日記

3月31日(日)
 ああああああ、ドロシーがーーーー!!!
 ファイアーエムブレム封印の剣、第7章の闘技場で、3時間かけてキャラのレベル上げをしまくってた努力が一瞬で無駄になって、放心状態の私です。このシリーズの常識ですが、死んだキャラは生き返らないんで、一人でも死亡したら即リセットです。悔しいけど、そこがまたこのシリーズの魅力ですからねえ。
 てな訳で、サクラ大戦4限定版は当分未開封のままです。

3月30日(土)
 プロ野球開幕です。我らが近鉄は中村の活躍で快勝。幸先のいいスタートを切りました。まあ、連続優勝なんて、大それたことは別に考えてないんで、今年は最後までAクラスに留まってて欲しいです。弱気ですねえ。巨人ファンの常に優勝して当然という感覚って、本当凄いですね。

3月29日(金)
 私が心待ちにしてたゲームファイアーエムブレム 封印の剣任天堂)の発売日です。私はローソンで限定版を予約してたので、仕事を無理矢理定時で終わらせて、買って帰りました。
 まだ、そんなに進めてないんですが、いい感じです。でも、やっぱりTV画面で落ち着いてプレイしたいなというのが、正直なところ。ゲームキューブに繋いでTVでGBAのゲームをプレイ出来る周辺機器があったらなあ・・・。まあ、ゲームキューブを買う気はないんで、余計な物欲を刺激されない方がいいんですけどね。

3月28日(木)
 社民党の辻本議員は国会議員を辞職することになったようです。私としては、今回の秘書給与流用事件を期に、社民党(あるいは、他の左翼系野党)の政治資金の流れを、白日の下に晒すことになるかもしれないと、注目していたのですが、辻本議員一人の責任問題ということで、決着してしまい、非常に残念です。
 社民党や共産党、あるいは親中派と呼ばれる自民党左派は、外国からの資金援助を受けていると、私は素朴に信じています。(
具体的には、対中ODAや北朝鮮への食料・資金援助からのバックマージンを日本のゼネコンへの工事発注などを通して受け取っているということ)辻本議員があっさりと議員辞職の道を選択したのも、(穿った見方とは思いますが)、社民党の資金調達ルートを調査されることを未然に防ぐために、詰め腹を切ったというように思います。
 まあ、私自身の感情としては奇麗事を述べるだけの社民党には心底うんざりしてるんで、出来ることなら、辻本議員だけでも永遠に国会議員に復帰しないでほしいものですね。

3月27日(水)
 ワークシェアリングって、泥棒がお金を山分けするっていう意味もあるんですね。先日、辻本先生にTVで教えて貰いました。

3月26日(火)
 

3月25日(月)
 

3月24日(日)
 休日出勤で今日もお仕事です。サクラ大戦4がしたいよ〜といいつつ、今日もティアサガセカンドプレイをしてます。やっと第一次編成を経てホームズ編に突入です。

3月23日(土)
 とある事情で、インターネット上でア○ウェイを研究中。あちこちのHPをチェックしました。その中でも、○ムウェイから抗議されたという、この架空会員サイトがよかったです。昔よく飲みに行ってた新大宮にこんな人がいたなんて!!(いないんだけどね)
 何で、こんなこと調べなきゃいけないんだか・・・。
 ちなみに、一番知りたかったのはアム○ェイが国連から表彰されたという情報の真偽とその理由。一応、表彰されたこと自体は本当のようですが、理由は別にアムウェ○の製品が優れてるからなどということではなく、北極の探検隊への資金援助(と再生資源の活用)によるものらしいです。長野五輪のスポンサーにもなってるみたいで、アムウ○ェイは企業としての売名活動はかなり熱心なようですね。

3月22日(金)
 

3月21日(木)
 そろそろ、桜の花も咲き始めてますね。もうまさしく春って感じです。てな訳で、今日はサクラ大戦4〜恋せよ乙女〜の発売日です。たまたま、日本橋に行く用事があったので(一応本当)、サクラの新作を求める行列に加わって限定版をゲットしました。
 まあ、しばらくは休日が仕事で全部潰れそうなんで、プレイするのは先の話になりそうです。そもそも今日にしたって、職場の用事のついでに購入したんですけどね。

3月20日(水)
 疑惑のデパート鈴木議員に続いて、社民党の辻本議員も秘書に支払われる給料に対して不正があったのでは、ということで自民党から告発されるようです。
 私としては、そんなどこの代議士でもしてそうな微罪はどうでもいいから、是非とも北朝鮮、中国、そしてアメリカといった日本への干渉を目的とした国家からの資金を不正に受け取っていないかを調べて貰いたいです。
 社民党や自民党左派(右派もか?)がこれらの国々から怪しげな献金を受けているという黒い噂を、私は
証拠も無しに信じてるんですが、一度こういった国外からの資金ルートにメスを入れて欲しいものです。もしこれが本当だとしたら、日本国内の企業から献金を受けることより、遙かに重大な国民への裏切りです。
 どちらにしても、結局真相はうやむやになるんでしょうけどね。

3月19日(火)
 

3月18日(月)
 一応、今日でこのHPも2周年だったりします。だからと言って、何もないんですけどね。最近、仕事で疲れ気味です。

3月17日(日)
 

3月16日(土)
 

3月15日(金)
 

3月14日(木)
 

3月13日(水)
 

3月12日(火)
 

3月11日(月)
 

3月10日(日)
 ティアリングサーガ、やっとクリアーしました。70時間もかかったよ。しかも、リセットで無駄にした時間も数十時間はあるし、社会人って暇人なんですか?てな訳で、こんなの書きました。

3月9日(土)
 近所のローソンでファイアーエムブレム 封印の剣 DXパック任天堂)を予約。今、サクラ大戦4〜恋せよ乙女〜セガ)と並んで、私の心の中だけで最も期待されているゲームです。
 ところで、ローソンでは予約をする時に、前金をあらかじめ全額支払わないといけないんですが、たまたま現金を持ち合わせていなかったんで、カードで支払いを行いました。
 未だによく分からないんですが、ローソンではカードで精算をする客にサインをさせないんでしょうか?店員がサインを求めてこなかったんで、確認したら必要ないですとの素っ気ない返答。カードなんて、持ってるだけで、年に2〜3回ぐらいしか使わないんで、今一システムを把握してないんですが・・・。

3月8日(金)
 

3月7日(木)
 

3月6日(水)
 

3月5日(火)
 ティアリングサーガ(エンターブレイン)もやっと、最終面まで到達。後はクリアーするだけです。このゲームもドラゴンクエストZ(エニックス)なみに時間かかってます。発売日に購入してるから、ここまで来るのに約10ヶ月です。
 ふと、思い立ってMAP1をしてみたんですが、3回続けてサーシャが死んでゲームオーバー。初めからこんなに難しかったのかと、今更ながら美々ってます。ただクリアするだけなら楽勝だけど、皮の盾を全て温存した上で、どうでもいい野郎キャラに経験値を与えないようにクラスチェンジするまでは最弱キャラのサーシャだけで、ステージクリアしようとしてるからですけど。

3月4日(月)
 新聞にスイスが国連に加盟するって記事が載ってて、びっくりです。国連に加盟しないと世界から孤立するから、というのが理由みたいですが永世中立国という国策には根本的に無理があるんでしょうかねえ
 まあ、国連が中立な機関じゃないのは誰が見ても明白ですもんねえ。今後、他国への制裁決議なんかがあったときに、スイスがどういう態度を示すのかちょっと興味がわきます。

3月3日(日)
 たまたま、近所のダイエーに行く用事があったので店内の書店に足を運ぶと、雑誌コーナーにマーダーケースブックの本立てが使ってあってびっくり。世界(主にアメリカ)の殺人鬼を毎週紹介していた雑誌で、ちょうど就職活動をしてるころに愛読していた懐かしい雑誌です。未だに我が家にはマーダーケースブックの最終号までの8割ぐらいは残ってたりします。
 はっきり言って毎週愛読していた人間の目から見ても、悪趣味な本だとは思うんですが、人が連続殺人に至る心理が理解できて、マジ勉強になりました。
 性的衝動による連続殺人、いわゆる快楽殺人とは中毒のようなもので、彼らは命がけで殺人を繰り返します。警察に逮捕処刑されるかもしれないという恐怖を乗り越えて、性的衝動を殺人(とそれに伴う性的快楽)によって解消するんですが、絶対にその衝動は満たされることなく新たな殺人を引き起こすという事例を山ほど見ることが出来ました。
 以前、兵庫県であった酒鬼薔薇聖斗と名乗る中学生が起こした小学生殺害事件なんかは典型的なこの快楽殺人の構造に当てはまります。
 これを読んでると、アメリカには(つーか日本にも)こんな快楽殺人者がゴロゴロいてるのかな、と素朴な恐怖を感じちゃいます。この本を読んでたら、若い頃の犯罪者は少年法によって更正出来るという意見には全く賛成できなくなりますね。去勢でもして、宦官にするんならもしかしたら可能なのかな?

3月2日(土)
 SPAではかつて小林よしのりのゴーマニズム宣言が連載してたんですが、今はだめんずうぉ〜か〜(倉田真由美)という、どーしようない駄目男に惹かれる女性の心理を描いたマンガが連載してます。こう書くと真面目な固い話に思えますが、実際はギャグマンガなんで、寝ころんで読んでてもノープロブレムです。
 たまたま、本屋さんに行ったら、新刊が売ってたんで、じっくり読んでるところです。読んでて思うのは、男性にしろ女性にしろルックスがいいということは、他の欠点を大概カバーするんだなあということ。しみじみします。

3月1日(金)
 

最初に戻る