日記

2月28日(水)
 

2月27日(火)
 

2月26日(月)
 

2月25日(日)
 

2月24日(土)
 

2月23日(金)
 職場の朝礼で、今日、新入社員の面接をするとの報告がありました。私の職場の年齢構成はすさまじく偏っていまして、現在、20代の社員というのは一人もいなかったりします。社員の募集は常にしているんですが、昔で言うところの3Kそのものの職場環境が敬遠されて、滅多なことでは入社する人がいないですし、入社したとしても数年で退職してしまってばかりなんですよね。
 ちなみに、私が新卒で入社した時には、私や同期を含めて20代の社員は10人いたのですけどねー。
 で、今日の面接がどうだったか、面接官を務めていた人に聞いてみたんですが、3K+土日祝日なし、代休はあっても実質使えないということを婉曲的に伝えたら、嫌そうにしてたそうで、多分、入社してくれないだろうとのことでした。まあ、そんなところでしょうね。
 私の勤め先は、条件のいい会社とはお世辞にも言えませんが、仕事そのものはやりがいも達成感もあるというのは、フォローとして言っておいてもいいかと思います。あと、別に人に後ろ指を指されるような、人間として恥ずかしい仕事ってこともないですし。

2月22日(木)
 このソフトをプレイする為にWiiを購入したと言っても過言ではない、本日発売のファイアーエムブレム暁の女神をゲットしましたー。ひぐらしのなく頃に祭も衝動買いしそうになってましたが、限定版が売り切れだったので、こっちは別の日に中古屋さんを探そうと思います。
 近頃、仕事が忙しすぎてあまり事前にゲーム雑誌とかのチェックが出来てなかったので、いきなりのプレイ。初っぱなに前作の蒼炎の軌跡のクリアーデータの引き継ぎがあってびっくり。先月にガシャポンウォーズを遊ぶ為に、GCのメモリカードを突っ込んでなかったら、気付かずに進めてしまってましたね。
 とりあえず、序章をさくっとクリアーして1章で適当に突撃していたら、2回続けてエディがザコの代表選手とも言うべき斧使いに殺されてしまいました。
 前作の蒼炎の軌跡は、えらく中途半端なエンディングで伏線が投げっぱなしでしたので、この暁の女神ではきっちりと結末をつけてくれるのでしょう。とりあえず、幼女のマムクート(イナの子供とか)の登場を希望します!!

2月21日(水)
 

2月20日(火)
 

2月19日(月)
 

2月18日(日)
 

2月17日(土)
 

2月16日(金)
 

2月15日(木)
 

2月14日(水)
 

2月13日(火)
 

2月12日(月)
 

2月11日(日)
 ごめん、フレデリカ……
 ごめん、ユリアン……
 ごめん、みんな………………

 昨晩から、TVの前にかじりついて、途中までは観ていた銀河英雄伝説の第3期DVDを視聴完了しました。この第3期は、銀英伝の中でも一番お気に入りで、もうみどころが満載でした。回廊の戦い(前編・中編・後編)から、ヤンの死を描いた魔術師還らずを経て、ラストの八月の新政府(ニュー・ガバメント・イン・オーガスタ)までは、全てのエピソードが素晴らしいとしかいいようがなかったです。
 回廊の戦いって、初期のアスターテやアムリッツァといった銀英伝ファンならずとも耳にしたことがある会戦と違って、ファン以外は絶対に知らないでしょうけど、アニメではこの艦隊戦だけで3話も費やしているんですよね。バーミリオンの戦いやダゴン星域会戦なんかも、前後編で2話かけて描かれてたりと、原作ではある意味おざなりな艦隊戦が格好良く楽しめるのもアニメならではです。回廊の戦いで戦死するフィッシャーなんかも、原作の小説では艦隊運用の名人で有能だという描写こそありますが、どの辺がそうなのかいまいちよく分かりませんが、アニメ版だと艦隊戦の度にフィッシャーが細かい艦船の動きを指示するといった描写が頻繁にあったり、原作の隙を巧く埋めているなあと感心します。
 また、ユリアンがヤンの死に激情してテロリストの頭に何度も何度も斧を叩き込んでマシュンゴに宥められたり、訃報に絶望したポプランがアル中みたいになってしまったりとか、民主共和制という思想(システム)を理想視しているのはヤンだけで、大半の将官はヤン・ウェンリーというカリスマに惹かれているだけだというのがよく分かります。
 ああ、それと、当時はそんな言葉は存在しませんでしたが、カリンって思いっきりツンデレですね。モロにカリンがデレデレしてるシーンは第4期でもなかったかと思いますが、最初はユリアンに向かって勝手にツンツンしてたのに、いきなり仲良しさんモードになってしまったのを観て、ちょっと吹き出しそうになってました。でも、私がユリアンなら、カリンの100倍以上魅力的と思われるシャルロット・フィリスを選ぶんですけどねー。

2月10日(土)
 夕食後、TVを観ていたら最近流行なのかよく分かりませんが、時々見かける団塊の世代をテーマにした番組が放送されていました。世代論って、正直な所、星座とか血液型の占いみたいに、そのカテゴリーに属する人みんなをおしなべて評価するのには向いてないというか、一種の戯言なんじゃないかと思っているんですが、それにしてもこういう番組で目にする団塊の世代の人たちの自惚れっぷりには度肝を抜かれます。
 私もその時代を生きた訳ではないですけど、戦後日本の高度経済成長を支えたのは、戦争から復員してから働いていた昭和30〜40年頃に課長なり部長なりだったような人たちなんじゃないかと思うんですよね。団塊の世代(当然、私の世代もですが)って、現在80歳以上になるこの世代の人たちが築いたシステムに、単に寄生しているだけと言われても反論出来ないんじゃないかと思います。
 それに全員がそうだとは言いませんが、団塊の世代って太平洋戦争を指導した(あるいは単に従軍しただけの)世代を、悪し様に罵ってるのに、翻って自分たちの世代の失敗を反省しているような素振りが全くといっていいほど見えないんですよね。団塊の世代だけの責任とは思いませんが、連合赤軍事件に至る学生運動に没頭したりとか、北朝鮮の拉致被害者の問題とか、普通なら真摯に反省すべきことはいっぱいあるんじゃないでしょうか?
 まあ、番組上のアンケートの結果では、団塊の世代は下の世代にすげー嫌われているみたいで、いくら自画自賛していても、評価するのは他の世代になるんですよね。30年ぐらいしたら、団塊Jrと呼ばれる我々の世代も、その頃の新入社員達に煙たがられているんでしょうかね。

2月9日(金)
 久々に、明日からの3連休に備えて今日は自主的にノー残業デイにしようと思っていたら、長期の出張先から戻ってきた同僚に飲みに行くぞと強引に連れて行かれてしまいました。
 その飲んでいる席で話題になったのが、私が務めている会社の査定です。昔は、年功序列で役職や職位で一律にボーナスの額は決まっていたのですが、5年ぐらい前からは、上司の査定によるプラス(まずないと思うけど、もしくはマイナス)と特に業績を挙げた社員には社長賞という形でボーナスに上乗せを貰えるようなシステムが採用されています。
 で、我々が不満というか文句を言っていたのは、社長賞なのですが、これ誰がいくら貰っているのか公表しないんですよね。でも、大した規模の会社じゃないから、実際は噂で(それこそ本人から)誰が社長賞に選ばれていくら貰ったかというのは、嫌でも耳に入ってくる訳です。
 何で堂々と公表しないんだと。そりゃ、横領した社員を処分しましたみたいなことなら余りおおっぴらには出来ないでしょうけど、会社に貢献した社員に賞を与えることを秘密にする意味が理解出来ないです。公表出来ないんだったら、こんなのやめたらいいのにと普通に思います。
 昨日今日に気付いたことでもないですが、私の勤め先って本当にしょうもない所だなーと、自分もそのしょうもない所にしか就職出来ない程度の人間なんだなーということと併せて、しみじみグチグチ言ってました。

2月8日(木)
 

2月7日(水)
 

2月6日(火)
 

2月5日(月)
 

2月4日(日)
 本日より放送が始まった新番組yes!プリキュア5(ファイブ)を視聴。言わずとしれたプリキュアの新作アニメです。
 前シリーズまでの3作は、ふたりはプリキュアというタイトルが示していたように、2人のヒロイン(=プリキュア)を中心としたストーリーが展開されていましたが、今作ではセーラームーンのようにヒロインが5人になっていて、もはやプリキュアの新シリーズというより、全く違う作品になりそうな気が…。
 今までのプリキュアの第一話というと、2人のヒロイン(なぎさ&ほのか、咲&舞)が運命の出会いを果たし初めてプリキュアに変身するという黄金パターンが続いていたのに、このプリキュア5での第1話では主人公らしきのぞみ(キュアドリーム)だけが、プリキュアに変身していました。今までのプリキュアだとヒロインの二人の扱いは等価でした(Max Heartはひかりが主人公と言えなくもないですけど)が、今作は明確にのぞみをメインヒロインとして描こうとしているようです。
 何はともあれ、おジャ魔女どれみシリーズに並ぶ4年目に突入したプリキュアの新作はこれからも要チェックです。
 あと、今年の新作アニメではロリロリ言いまくっているセイントオクトーバーが一押しです。

2月3日(土)
 

2月2日(金)
 Wiiのバーチャルコンソールでダウンロード可能になったファイアーエムブレム聖戦の系譜をプレイする為に、仕事からの帰宅途中に古本屋さんで攻略本をゲットしてきました。
 Wiiをネット接続出来る環境があれば、昔のファミコンやスーパーファミコンはもちろんことメガドラやPCエンジンのソフトまでが、(有料ですが)ダウンロードしてプレイ出来るんですよね。まだまだ、タイトルは少ないですが、あんまり売れなくても任天堂の損害が大きくなることもないでしょうから、そのうち色んな作品が遊べるようになることと思います。
 銀河お嬢様伝説ユナ2がダウンロード出来るようになったら、ダウンロードして久しぶりにクリアーしてみようかなあ。

2月1日(木)
 

最初に戻る