日記

12月31日(月)
 大晦日ですにょー。もう、すでに紅白も始まっているので、年越しまで秒読みです。
 今年の年末年始休暇は、社会人になって以来初めてとなる9連休という超大型連休。普通のサラリーマンとか公務員だったら、普通なんでしょうけど、中小企業に務める私にとっては奇跡ですよ、本当に。
 そんな訳で、この年末年始休暇は色々とやることを計画中です。
 具体的には、HDレコーダーに溜まりまくってるアニメ(多分30話分ぐらい)を全部視聴、ED目前のアルトネリコ2をクリアーする、買ってきただけで封すら開いていないひぐらしのなく頃に祭りカケラ遊びスターオーシャン1涼宮ハルヒの約束を少しはプレイする、マリみての新刊キラキラまわるを読む、あと自室を多少は掃除するといった辺りでしょうか。
 いや、単なる引きこもりというか、ニート予備軍ですね、はい。
 でわでわ、皆様も良いお年を。

12月30日(日)
 

12月29日(土)
 

12月28日(金)
 

12月27日(木)
 

12月26日(水)
 

12月25日(火)
 

12月24日(月)
 

12月23日(日)
 

12月22日(土)
 

12月21日(金)
 

12月20日(木)
 

12月19日(水)
 

12月18日(火)
 佐世保市の銃乱射事件に関する報道を色々見聞きしてて、ちょっと鬱気分です。
 マスコミの報道が正しいのであれば、この事件をしでかして自殺した犯人は、ろくな仕事に就くこともなく両親の資産を無駄に趣味に費やして、将来の展望が全く見えない絶望の中で、ああいうことをやってしまったんですね。
 何と言うか、本当に犯罪を犯す人と普通の人というのは紙一重なんだなあと。
 私があの犯人のように、ニートで就職できるあてもない中で、親の退職金をせびって遊んで暮らしていたとしたら、凄い苦しい毎日だろうと思うんですよね。趣味に没頭していても、ちっとも楽しくないでしょう。それでこの佐世保市の事件と同じように、私がやけっぱちになって回りに不幸をまき散らして死んでやろうとまで思うかまでは何とも言えませんが、希望がない中でモラルを持ち続けることが可能だとは、ちょっと思えないです。
 少し前に北浜で無職のおっさんが母親の資産に寄生しようとして、その息子から逃げ出した母親の居所を突き止めようとした挙句、弁護士事務所の職員を殺害したという事件があって、職場から近かったので事件現場の見物に行った(←おい)ことがあったのですが、こういう安定した収入を持たない成人があがき苦しんだ挙句に、やらかしてしまう事件というのは、どんどん増えていくと思います。
 ちなみに誤解のないように追記しておきますが、別に私は佐世保市の事件の犯人を許してやろうとかそういうことは思ってないですよ。のうのうと生き延びて、ちんたら10年以上裁判をした挙句、いつまでも死刑が執行されないというようなことにならず、さっさと自殺したのは、こういう言い方もどうかと思いますが、不幸中の幸いではないかと考えています。どんな事情があったのだとしても、やったことに対する責任は取らねばならないですからね。

12月17日(月)
 今日、忘年会を仕事納めの12月28日にするとかいうことを書いた回覧が回ってきました。
 相変わらず、うちの会社の総務はアホやなあ。
 元々今年の忘年会は、今週末に予定していたのですが、あまりにも集まりが悪いので日取りを変更したようなのですが、年末の締め日なんてもっと人が集まるわけがないだろうと。部署によって違うのですが、私の勤め先が所属している業界は、12月は一年で一番忙しい時期で、それこそ大晦日まで吐くほど仕事が詰まっていて当然なのです。そういう職種だということを知らない訳でもないのに、何を考えているんだか。
 毎年、思うのですが忘年会をやるのなら、比較的忙しさがマシな11月にすればいいのに、何で年末に拘っているのかなあ。
 ちなみに、会社の忘年会は会費制ではなくて、給与から半強制的に天引きされる懇親会費から捻出された資金が使用されているので、会社の所属人員の半分以下しか参加出来ないというのは、あまり宜しくないんですよねー。つーか、この天引きシステムは止めた方がいいんじゃないかなというのも、常々思っていることだったりします。

12月16日(日)
 

12月15日(土)
 

12月14日(金)
 

12月13日(木)
 

12月12日(水)
 

12月11日(火)
 今まで全く気付いていなかったのですが、今日、職場の同僚と世間話をしていたら、ここ最近のマスコミを色々と賑わせている某武器商社が私の職場の本社があるのと同じビルに入っているということを聞いて、ちょっとびっくり。
 そうか、あの逮捕されちゃった元専務さんやもしかしたら元事務次官さんなんかとも同じ空気を吸ったことがあるんだなと、意味もなくちょっと嬉しかったです。(←なんでやねん)
 でも、凄い話ですよねえ。マスコミの報道が正しいのであれば、あの専務さんはプライベートの全てを費やして、接待ゴルフをやっていたんでしょうね。皮肉じゃなくて、こういうのが営業マンの鏡だと思います。。私には、そこまで仕事に全てを注ぐとかあり得ないです。
 まあ、後ろに手が回っちゃ、全てが台無しなんですけどね。

12月10日(月)
 今日はサラリーマンが一番好きなものと言っても過言ではないボーナスの支給日でした。
 入社2〜3年目以降、右肩下がりを続けていた私のボーナスも去年ぐらいから回復しつつあって、今回もちょっと期待していたのですが、明細を眺めたら3年前ぐらいの軽く倍以上の金額が記載していて、これは私をクビにする時の退職金の前払いなのかと、素でびびりました。
 ボーナスをたくさんくれるのは嬉しいけど、極端すぎるだろ。(大手企業の社員さんは私のさらに倍ぐらい貰ってそうですけど)
 まあ、これぐらいボーナス出さないと3K職種の最先端を走る我々の業界では、社員を会社に繋ぎ止めることは難しいんでしょね。ちなみに、私が入社した時に10人ぐらいはいた20代の社員は、現状では今年入社した2人だけという寂しい現実なんですよねー。来年は3人ほどの新入社員を採用予定だそうですが、1人残ったらいい方だと思います。
 辞めていったたくさんの同僚たちと、グダグダ言いながらも会社にしがみついている私と、どっちが幸せな人生を歩んでいくことが出来るんでしょうかね?

12月9日(日)
 2週目はプレイしないだろうとか言っておきながら、先週は毎日深夜まで戦国ランスをプレイしまくっていました。
 2週目に謙信ルートをクリアーして、現在は3週目をプレイ中。1週目にはクリアポイントは全く獲得出来ませんでしたが、2週目は86ターンにクリアーして、キャラクリ7名+独眼竜撃破+最大兵数3万人越え+移動動物園+終了時得点いっぱいと、可能な限りの点数稼ぎを頑張って38点のポイントをゲット。基礎点(正史、謙信ルートで各5点)と足して、48点の集会ボーナスポイントを使って、五十六ルートを狙っています。普通にプレイしていたら、終盤にしか仲間に出来ない強力なお町さん(本当は独眼竜を壊滅してさらに正宗のキャラクリが必要)が最初から使えるのは、インチキぽくて非常に楽ちんです。
 以下は使い勝手のいいキャラを適当に羅列しておきます。
まだ、毛利・島津・北条・武田とかのキャラは全然使っていないので、その辺のはよく分かんないんですけどね。

・鈴女
 最初から暗殺2が使えるのが便利。2週目以降はともかく、1週目は彼女の暗殺がないとかなりツライです。固有技のちゅんちゅん手裏剣も地味に使えます。

・小川健太郎
 別に強いとかは思わなかったですが、いないとクリアー出来ないです。途中でレベル99まで上げるのも可能ですので、個人戦になる迷宮戦と正史ルートのラストバトルでは重宝しました。

・お町
 タメなしで全体攻撃が4回も出来る雷撃が死ぬほど強力。初心者の救済キャラ的存在かもしません。あと、ラストバトルとかの対魔人戦で、死なれると即ゲームオーバーのランスや小川健太郎に防御式神をつけるのにも使えたりします。

・一休
 能力的にはどうでもいいキャラなのですが、とんちで大逆転でぼろ負け状態でも勝利に持ち込めるという反則技が使えます。これも、初心者救済キャラなのかな?2週目以降のプレイで、実は仲間にするのが微妙に難しいキャラだと気付きました。

・上杉謙信
 軍神の威光(謙信ルートだと帝の威光)で、敵ユニットの行動力を最初からマイナスしてくれるのが、超便利。同じく行動力を削るウルザの精密射撃とのコンボで、半分ぐらいの敵を無力化出来たりします。

・ウルザ
 全体攻撃+行動力削りが可能な精密射撃があることに1週目に気付いてなかって、後で後悔しました。謙信と一緒に出撃させれば、終盤近くでも主力キャラとして使えます。

・油娘道三
 多分、無理に使わなくてもいいキャラだと思いますが、兵数さえ上げておけば、妖怪退散で独眼竜の強力な妖怪部隊も一撃で倒せたりします。あと、活動転換で行動力がなくなった味方ユニットに行動力を与えることが出来るのが、地味に便利でした。

・柚原柚美
 2週目の主力選手。狙撃+射撃で、終盤に出てくる2000〜3000の兵数を持つユニットでも、瞬殺可能。いつも、道三ちゃんの活動転換を使って、戦闘の度に2〜3部隊を撃沈させてました。

12月8日(土)
 

12月7日(金)
 

12月6日(木)
 

12月5日(水)
 

12月4日(火)
 

12月3日(水)
 

12月2日(日)
 すんごい今更ですが、昨年の12月に購入して2〜3日プレイしてから放置状態だった戦国ランスを引っ張り出して来て、正史ルートをクリアーしました。
 このゲーム、信長の野望をアリスソフトの看板タイトルのランスシリーズに置き換えたような設定になっていまして、本家の如く日本(この作品ではJAPANという架空の世界になっていますが)の統一を目指して、国取りゲームを進めていくことになります。
 これがまた辛く長い戦いでした。
 序盤は色んなことをあれこれやりつつ、大作の名に負けない凄い量のイベントをこなしていくのが楽しかったのですが、途中で魔人勢力が登場してからが、何か微妙な気が・・・。せっかく一生懸命国取り合戦をして日本の半分ぐらいを支配した所で、魔人が残った勢力を全部吸収してしまって、国取りSLGの形式にしてた意味が台無しになってしまうんですよねー。去年に投げ出してしまったのは、師走で普通に忙しかったのが最大の理由ですが、この辺がどうも納得出来なかったからなのですが、2周目以降が楽しいと聞き何とかクリアーだけはしました。
 それとCPUが、ずるいんですよ。魔人の城を攻め落とそうと思ったら、凄い大軍が守っていて、しかも2〜3部隊を壊滅させたと思って、同じターンにもう一回攻め込んでも普通に回復していやがります。昨日の晩にいくらやっても勝てないんで、本気で諦めかけましたが、放置していた独眼流正宗配下のお町さんを仲間にして全体攻撃の雷撃が使えるようになって、辛うじてクリアーにまで持っていけました。後、一休さんのとんちで大逆転(制限回数あるんですよね?)がなかったら、本気で挫折していたと思います。
 2週目も頑張りたいところですが、また、師走の忙しさにかまけて、忘れてしまいそうです。

12月1日(土)
  

最初に戻る