リーガン

リーガン

 ホラー映画の大ヒット作『エクソシスト』(1973年)の悪魔に憑かれたリーガン。
 公開当時、この映画の評判はかなりなもので、世界的なオカルト映画ブームの火付け役となりました。まだ一般に特殊メイクに関する認識も薄い時代だったので、ギリギリと180度回転するリーガンの首を見て「あれはどうやって撮ったんだ」などという会話が明るくなった館内のそこかしこで囁かれたりしてましたっけ。なんでもかでもCGで可能な時代になり、画面で何が起こっても驚かなくなってしまった今から思うと懐かしい時代です。

 写真のマスクはこの業界の大物原型師、ヘンリー・アルヴァーツが造型した特注限定品。さすがに人物を造らせたら腕は確かで、雰囲気満点。もともとは蝋人形館展示用の全身モデルの頭部をラテックスで抜いたものらしく、かなり小ぶりなマスクです。黒ずんだ舌がなかなか良い感じなのですが、肌の隈取ペイントはちょっとやりすぎかも。80年代後期の作で、絶版。

MASKS
return to menu