フランケンシュタインの花嫁

フランケンシュタインの花嫁

 1本映画がヒットすると続編が作られるというのは、今も昔も変わらないギョーカイのお約束。『フランケンシュタイン』(1931年)の大ヒットにより続編『フランケンシュタインの花嫁』(1935年)が作られたのは、だから、まあ当然の結果なのですが、人造人間に人造人間の花嫁をあてがうとは、よくよく考えてみればかなりエゲツないストーリーとは言えます。エルザ・ランチェスター扮する「花嫁」は当然これを拒否、フラれたフランケン君はしかたなく世をはかなんで自爆。う〜む、モンスターになっても男はツライですな。

 写真のマスクはネブラスカのベテラン原型師ジャック・ニシが造型した特注限定品。特徴的なヘアデザインも実物通りに再現していて、『フランケンシュタインの花嫁』のマスクでは、たぶん、これが決定版。私もかなり気に入ってます。ゴージャスなヘアスタイルではありますが、髪の毛の中には芯があるので、禿げたらコーンヘッドみたいになるはず(予想)。1980年に極く少数がリリースされていますが、その後、一度再版されているようです。

MASKS
return to menu