〇地方公務員等共済組合法等の一部を改正する法律案(第百四十五回国会内閣提出、第百四十六回国会衆議院送付)(継続案件)


○委員長(狩野安君) ただいまから国民福祉委員会を開会いたします。
 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。
 国民年金法等の一部を改正する法律案、年金資金運用基金法案及び年金福祉事業団の解散及び業務の承継等に関する法律案の審査のため、本日の委員会に厚生省年金局長矢野朝水君、社会保険庁運営部長小島比登志君及び農林水産省経済局長石原葵君を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(狩野安君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。


○委員長(狩野安君) 次に、国民年金法等の一部を改正する法律案、年金資金運用基金法案及び年金福祉事業団の解散及び業務の承継等に関する法律案を一括して議題といたします。
 これより質疑を行います。
 質疑のある方は順次御発言願います。(〜中略〜)
本日の質疑はこの程度とし、十五分間休憩いたします。

   午後五時三十分休憩
     ─────・─────
   午後五時五十五分開会
○委員長(狩野安君) ただいまから国民福祉委員会を再開いたします。(発言する者多く、議場騒然)開会いたします。
 ただいまから国民福祉委員会を開会いたします。……(議場騒然、聴取不能)……山崎さん……
(議場騒然、聴取不能)

○山崎正昭君 私は、国民年金法等の一部を改正する法律案、年金資金運用基金法案、年金福祉事業団の解散及び業務の承継等に関する法律案、国家公務員共済組合法等の一部を改正する法律案、私立学校教職員共済法等の一部を改正する法律案、農林漁業団体職員共済組合法等の一部を改正する法律案及び地方公務員等共済組合法等の一部を改正する法律案を議題とし、七案の質疑を終局することの動議を提出いたします。(発言する者多く、議場騒然)


○委員長(狩野安君) ……山崎さん……(議場騒然、聴取不能)……本……されました。……

○山本保君 私は、……(議場騒然、聴取不能)平成十一年……どうぞ御賛同いただきたいと思います。


○委員長(狩野安君) ……(議場騒然、聴取不能)


○山崎正昭君 私は、七案並びに修正案についての討論を省略し、直ちに七案一括して採決に入ることの動議を提出いたします。


○委員長(狩野安君) ……(「賛成、賛成」と呼ぶ者あり、その他発言する者多く、議場騒然、聴取不能)
   〔委員長退席〕
   午後六時
     ────・────
  本日の本委員会における再開後の議事経過は、次のとおりである。
  ○国民年金法等の一部を改正する法律案(第百四十五回国会閣法第一一八号)
  ○年金資金運用基金法案(第百四十五回国会閣法第一一九号)
  ○年金福祉事業団の解散及び業務の承継等に関する法律案(第百四十五回国会閣法第一二〇号)
  ○国家公務員共済組合法等の一部を改正する法律案(第百四十五回国会閣法第一二一号)
  ○私立学校教職員共済法等の一部を改正する法律案(第百四十五回国会閣法第一二二号)
  ○農林漁業団体職員共済組合法等の一部を改正する法律案(第百四十五回国会閣法第一二三号)
  ○地方公務員等共済組合法等の一部を改正する法律案(第百四十五回国会閣法第一二四号)
   
 右七案を議題とし、質疑を終局した後、いずれも修正議決すべきものと決定した。