シークリーチャー
シークリーチャー
“シークリーチャー”ディスプレイ・ヘッド
(ロバート・ロウディッシ原型・製作)
おヒゲでちゅ。
触角とヒゲは別パーツらしい。
豪快かつ繊細な職人技が嬉しい逸品。
カップルでちゅ。とっても仲良しでちゅねー。
密談中(?)のメタルナとシークリ。
並べるとボリュームと迫力はかなりのもんです。
 1950年代から60年代にかけて、アメリカ映画はSFホラー映画花盛りの頃で、いかに珍奇な怪物を繰り出して映画館(こや)に客を呼び込むかを競っていたようなところがありました。そこでは半魚人メタルナミュータントのようなデザイン的にも優れたキャラから、ビーチに集う水着のお姉ちゃんを襲うわけ分らんトホホなおやじモンスターまであって、まさにごった煮的活況を呈していたわけです。

 そんなモンスター登場に一役買っていた人物の一人が、大頭人の項でも取上げたポール・ブレイズデルでした。

 ブレイズデルは『金星人地球を征服』の金星ガニ、『暗闇の悪魔』大頭人『海獣の霊を呼ぶ女』に登場するシークリーチャー等で独特の造型センスを発揮し、ファンの間では未だに根強い人気があるようです。
 中でもシークリーチャーは、ブレイズデルの他のキャラとはちょっと趣向の違う変わり種で、記憶に残るモンスターのひとつ。金星ガニや大頭人のようなエイリアンとは違って、催眠術によってヒロインの肉体に蘇らされた太古の魚族の霊と言う設定、しかも全身ウロコのヒゲ面で"女性"というのは、当時としてもけっこう新機軸だったのではないでしょうか。

 ストーリー自体も怪しげな雰囲気濃厚。登場する催眠術師はなにやらヨーロッパにおけるメスメリズムの余波を未だに感じさせるようなカリスマで、スケスケのガウンをまとったヒロインの耳元にくっ付かんばかりに術をかける姿はいやらしくも妙にエロティック。そんな意味でもなかなかに興味深いものではありました。

 モンスター造型そのものは、55年の『百万眼の目を持つ刺客』に出てくるエイリアンに似た感じで、頭部は触角とヒゲがちょうどXを描くように配置され、造形的にもバランス良くまとまっています。
 ブレイズデルは造型ばかりでなく自らがモンスタースーツに入って演じてもおり、『エイリアン3ばったもんで自らスーツに入ったトム・ウッドラフ・JRなどに早くも先鞭をつけていると言えるでしょう。

 シークリーチャーは、我が国ではビリケンのフィギュアになったことで一部でお馴染みになったようなモンスターですが、60年代のSFTVシリーズ"アウター・リミッツ"に良く似たキャラ(写真左)が登場したりするなど、アメリカではほのかなノスタルジアとともに語られるような種類のキャラクターなのかもしれませんね。

 ロバート&キャシーさて、上に掲載した写真のどデカいマスクは、ドン・ポスト・スタジオの原型師だったロバート・ラウディッシ(写真右の左の人物。ちなみに右の女性はキャシー・サープ)が89年に製作した限定特注品。細かいカラーリングまでオリジナルを忠実に再現したもので、ポール・ブレイズデルの怪物造型のエッセンスを堪能できる逸品。生産数はわずか10体あるかないかの珍品中の珍品で、かの超絶コレクター、キヨハラ氏(毎度お世話になってます<(_ _)>)のお宅にしばらくあったものが、ゆえあって管理人のウサギ小屋にお輿入れした次第。
 塗装は全体にグリーン、鼻の辺りはパープル、目は黒、瞳はオレンジと赤で描かれており、なんとなく往年のTV『まぼろし探偵』(←古いです^^;)を彷彿とさせるユニークな顔をしております。
 リキャストのメタルナ・ヘッドとほぼ同サイズという、とにかく大きなマスクで、迫力も十分。大頭人ヘッドと並べるとまさに50年代B級SFの世界が広がってくる感じで、到着以来、管理人の大のお気に入りとなりました。
 シークリーチャーのマスクには、これ以外にキャシー・サープ原型のものなどもあるようですが未見。いずれにしても50年代SF好きには発狂もんのアイテムと言えるでしょうね。^^

2001.11.4

MASKS
return to menu