日記

8月31日(土)
 ジブリの新作映画猫の恩返し見てきました。
 いまいちだという、評判が多かったんですが、私的には楽しく最後まで見れました。主人公のハルちゃんはとっても素敵な女の子でしたよ。特に中盤以降のネコ化したハル様は魅力10倍です。ネコ耳、ネコ尻尾、ネコ肉球のネコ三種の神器を揃えてネコ語をしゃべる姿を前に、私の心はハル様に釘付けでした。
 関係ないんですが今日行ったアポロ(なんて大阪の人しか知らないでしょうが)の映画館の料金に¥1,800もふんだくられたんですが、いくらなんでも高すぎです。ここだけが高いんでしょうか、それとも映画全体が値上がりしてるんでしょうか?昔は¥1,500ぐらいだったと思うんですけどね。
 ちなみに、同時上映のギブリーズはどうでも良かったです。激辛カレーのエピソードはそれなりに面白かったですが。

8月30日(金)
 
ビックリです!!
 18歳以上の筈なのにランドセルを背負ってる双子の姉妹とあ〜んなことやこ〜んなことを出来るということで、ごく一部の世間を震撼させた18禁ゲームはじめてのおるすばんのファンサイト
ローマ帝国の没落(チェインバーズ編)の話題が見れるとは夢にも思ってませんでした。
 ローマ帝国の没落はA・ピレンヌとかE・ギボンの論文の和訳が読めて値段も手頃という、ローマファン必読の書です。これさえ読めば、大きな顔でローマの事を知ったかぶり出来る程度の知識は身に付きます。
 この管理人さんあっさりとローマ史の概略を書いておられますが、メチャクチャ読み込んでるように見えますね。微妙に言いたいことはあるのですが、その辺は見解の相違でしょう。でも、本当はカードキャプターさくらの批評(?)の方がお気に入りだというのは秘密ですよ。

8月29日(木)
 

8月28日(水)
 久しぶりにその時歴史が動いたを見ました。
 浅井長政とお市の次女の常高院(俗名忘れちゃいました)が主役です。姉が豊臣秀吉の側室の淀君、妹が2代将軍徳川秀忠の正室のお郷の方という、戦国時代で最も有名な3姉妹です。
 前々回の大河ドラマ葵徳川三代ではレギュラーとして登場し、(ドラマの中では)超オクテだった徳川家光に女の子をあてがっていたことが、「それが尼さんのすることか!?」と印象深かった人物です。(←どこ見てるねん)
 この番組を見てると、いつ無茶苦茶を言い出すんじゃないかと気が気でないんですが、今回はまあ目くじらを立てるようなこともなく、落ち着いて最後まで楽しめました。
 それにしても、常高院の姉で豊臣秀吉の側室の淀君って、どう評価しても誉めれないですね。豊臣家の舵取りをするべき人間がいなかった事自体が根本の問題なんで、同情の余地はあるんですが。何かマリ・アントワネットとダブってみえます。

8月27日(火)
 

8月26日(月)
 

8月25日(日)
 夏の甲子園大会も無事に終了したお陰で、おジャ魔女どれみドッカ〜ンの放送が再開されました。これで、安心して日曜日の生活が送れそうです。本当に高野連はみんなの楽しみどれみちゃん野蛮で偽善ばかりがまかり通る高校野球のどっちが大事なのかちゃんと考えて欲しいもんです。
 久しぶりに見たハナちゃんは相変わらず素敵でした☆

8月24日(土)
 ああ〜エキドナがああああ!!
 ファイアーエムブレム封印の剣、ようやく17章(イリアルート)まで到達。闘技場でレベル上げをしてたら、バーサーカーの必殺率+30という極悪な職業能力で一撃でエキドナを殺されてふてくされているところです。でも、ようやく激弱の闇魔導士ソフィーアが戦力になりそうなんで、これから再挑戦です。後、ソフィーアの友達の神竜の女の子ファは超かーいいんですが、昔のシリーズのチキにクリソツなのは、多分気のせいです。
 購入してからかれこれ半年が経過しようとしています。ティアリングサーガもクリアーするのに10ヶ月ぐらいかかってるし、仕事をしながらS・RPGをクリアーするというのは、時間がかかるもんです。単に他のゲームに浮気しなかったらいいだけのことなんですが。

8月23日(金)
 

8月22日(木)
 休暇も終わって、久々の出勤。当然の如く机には書類が山積みで電話の嵐を処理するだけで、午前中の業務は終わってしまいました。
 う〜ん、次の有休ってまた来年の夏なんだろうなあ。とりあえず、正月休みに思いを馳せて毎日の仕事を乗り切ろうと思います。

8月21日(水)
 五年ぶりぐらいに甲子園の決勝をTV観戦。昨日に続き明徳義塾の圧勝であっさり優勝決定です。もっとも、途中からはうたた寝しててマトモに見てなかったんですが。最近は地元の大阪勢はなかなか勝ちあがれないんですよね。
 で、甲子園を見ながら天は赤い河のほとりを読み進めてました。最初は花も恥じらう女子中学生だった、主人公ユーリも妊娠→流産という驚天動地(大袈裟)の展開にちょっとびっくり。それにしても、少年マンガ何かとは比較にならない程のお色気シーンには、驚きの連続です。掲載雑誌の少女コミックって小学生とかも手に取る雑誌かと思ってたんですが、違うんでしょうか?最近の女の子は進んでます。

8月20日(火)
 休暇中ということで、今年の夏の甲子園大会、初めてTV観戦しました。見たのは川之江vs明徳義塾の四国勢同志の対決。ミスを連発する川之江に対してそつのない野球をする明徳。1回の攻防を見るだけで、こりゃ明徳の勝ちだと判断してあとはぼーっとしか見てなかったんですが、案の常明徳義塾の圧勝でした。
 ちなみに、午前中の試合はNHK教育のさわやか3組に夢中になってて見れませんでした。未だにさんさんさん太陽のひかり〜♪とか歌ってて20年前と一緒です。懐かしい〜。でも、小学生の演技がダイコンなのは一緒じゃなくてよかったんですけどね。

8月19日(月)
 休み〜♪世間から1週間遅れの夏休み満喫中です。人が働いてる時にグータラ出来るのは人生の幸せです。
 そんな訳でファイアーエムブレム封印の剣の続きをプレイ中。シャミーとティトというシリーズ伝統のペガサス姉妹の支援レベルをAランクまであげたら、2人の仲良しぶりが再発見できてハッピー気分です。

8月18日(日)
 ええー、あんな裏切り方って許されるんですかー!?
 NHKでも近年稀に見る傑作大河ドラマ「利家とまつ」。我らが利家様は恩人柴田勝家を見捨てて、筑前守秀吉に寝返ってしまいました。
 お家の為に日和るべきと主張する家臣を追放しようとし、オヤジ様に敢えて秀吉に仕えよと命じられて涙を流したまでは、いい具合だったのに、オヤジ様に許可を貰った瞬間に本当に秀吉に寝返ってしまうってのはどういうことですか?マジビビリました。あの涙は演技なんですか?確かに史実通りなんですが。
 それに引き替え腑抜けになってしまったとがっかりだったオヤジ様=柴田勝家の潔さはちょっと感動。

8月17日(土)
 今更もいいところなんですが、魔法騎士レイアース(CLAMP)の最終巻を読みました。何故か、これだけ持っててなかったんで、古本屋で発見して購入しちゃいました。
 アニメ版はTVで何となくみてたんですが、マンガ版の終盤の展開って凄いです。


(モコナでかくなってる〜)


(がばああって・・・)

 モコナはこんなキャラじゃないよう(涙)。アニメ版も実際の所よく覚えてないんですが、モコナにこんなことさせてましたっけ?
 CLAMPの作品をそれ程読んだことは実際ないんですが、オチは「何やねんこれは」とい毎度のパターンだったことを付け加えておきます。

8月16日(金)
 

8月15日(木)
 本日は終戦記念日です。昨年は小泉総理がこの日に靖国神社へ参拝すると散々主張しておきながら、結局フライング参拝でお茶を濁して、肝心なこの日からは逃げ出したという日。
 2度と過去の戦争のような失敗を起こさないというの右派左派問わない、日本人の本願だと思うんですが、いい加減に有事法制=戦争を企んでるとか、扶桑社版教科書=戦争を美化しているという、幼稚園児が反射神経で書いた様な記事が朝日新聞に載るのがなくならないもんなんでしょうか?
 少なくとも、朝日新聞の気にくわない主張をする人たちも再び戦争を起こそうなんていう野心は持ってないのは認めて反対しないと、説得力にかけると思います。

8月14日(水)
 

8月13日(火)
 

8月12日(月)
 

8月11日(日)
 今日は高校野球のせいでおジャ魔女どれみドッカ〜ンが放送中止です。そんな訳で日曜なのにハナちゃんに会うことが出来ません。許すまじ、高野連!!
 仕方がないんで、ぼーっとPS2の機動戦士ガンダム戦記をプレイしてます。ゲーセンで流行ってた連邦vsジオンの発展系みたいなゲームで、いい感じなんですが、反射神経が鈍くなってきた私には少々歯ごたえがありすぎます。ファイアーエムブレムみたいに、ゆっくり考えるタイプのゲームでないと、まともにプレイできない年に差し掛かっているんでしょうか?
 「利家とまつ」史実では秀吉に速攻で屈服するという変わり身の早さを見せた我らがチキン利家様が、ドラマの中ではどうするのかわくわくして見てたんですが、勝手に負け戦なんで撤退するだけという、腰砕けな内容でした。オヤジ様こと柴田勝家を見捨てる理屈は来週にならないと見れないようです。

8月10日(土)
 

8月9日(金)
 マジですか!?
 たけしは全然好きなマンガじゃないんですが、こういう時には絶対に出版社は作者を擁護することなく、切り捨てるんでしょうね。集英社は来週発売のジャンプでどんな説明して、連載を打ち切るんでしょう?

8月8日(木)
 何故?
 電話回線を開く事が出来ず、ネット接続が出来なくなってます。ウィルスとかで、ややこしい事にでもなったのかと、OSを再インストールしたりしても原因が不明。
 散々悩んだ挙げ句に、携帯電話で我が家に電話をすると「お掛けになった電話番号はお客様のご都合により使用できません」との、NTTの有名なメッセージが。料金未納で電話を止められてるじゃないですか!?
 いつから、我が家は公共料金も払えない程の貧乏になったのかと、父親を問いただすとNTTの支払いの手続きの都合上、先月だけはコンビニなどで振り込みをしないといけなかったのを忘れてたとの答え。確かに、こっちが悪いけど20年以上も電話契約してる家の電話を問答無用でいきなり止めるなと。この間は仕事に思いっきり差し支える程長い時間、ワン切り業者のせいで電話が使えなかったし、ちょっとNTTへの不信感が高まってしまいます。

8月7日(水)
 

8月6日(火)
 

8月5日(月)
 

8月4日(日)
 ショック。象の世界にもイジメがあります。今週のおジャ魔女どれみドッカ〜ンでは、ハナちゃんと白いイジメラレッ子の象さんとの心暖まるストーリー。
 新シリーズになってから、ハナちゃん以外のおジャ魔女達がちっとも活躍してない気がするのは気のせいでしょうか?ハナちゃんFanの私としてはOKなんですけどね。
 利家とまつは何かダラダラした展開。最終的に前田利家は豊臣秀吉に帰参するのに、オヤジ様こと腑抜けになった柴田勝家との、人情話ばっかり。利家があれだけ涙を流してても、最後はオヤジ様を見捨てるというのは、ドラマ的に宜しくないんじゃないかと、余計な心配をしてしまいます。

8月3日(土)
 島本和彦の出世作炎の転校生を古本屋で購入して読んでます。いい加減極まりないストーリー展開の中にもキラリと光る島本節が見え隠れして、妙な魅力がある作品です。名前しか知らなかった、滝沢キックと国電パンチという必殺技の内容もこれでやっと分かりました。国電パンチはともかく、滝沢キックって、単なるケリにしか見えないけど。

8月2日(金)
 

8月1日(木)
 今日はPL花火です。私の家はマトモにこの花火の見物客がやってくる方向にあるため帰りの電車は地獄の様な混み具合です。大阪で最も混雑してると言われる御堂筋線でも、比較になりません。何年か前には、あまりの混み具合に耐えきれなくなった子供が泣きじゃくってるという現場も目にしたことがあります。
 そんな訳で、仕事は早めに切り上げて帰宅。花火をぼーっと眺めてました。それにしても、PL教団も財政難なのか、年々花火の規模がショボくなっています。といーか、この花火の採算は一体どうなってるのか不思議で仕方がありません。
 

最初に戻る