みすてりい
みすてりい 城 昌幸
ショートショートと言えば、誰でもすぐ思い浮かぶのは、星新一、都筑道夫、阿刀田高といった、いずれ劣らぬ現代の名手達。とりわけ故星新一は、このジャンルのパイオニアとしてあまりにも有名でした。

 ところが、それよりもずっと以前に、すぐれたショートショートをたくさん書いていた作家―それが城昌幸です。

 日夏耿之介門下の高等派詩人として出発、小説家としてのデヴューは大正14年「探偵文芸」に発表した『秘密結社脱走人に絡まる話』。これがきっかけとなり、『その暴風雨』『怪奇の創造』等、幻想と怪奇に満ちた珠玉の短編を発表し続け、江戸川乱歩をして「人生の怪奇を宝石のように拾い集める詩人」と言わしめました。昭和13年からは『若さま侍捕物手帖』の連載を開始、一転して大衆路線をもカバーする懐の深さを見せ、また、戦後は探偵雑誌「宝石」編集主幹をつとめるなど、昭和51年に亡くなるまで旺盛な活動を続けました。

 短編の作風はユニークかつ幻想的なものが多く、戦後の作品では、自分の死んだあとまで計算して自殺したスタイリストの美学を語った『スタイリスト』(昭和23年 宝石)、ふと出くわした奇妙な事件から心の内奥を透かし見つめる『ママゴト』(昭和33年 宝石)等、いずれも今読んでもスタイル、テーマ、全く古びるところのない逸品ぞろい。近年、幸いなことに国書刊行会から短編集も再刊されたので、城昌幸を知らない方は、この機会に少しでもその世界に触れてもらいたいものです。

 左は桃源社から昭和36年に刊行された豪華短編集。澁澤龍彦の『黒魔術の手帖』等と同じ体裁ですが、こちらは目のさめるような青が美しい本。瀟洒な装丁が手に取るたびに嬉しく、内容ともども私の超お気に入りの1冊です。

BOOKS
return to menu