ビッグチャップ エイリアン マスク

ビッグチャップ エイリアン マスク
((ディストーションズ アンリミテッド社 1983)

 リドリー・スコットの出世作 『エイリアン』 も今年で公開から24年、四半世紀もすぐそこというのだから時の経つのは早いものだ。スターウォーズなどの影に隠れながらも(?)間を空けて4作まで製作され、今やSFホラー映画の古典としてそのキャラもすっかり定着した感がある。5作目も作られそうな勢いの人気シリーズなだけに関連アイテムも数多いが、特に昨年から今年にかけてはマクファーレンやパリセード社を筆頭になぜかエイリアングッズのリリース・ラッシュで、ファンのフトコロもさぞかし悲鳴を上げているのではなかろうか?

発売当時のカタログ

 そういった最近のアイテムももちろん重要ではあるけれど、コレクターたるものヴィンティージにも気を配りたいもの。そこでひとたび過去を見渡し、かつて世に出たエイリアン関連アイテムで最も魅力に溢れ、有名かつ入手の難しいものは何だろうかとつらつら考えてみると、やはり
ケナー18インチドールドン・ポスト スタジオアクリルケース入りフェイスハガー、そしてここにご紹介するディストーションズ・アンリミテッド社エイリアン マスクということになりそうだ。

 このマスクは1979年の
『エイリアン』 第1作目で使用されたスタント用ヘッドのオリジナル・ムービーモールドからダイレクトに抜かれ、1983年頃よりディストーションズ・アンリミテッド社からごく少量リリースされた唯一のプルであり、今や伝説的な幻のプロップ・レプリカと言われているものである。

 
 エイリアン・マスクの存在を知るきっかけとなった 『宇宙船』 Vol.33の記事。このマスクは宇宙船のライターだった間宮尚彦氏所蔵のもので、海洋堂ギャラリーに展示されたこともあるが、ボブ・バーンズによれば「あれはニセモノだよ」とのこと。
管理人がこのマスクの存在を知ったのは、今から15年以上も前、雑誌 『宇宙船』 の小さな囲み記事注)から。「アメリカでは本物が売られている!」と、当時かなりの衝撃を受けたものだった。入手を夢見てから10年目、伝手を頼って本格的に探し始めてからは3年弱で運良く遭遇できたのは、ちょうど円高と重なったせいもあったけれど、何といっても協力して頂いたコレクター諸氏のご好意の賜物。当時も今も大変お世話になっているビッグコレクター清原氏にはここに記して改めて感謝の意を表したいと思う。<(_ _)>

 注)後にここに紹介されているマスクはオリジナルではないことが分かった。左記参照。

 さて、上に掲げたマスクがそれで、今年になって入手した3体目である。
 ご覧のように全長33インチにも及ぶ巨大なハンマー・ヘッドはまさに迫力十分。頭蓋骨が剥き出しになった頭部、側面を這う無機質なチューブ類、流線型のクリアドーム等々、その後のクリーチャー・デザインの流れに決定的な影響を与えた独創的なフォルムやディテールを間近で"体験"できるのが何より嬉しい。ラテックス製のため、写真のような高いスタンドに掛けてディスプレイすると弓のような美しい弧を描き、その見事さはまさに映画そのままのイメージだ。

 また良く見ると側面には日本製の給油ポンプが使用されており、
「出」「止」という漢字がそのまま読めるのが日本人としては感慨深い。
 
最近の高額なプロップ・レプリカとは違って、一発型抜き・簡易塗装後、バキュームフォームによるクリアドームを被せただけのごくごく簡素なもの。ドームの後部も Mask とは十分にフィットしていないような造りだが、未だに撮影時の雰囲気を色濃く漂わせているのが何より得がたいところで、エイリアン・コレクター&ギーガーファンにとっては、今でも究極のアイテムのひとつではないかと思う。


 トリオ・ザ・ビッグチャップ
 左に管理人所有のディス・ヘッド3体を並べてみた。
 一番左が90年代中期に入手した記念すべき1体目のマスク。頭部透明ドームに大きなクラックがあるのと、本体にやや型くずれしたところがあるのが惜しいが、今でも大切にしている。

マスクコレクターのバイブル、デヴィッド・レディのマスクガイドブック


 中央は1体目入手からほどなく、アメリカの大物マスクコレクター、デヴィッド・レディ氏の手放したものが、ひょんなことから手に入った2体目。氏の著書である " DR. LADY'S COLLECTOR'S GUIDE TO MOVIE AND TV MONSTER MASKS " をお持ちの方は、旧版なら5ページ、新版なら6ページを開いて頂くと、これが部屋の右端辺りに小さく写っているのが確認できるはず。
 歯は全面別パーツ仕様、側面にはチューブが新たに付け加えられる等、前オーナーの手によってスクリーンでのイメージにより近づけられている。ただし、入手時、頭部ドームやヘッドの上部にまで何故かブラックが吹かれていたのにはビックリ。やはり初代エイリアンの頭部カウルは透明でなくては、ということで、しっかり落として元に戻した。はからずも黒でウォッシングしたような効果が出て、ボブ・バーンズ氏所有のオリジナルヘッドに酷似してきたのがちょっと嬉しかったりしている。カスタム化されてはいるが、かなり気に入りの逸品だ。



 90年代前半のデヴィッド・レディのプライベート・ビデオに映ったエイリアンヘッド。現在管理人のところにある2体目がコレ。
 一番右がページ上部に掲げた写真のもので、今年気合で入手したもの。ドームに目立たないクラックが1箇所ある程度でコンディションは文句無しのニアミント。上記2体目のドームと差し替えれば一応ミントとなるが、今のところ元々付いていた方を被せてある。

 さて、この3体目の入手を契機として、今回ディストーションズの
エド・エドマンズ社長と間接的ではあるが初めてコンタクトを取り、このマスクについて2,3質問を投げかけてみた。以下はそれをリライトしたものである(以下E.E=エド・エドマンズ)。


● マーキングについて
Q. この Mask には通常、ネックの左側やや上方に20世紀FOXのライセンス取得に関するマーキングがあります。ところがこのマーキングのない Maskもあるようで、私の所有している Mask のうち2体にはこれがありません。これはなぜでしょうか?
E.E. ライセンスマークが付いていないマスクが33インチなら、モールドの原版にライセンスマークが付けられる以前の初期の注入です。もし、その Mask の全長が33インチなければ、それは誰かがマークを外して不正モールドを作った可能性があります。Mask の大きさが判定のポイントです。
● 生産中止の理由について
Q. この Mask は約2ダースで製造打切りになったと言われていますが、その理由についてはライセンスの問題だとか、モールドの状態が悪かった(実際、いくつかのMaskには「ゆがみ」が確認できます)等々、いまひとつはっきりしません。正確なところはどうなのでしょうか?
E.E. 約2ダースの製造というのは Dr. Lady の本からの引用でしょうが、その数字は正確ではありません。このマスクは実際は3〜4ダース(36〜48個)製作されました。当時販売価格は300ドル程度であり、マスクの価格としては高いものでした。それが原因かあまり需要が伸びなかったのです。2年と少し販売したのちライセンスを放棄して販売中止に至りました。
● パッケージングについて
Q. 発売時に ORIGINAL SHIPPING BOX といったものはあったのでしょうか? もしあったとしたらそのデザインはどんなものだったのでしょうか?
E.E. 特別なパッケージや箱は造られませんでした。出荷に使用したのはまったく無地のダンボール箱です。
● ナンバリングについて
Q. Mask の裏側に手書きのbェ記されたものを1体確認したことがあるのですが、発売時にそのようなことはなされたのでしょうか? ちなみにその Mask には例のマーキングがあったそうです。
E.E. ライセンスのない Mask なら話はわかりますが、そうでなければちょっと分かりません。もしかすると、試作品としての番号をつけたかもしれませんが。


 以上がエド・エドマンズとの一問一答である。インタビューとしてあらかじめ周到に準備したものではないのでごく簡単なものだが、コレクター諸氏の何かの参考になれば幸いである。

 このマスクは現在国内で9体現存が確認されており、うちミントは4体(当方所有のものを加えれば5体)だが、今回明らかになった信頼できる製造数からすれば入手のチャンスはまだまだありそうだ。エイリアンコレクターの方々はいまからでもじっくり時間を掛けてチャレンジしてみる値打ちがあるのではなかろうか。意外に道は近いかも、、、。^^


情報提供:マイケル・ラングロア    
エド・エドマンズ       
ジョー・バナスキーヴィッチ
清原祐一           
(敬称略)          

2003.6.8 全面改稿
MASKS
return to menu