参議院共生社会に関する調査会

委員会調査会等情報(参議院HP) 調査会のメンバー表  

 

平成15年9月26日 参議院共生社会に関する調査会会長に就任

 第2次小泉内閣の改造人事にあたり、前調査会長の小野清子先生が国家公安委員長にご就任されることとなり、それに伴なう参議院の役員人事で、共生社会に関する調査会の会長に就任することとなりました。

 調査会メンバーの任期は原則3年、メンバーを変えずに調査を行う、参議院独自のものですが、その取りまとめとなる3年目の重要な調査年度で、会長に選任された責任の重大さを痛感いたしております。

( 第157回国会開会式後、国会議事堂正面玄関にて )

共生社会に関する調査会とは?

  平成10年8月、参議院独自に設置。社会を構成するすべての人達(男性と女性、健常者と障害者、日本人と外国人、現役世代と年金世代)が共に生きる社会づくりについて様々な問題点について協議するため、平成10年8月、参議院独自に設置された調査会です。 

 いくつもの法律や所管省庁に係る問題点を長期的(同じメンバーで3年間が1周期)・総合的に調査し、変化する社会環境に対応し、人と人との新しい関係を模索していくことを目的としています。

 今期の調査会は第152回国会の平成13年8月7日に設置。社会環境が大きく変化する中で、社会を構成している様々な人々が互いにその存在を認め合い共生していく社会の構築を目指していくため、より広い視野から問題を取り上げられるよう、第153回国会において、「共生社会の構築に向けて」とすることとしました。


 ○調査の1年目「児童虐待防止に関する件」

 「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(平成13年10月13日から施行)フォローアップ調査


 ○調査の2年目「障害者の自立と社会参加に関する件」

  「だれもが住みやすく自立できる生活環境及び生活習慣を構築するため障害者と健常者の共生を課題とすべきである」との意     見に基づき調査、また、「児童虐待防止に関する件」及び「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律施行後の状  況に関する件」についても引き続きフォローアップ調査

 ○現在3年目 「調査会の三年目」

 最終報告書の取りまとめまであと9ヶ月程度と迫っております。 このたびの内閣改造により、前調査会長の小野清子先生の国家公安委員長ご就任に伴ない、調査会3年目という重要な時期に調査会長に就任しました。
 

 《 調査会開催日程 》

第159回国会
3月25日  第5

○DV防止法案に関する報告

○共生社会に関する調査(会議録)

@共生社会の構築に向けて

 「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の見直しに関する 件」質疑(質疑者:調査会長 狩野安、答弁者:野沢法務大臣、坂口厚生労働大臣、小野国家公安委員長)

A「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の 一部を改正する法律案に関する件」草案説明(プロジェクトチーム座長 南野知惠子先生)・採決

B福田内閣官房長官・男女共同参画担当大臣から発言

3月 3日 第4

○「障害者の自立と社会参加に関する件」政府考人質疑(内閣府副大臣、文部科学副大臣、厚生労働副大臣、国土交通副大臣)

2月25日 第3

○「障害者の自立と社会参加に関する件(知育生活支援)」考人質疑

2月18日 第2

○「障害者の自立と社会参加に関する件(共生の感覚の育成)」考人質疑

2月10日 第1

○「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」の見直しに関するプロジェクトチームの報告」報告

第158回国会
11月27日 第1

○補欠・理事選任

第157回国会
9月26日 第1

○補欠・理事会長選任