● クリックすると画像が拡大されちゃいますこなおみ ●


KNB版エアポートゾンビ。素材はラテックスではなくレジン。
原型はKNBニコテロ社長。ペイントはUKのプロペインターによるもの。 ケロイドの部分の表現はなかなか良い。シャツは古着屋にて調達。 どアップ。ガレキ系のペインターは概してシャドウを多く入れるようだ。
デス・スタジオ版。原型はジョン・スミスでリリースは2002年頃。 映画とはさほど似ていないが、造形的にはかなりのハイレベル。 安価なマスクなのでケロイド部を除くと頭部はほぼベタ塗りだ。 どアップ。リペイントすればさらにカッコよくなりそう。
画 「ゾンビ」 には印象的なゾンビが何体か登場するけれど、中でもこのスキンヘッドにケロイドのキュートなヤツ、通称「エアポートゾンビ」が代表格ではあるまいか。上に管理人のコレクションからライフサイズのディスプレイを2体並べてみた。

段がKNB版。トム・サヴィーニのオフィシャルサイトで2001年のみ販売されたもので、原型はサヴィーニではなくKNBの2人社長の一人、グレッグ・ニコテロ。当時の価格は$400で、その頃スーフェスなどでも見掛けたが持ち合わせがなく入手し損ね、数年間探していたものである。一昨年、たまたまUKのショップでリイッシュー(?)みたいな形で扱っているのを見つけ、即オーダー、4ヶ月ほど待たされてからやっと到着した。

すがにKNB、本物より2枚目になっているが、シャープな造形でまぁまぁオリジナルのイメージに近いのではなかろうか。ペイントはオーダーしたUKのショップ専属のペインターのようで、上手いことは上手いが、個人的にあまり好みではないガレキっぽい塗りで、生な皮膚感がほとんど再現されていないのが残念である。もし再入手の機会があれば、好みのペインターに発注して理想のバストにするのも面白そうである。

段がデス・スタジオ版。原型はジョン・スミスで、リリースは確か2002年頃だったと思う。独自の解釈の入った造形だが、手堅いデッサン力で嫌味な癖がほとんどない非常に良い感じの出来である。デス・スタジオの多くのゾンビマスクと同じく全体は蒼白いトーン、ケロイド周辺部がパープルとイエローで的確に処理されている。安価なマスクなので頭部などはほぼベタ塗りだが、傑作ではなかろうか。現在流通品であり、国内ショップでもよく見かける。そろそろ終わるかもしれないので興味のある方は今のうちに抑えておいた方が良いだろう。

2体を比べると、個人的にはKNB版が好みだが、ラテックス製でないのが惜しい。この原型をニコテロ氏がシリコンでキャスティングしたものもあるようなので、いつか入手できたらとウィッシュリストを書き換えているところである。^^(2010.1.10)


※ 上記KNB版は現時点でも取り寄せ可能。興味のある方はお問い合わせ下さい。
   

| TOP | MENU | GIGER'S ALIEN | MASKS | ALIS' BASEMENT | UPTETAS| FOR SALE | BBS | LINKS |