● クリックすると画像が拡大されちゃいますだおかだ。 ●


おお、カッチョええ!

側面からのバランスもgood!

後姿もステキ

ありゃ、、、

まぁ、いっか、、、
  エイリアン20周年やらエイリアンVSプレデターの公開やらの影響か、このところエイリアン、プレデター関連アイテムのリリースラッシュが激し〜く続き、もはやいちいち付き合っていられないレベルになってきた今日この頃。たとえ安価な食玩であってもシークレットだのシリーズ2だの3だのと続くと、嬉しい反面、フルコンプするだけでもかなりの出費を強いられ、もはやフトコロはハンベソ状態。 "銭金" に登場する貧乏人とどっこいどっこいの経済状態の管理人は最近苦戦続きでありんす。
 で、上記エイプレブームの影響はマスクの方にも波及してきたようで、このところ、プレデターのマスクがいくつかリリースされております。上に写真を掲げたものがそのひとつで、カナダのスゴ腕プロップメーカー、P・マンダー製作によるディスプレイヘッド。この原型師さんはエイリアンも造ったりしているようだけれど、特にプレデターを得意としており、そのコダワリはかなりのもの。スーツ一式造ってしまうのも朝メシ前、しかも電気系統も得意分野らしく、アニマトロクスで口が開閉したりと、技術力も半端ではない感じ。
 管理人の入手したバージョンはオリジナルアレンジの加わったディスプレイタイプ。種類は他にオリジナルプレデター、プレデター2の全3種有り、タイプもこのディスプレイの他にマスクバージョン、アニマトロクスバージョンがあります。材質はラテックスで、キバはレジン、ドレッドは袋状にしたペーパータオル風の素材にウレタンかフォーム状のものを詰めるという変わった手法で処理されており、これならドレッドが劣化して溶けるということはなさそう。ちなみにトゲはゴム製のパーツを使ってるようです。
 今回入手のバージョンは”ディスプレイタイプ”ということで後頭部のドレッドの下が省略され、ドレッドを持ち上げるとマスクの内側が見えるのがちょっとイヤンな感じではありますが、まぁ見えない部分なのでさほど気にはなりません。特筆すべきはこの原型師さんがプレデターを良く研究していて、顔の表情がどれも獰猛・凶悪に出来てるところ。いや、ガレキなんかで結構お間抜けな表情のを見かけますが、この出来ならほぼ満足できるレベルではないでしょうか。^^
 とゆーことで、手ごろなお値段の1分の1プレデターをお探しのアナタにオススメの逸品。当サイトで扱うかどーか現在思案中。(2004.2.28)
   

| TOP | MENU | GIGER'S ALIEN | MASKS | ALIS' BASEMENT | UPTETAS| FOR SALE | BBS | LINKS |