物体X

物体X

 SFホラーの古典『遊星よりの物体X』(1950)に登場する物体X。監督はクリスチャン・ナイビーといういまいちマイナーな人ですが、名匠ハワード・ホークスが実際の演出をしたといわれるだけあって、映画の方は今見てもサスペンスフルな傑作でした。冒頭、氷原に船尾だけ出して墜落した宇宙船の大きさを隊員が輪になって暗示するシーンひとつとっても、的確でセンスの良いアイディアに感心したもんです。
 ちなみに、物体Xを演じたジェームス・アーネスは、人気TVシリーズ『スパイ大作戦』でフェルプス君を演じたピーター・グレイヴスの実の兄。そう言えばちょっと似てますな。

 写真のマスクはドン・ポストの原型でもお馴染みのキャシー・サープ造型による限定特注品。塗装色は全体に薄いグリーンで、瞳は血の滲んだような赤。頭の後ろのミミズ腫れ(?)もしっかり再現してあります。リリースは92年頃で、すでに絶版。かつてビリケン商会から出ていたガレージ・キットとペアでコレクションしたいところ。

MASKS
return to menu