エイリアン3 上から見たところ

頭部透明ドームも完璧に再現。
ミツバチの腹のような内部モールドもバッチリ透けて見える。

←アゴを含む口の部分はFRPの骨格にラテックスの皮が被せてあるという造り。喉の奥深くまでモールドされている。

エイリアン3(オリジナルモールド)

 シリーズ第3作目『エイリアン3』(1992)に登場するエイリアン・ウォリアー。映画の方は主役のリプリーがラストで死んでしまうという暗く陰鬱な内容ということもあって、ファンの受けは今ひとつでしたが、アレック・ギリス、トム・ウッドラフJr.の造ったモンスタースーツの出来はなかなか素晴らしく、アップに耐える入念な仕上がりでした。実際の撮影では1/4サイズのロッド・パペットやケーブルで操作する1/1メカニカルヘッドなどが多用されており、スーツは主に上半身アップでの撮影が中心。スタント用スーツにはアクション用のギミック無しの他にケーブルで口等を動かせるものも造られたようです。

 上はオリジナル・ムービーモールドからのプロップ・レプリカで、某コレクターからH・インマンのディスプレイ・ヘッドとのトレードで入手したモノ。『エイリアン3』のオリジナルモールドからのプロップレプリカは数種類存在しますが、これは国内に出まわったどのタイプとも異なるオープン・マウスタイプで、頭部がFRP、ネック部分がラテックスという変わり種。頭部透明ドームまで完璧に再現されており、ペイントのクォリティもなかなかにレベルの高い逸品です。2年ほど前のイギリスでのエイリアン関係のイベントに展示されたものらしく、国内ではまず見掛けない珍品と思います。トレードなんで送料しかかからず、とってもリーズナブルでした。^^

MASKS
return to menu