日記

9月30日(金)
 仕事の疲れを癒す為に、HDレコーダーに録画しているかみちゅを観ようとしたら、昨日の阪神優勝の特番がTVに映ってゆりえ様の姿が見つからなくて、30秒ぐらい放心状態に。_| ̄|○
 
阪神優勝とかみちゅじゃ、かみちゅの方が大事ですよ!!しかも、今回は最終回なのにー。(TДT)
 涙目で公式サイトをチェックしたら、

 >神優勝に伴い関西地区の「かみちゅ(最終回)」放送が休止となってしまいました。
 >つきましては最終回の放送は下記の通りとなります。

 >朝日放送
 >10/6(木)第12回「ちいさな一歩で」最終回  27:01〜27:31

 との記事があったので、とりあえずは一安心でした。ヽ(;´Д`)ノ

9月29日(木)
 

9月28日(水)
 

9月27日(火)
 

9月26日(月)
 ようやく、涼しくなってきましたねー。
 仕事中に、ふと冷静に考えたら2年連続で夏休みがなかった(というか年間通して有休そのものを取っていない)ことに気付いて、超ブルーです。まあ、最悪に忙しい時期は過ぎたんですが、私の勤め先の様な中小企業は、やばいぐらい慢性的に人手が足りないんですよねー。つーか、私の職種と違う専門職の仕事をやらせるとか、基本的にダメというか無茶なんですが・・・。
 それにしても、有休が取れないのは、半ば諦めているんですが、毎年20日の有休がゴミのように消えていくのを見るのは、辛いというか、むかつきます。せめて、有休一日につき5000円ぐらいでもいいから買い取りしてくれないもんですかねえ?

9月25日(日)
 

9月24日(土)
 

9月23日(金)
 

9月22日(木)
 

9月21日(水)
 

9月20日(火)
 この所、精神的に仕事に疲れて慢性的な『仕事辞めてニートになりたい病』に悩まされています。マンガとかで、ストレスで胃がきりきりするというシーンがよくありますが、あれって本当なんですねー。

 そんな訳で、自分で自分を癒す為に、HDレコーダーに録画していたかみちゅを観て心をリフレッシュさせています。アニメ版プレイボールはかなり微妙な出来でしたけど、かみちゅの素晴らしさはそのがっかりを補って余りあります。
 かみちゅは森元総理が言うところの「日本は天皇中心の神の国」というのを体現した傑作アニメです。神様になった女子中学生のゆりえさまが、クラスメイトの四条光恵や三枝祀と共に神様の学園生活を送るというストーリーです。日本的アニミズムというか八百万の神を追求したら、女子中学生の神様も存在するに違いないと確信して、かみちゅの脚本を書いた倉田英之先生もまた神の名に相応しいのではないでしょうか。
 何にしても、戦艦大和について勉強するゆりえさまとか転校先でひとりぼっちが寂しくてなきじゃくるゆりえさまを観てると、こころが洗われますねー。
 既に1巻が発売されているDVDも買うべきか否か悩みどころです。ていうか、マリみてと銀英伝のDVDが、放置プレイなのを観るのが先なのですが。

9月19日(月)
 

9月18日(日)
 

9月17日(土)
 

9月16日(金)
 

9月15日(木)
 

9月14日(水)
 

9月13日(火)
 

9月12日(月)
 一夜明けて、我が家の愛読紙朝日新聞で総選挙の結果を確認。さすがに、300議席には達しなかったようですが、自民党単独で296議席を獲得という圧倒的勝利。

自由民主党 公明党 民主党 共産党 社会民主党 国民新党 新党日本 新党大地 無所属
296 31 113 18

 自民・公明の与党だけで327議席という、本当に憲法改正も可能な絶対多数を保持したというのは、脅威です。現在の先進国の中で、ここまで圧倒的な支持を得た首脳は世界で小泉総理だけでしょう。今回の選挙は、本当に日本史に残る歴史的意義を持つ選挙だと思います。
 この何年かで分かったのが、総理大臣になる可能性がある政治家で小泉総理以外に、本当に改革をやろうと考えている人物は一人もいないということです。民主党を初めとする野党は小泉総理の政策に反対はしても対案は出さないし、自民党の守旧派である旧橋本派や亀井派は旧来の利権や支持母体に縛られていて改革の意志を示すことが出来ない。
 前回と前々回の総選挙での民主党の躍進(と呼んでいいか疑問ですが)は、民主党が小泉総理に代わりうる改革政党であるとの期待があったからなのでしょうが、実際に民主党がしていたことは、牛歩戦術とかの旧社会党と何も変わらない無様な姿でしかありませんでした。日本の経済的な繁栄は失われつつある(あるいは既に失われている)にも関わらず、現状維持に甘んじようとした反動勢力は、自民党の小泉総理や森派ではなく、造反議員であり民主党であり社民党であり共産党であったということに、遅まきながら多数の国民が気付いたというのが今回の総選挙の結果ではないでしょうか。
 私もこれで日本は安心だなどとは思いませんが、少なくとも現状維持ではダメだという民意を示すことが出来たことは、大いに評価すべきだと思います。これからの4年間は、冗談抜きで日本の未来の方向性が決められるターニングポイントになるのは間違いないでしょう。小泉総理にその舵取りを託したことを、10年か20年か先に、良かったと思えるのか、後悔しているのか。まあ、小泉総理以外の選択肢があったとは、私には思えないんですけどね。

9月11日(日)
 居間でうたた寝しつつ衆議院選挙の速報をTVでぼけーっと観てましたが、自民党圧勝ですね。単独過半数ぐらいはいくだろうと思ってましたが、自民単独で300議席にも届きそうとまでは、さすがに予想してませんでした。憲法改正も視野に入れることが出来る程の議席って、マジすげー。
 今回の選挙は小泉総理の信任投票であると同時に、民主党が二大政党の一翼を担える政党かの審判も同時に下されてるんでしょうね。自民党への反対を叫ぶだけで、年金改革も郵政民営化もまともな対案すら出さずに、牛歩戦術とかの旧社会党の悪い部分を継承した姿を見せつけられたことを、有権者が忘れていなかったということなのでしょう。私は民主党への政権交代はあってもいいとずっと思っていて、本当に期待していた頃もあったのですが…。自民以外の選択肢が民主党しかないという、日本の現実はマジで怖いです。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
 それにしても、ホリエモンは落選したんですね。ほっとしたような、残念だったような。

9月10日(土)
 いよいよ、明日は衆議院の総選挙ですね。私は何年も政権交代こそ構造改革であるとの説を信じて、民主党に投票しようしようと思いながらも、西村議員と小沢議員以外の言説がダメすぎて、ここしばらくは自民党にしか投票していません。
 今回も、小泉総理を支持するというより、小泉総理以外に総理大臣になれる可能性があって改革をやる気がありそうな人物が一人もいないからという、消極的な理由で自民党に投票しようと思っています。本当は小泉総理が自派閥の議員を引き連れて離党して、かつて小沢議員がしたように、新政党を作った上で小沢議員らの民主党右派と合流して改革政権を樹立するというのがベターだと思うんですが、そうもいかないんでしょうね。
 それにしても、ライブドアの堀江社長が広島6区で亀井静香と議席を争っているというのは、今さらながら驚きです。承伏しかねる言説(憲法が『天皇は日本の象徴である』というところから始まるのには違和感がある。)は、多々あるのですが、堀江氏の拝金主義というか最後にモノを言うのはカネであるという主義主張は、やはり否定しがたいと思っています。彼が将来の日本のリーダーになるかどうかはともかくとして、堀江社長のような選択肢が日本にもあるということは良いことではないかなと。
 私個人としては、出来れば選択したくはないんですが、堀江氏(あるいはその思想の後継者)を選ばざるを得ない時が遠からず来る気がするんですよねー。

9月9日(金)
 

9月8日(木)
 

9月7日(水)
 落語天女おゆい制作発表

 >ちなみに、同じく本作への出演が決定している桂米助師匠は「我々はもちろんノーギャラです」と語っていたが、真偽のほどは定かではない。

 すげー、米朝師匠まで出演するのか・・・って、米助か。
 でも、この記事を読んで、マジでこのアニメが楽しみになってきました。何だかんだ言っても、落語は面白いですからね。

 >主人公となるのは落語研究会に所属する女子高生・月島唯。

 それにしても、タイガー&ドラゴンが人気だったとは言え、落研のある女子校なんてあるのでしょうか??マリみての私立リリアン女学園にはあるみたいですけどね。

9月6日(火)
 数年単位でほったらかしだった、ローマ皇帝人気投票所と東ローマ皇帝人気投票所を一つにして、新たに作り直してみました。項目数が100を軽く超えているので使いづらいかと思いますが、よかったら投票してみて下さい。

9月5日(月)
 

9月4日(日)
 萌え+落語をコンセプトにしたアニメ落語天女おゆいが、来年から放送されるそうですね。
 凄い相性が悪そうな組み合わせな気もするんですが、ちょっと注目しています。タイガー&ドラゴンと違って、こっちではちゃんと落語を演じて欲しいもんです。
 上方落語協会も、絶対に赤字だろうと確信を持って断言できる定例の寄席を無理矢理立ち上げるとかより、こういう方面のアプローチをしてもいいんではないかなあと。まあ、成功するかどうかは、微妙な気はしますけど。

9月3日(土)
 仕事の用事で神戸方面に行ってました。
 高速に乗ろうと思ったら、阪神高速神戸線の入り口が閉鎖されていたので、仕方なく神戸線の真下を通っている国道43号線を走っていたんですが、前から知ってましたがあの辺の高速乗り口の標識が凄い不親切なんですよね。神戸方面に来るまで行くことがある人は知っているでしょうけど、西宮の近辺では阪神高速“神戸線”と阪神高速“湾岸線”が並行に通っているんですよね。それなのに、高速の乗り口へ誘導する標識には阪神高速の文字しか書かれていなかったりします。まあ、実際には湾岸線を意味するDとかの数字が書いてるんですが、地理に疎い人がそんな番号だけで判断出来るんでしょうか?
 私は何回も通ったことがあるから、今は分かりますけど、昔、神戸線に乗りたかったのに、間違えて湾岸線の深江浜の入り口の手前まで行って引き返したことはあります。今の車には、私のカローラと違ってカーナビが標準装備なんでしょうから、こういう心配は杞憂なのかもしれませんけどね。つーか、カーナビとETCが欲しー。

9月2日(金)
 ここしばらく、死ぬほど忙しい仕事を抱え込んでいるので、帰社の前に現実逃避の為にネットでFlashを検索して眠い目をこすりながらぼーっと眺める毎日です。いや、帰ってから家のパソコンで見たっていいんですけど。
 そんな訳で、私が見て面白かったのを勝手に紹介してみます。

 春よ、来い

 焚(や)かれた人たち〜児童図書の中に住くう魔物たち

 大和心とポーランド魂

 勝利を掴め!〜MS・ザクを造った男達〜

 アンゴラの女王

 こういう、偉大な職人さん達のFlashを眺めていると、自分でも作ってみたいとか、思ってしまうのですが、短くて簡単そうなのでも形にするのは凄い時間がかかるんだろうな。
 アラリックのローマ市占領事件とかなら、台本代わりのテキストぐらいは書けそうだとは思うのですが、作品に仕上げるのは全然別の話なんでしょうね。

9月1日(木)
 

最初に戻る