フェイスハガーフェイスハガーマスク
 1979年、DON・POST社は20世紀FOXから『エイリアン』の版権を取得、フェイスハガーマスク、2タイプを試作。そのうち透明アクリルケース入りのフェイスハガー単体、いわゆるプロップタイプは限定で70〜80個リリースされたものの、フェイスハガーが顔に張りついたテストショット版(オン・ザ・マスク)は試作のみに終わり、実際の販売はされませんでした。
 このマスクに関しては、当時、創刊間もない『宇宙船』に、先のプロップタイプを植毛された別マスクに張りつけたイメージ写真が掲載されたため、こちらのタイプも実際にリリースされたと誤解したコレクターを数多く作ってしまったという事情があります。
 かくいう私もその口で、後年、マスクコレクターのキヨハラ氏から教えてもらうまでは、てっきりこっちも発売されたものと思い込んでました。(^^ゞ

 原型は、あのロビー2号やシンジェノアを作り出したウィリアム・マローン氏。映画で使用されたものとは別に作られたものですが、マローン氏によれば、20世紀FOXが資料の持ち出しを禁じたため、FOX本社の地下で作業を行っていると、何かの用で来社したギーガーが不意に現われ、作業を手伝ってくれたとのこと。従って、ウィリアム・マローン原型+H.R.ギーガー補作(あるいはその逆?)といった感じでしょうか。

 上は私の所有しているものですが、残念ながらオリジナルではありません。実はこのマスク、諸事情があってモールドが流出しているため、たぶんPOSTのモールドを無断で使用したコピー品だろうと推測していますが、詳細は不明。
 未塗装で入手、エアブラシで自分でペイントしたものなので、出来はこんな程度。これでも頭部とフェイスハガーを完全に塗り分けるためのマスキングに6時間もかかった上、2度も塗り直しをやってます。まぁ、結構気に入ってるんですが。(^o^)>
 
映画のシーンをそのまま再現しただけですが、シュルレアリステックなイメージは強烈で、今見てもコレクター心をそそる傑作マスクだと思います。

MASKS
return to menu