Dawn of the Dead Roger
ロジャー


“ゾンビ”ロジャー バストモデル
(ジェレミー・ボア原型)
裏側
なんと底はボール紙。ジェレミー!
後姿
誰だかわからん。
 G・A・ロメロの『ゾンビ』(“Dawn of the Dead”1978)ヒット以降、あちらこちらで無数に作られたゾンビ映画。しかしながら、『悪魔の墓場』『サンゲリア』といったごく少数の例外を除けば、大半は適当なストーリー、へたくそな演出、ご都合主義の連発といった按配で、おおよそ箸にも棒にもかからないシロモノばっかりでした。
 それらのエピゴーネンが、いわゆる“Z級映画”のマニアの方々以外には酷く退屈なのは、ひとつには出てくる人物がプロトタイプで魅力に乏しいというのがあります。
 なにしろ製作側は適当にゾンビをあしらって、手っ取り早1本作っちまおうとしか考えてなかったりしますから、まぁ、仕方のないこってす。(^^A

 その点、本家『ゾンビ』では、それなりにリアリティのある人物造型がなされ、きびきびした演出と相俟ってなかなか効果を挙げていたように思います。
 特にスコット・H・ライニガー扮するスワット隊員ロジャーの控えめなカッコ良さは印象深く、今でも根強いファンが多いのも頷けるところ。ゾンビ化してピーターに引導を渡されるシーンでは、さぞや涙された方も多いのではないでしょうか。

 というわけで、上はそのゾンビ化した哀れなロジャーを再現した限定バスト・ディスプレイ。デス・スタジオでもお馴染みのジェレミー・ボア原型・製作で、若干、造型がカタイ気もしますが、チェックのシャツ付で雰囲気は中々です。
 塗装は全体にグレー1色で、眼はブラウン、髪の色は黒。コストを下げるためかベースにはボール紙(!)が使用されており、内部もフォーム詰めにはなっていないようなので、自重によるヘタレが心配。保存には十分気を使いたいところです。
 ちなみに私のは製造番号002。どうせなら1番が欲しかったんですけどね。(^^;

 ともあれ、ロジャーファンはもちろん、ゾンビ・コレクター、ロメロファン必携でしょう!


2001.4.7

MASKS
return to menu