日記

6月30日(月)
 職場の近所のうどん屋さんで、何気なく備え付けのTVを眺めていたら思いっきり見覚えのある風景が。何と、我が家からそう遠くないところにある富田林の市役所に自爆テロ目的の男が車ごと突っ込んだという、とんでもニュースが流れていたんですねー。
 こえー、こえー、こえー。マジ、こえーよー。((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
 ちょっと、前には通勤経路の御堂筋線で痴漢冤罪のでっち上げ事件があったり、同じく我が家からそう遠くない近鉄古市駅で駅舎から痴漢で捕まった人が飛び降り自殺したりとか、私の生活範囲でイヤな事件が多すぎますよ。
 あと、これは生活範囲からはちょっと離れますが、西成区で暴動があったり、西成区で焼き芋屋に偽装した麻薬の密売人がいたりとか、もしかして大阪はヤバいところなんでしょうか?少し前の秋葉原の事件の方が大ニュースになっていましたが、こっちも大概酷いですよ。

6月29日(日)
 

6月28日(土)
 

6月27日(金)
 

6月26日(木)
 

6月25日(水)
 

6月24日(火)
 

6月23日(月)
 

6月22日(日)
 

6月21日(土)
 

6月20日金)
 

6月19日(木)
 

6月18日(水)
 昨日、連続幼女誘拐殺人事件の犯人である宮崎勤の死刑が執行されていたことがニュースになっていました。
 実際に宮崎が逮捕される前から大々的にニュースで特集が組まれたりしてましたし、宮崎が逮捕されてからの連日の報道ぶりの凄さは今でもよく覚えています。
 今でこそ宮崎がこの事件を起こした動機も分からなくもないですが、快楽殺人とカサイコパスなどという言葉なんて全く知らなかった10代の私はマスコミで流されるニュースの内容を聞いてはひたすらビビっていました。あと、元々怖がりだった私がホラー映画を受け付けなくなったのは、当時のTV番組(ギニーピックの映像とか流されてました)の影響大だと思います。
 今でも快楽殺人という概念は世間にはそれほど知られていないことを思えば、こういう動機の見えない事件の犯人だった宮崎がオタクだった(と報道されていた)ことにより、この事件を契機にオタクが危険視されて世間から日蔭者として看做されてしまったのも、善悪はともかく仕方ないことなのかなと思います。
 でも、いずれにしても、宮崎の犯行は社会に問題があった訳でも宮崎がオタクだっったことに起因する訳でもないでしょう。この死刑執行について、20年かけて社会は何も学んでないみたいな論調のコラムをあちこちで見かけますが、具体的にどうしたら世間から快楽殺人者が生まれないように出来るというのでしょうか?
 そりゃ、江戸時代みたいに5人組を作って相互監視体制の一億総スパイみたいな社会を作ったら、実際に江戸時代がそうだったように犯罪は減ると思いますよ。あるいは、他にも方法はあるのかもしれませんが、何にせよ識者と呼ばれる人は、あやふやな不平をぶーたれるだけで実現性のある具体案を言わないのは卑怯だと思います。
 何にせよ、宮崎の死刑が執行されるという形でこの事件に決着がついたこと自体は、前向きに評価したいと思います。死刑を粛々と執行し続ける鳩山法相は、例え福田総理が失脚してもこのまま続投して欲しいものです。

6月17日(火)
 

6月16日(月)
 

6月15日(日)
 2日目は帰路の途中にある金沢で高速を降りて兼六園と金沢城を見物。

 富山から大阪への帰路で石川県を通過するので、個人的に一度見物してみたかった兼六園の観光を主張。富山在住の友人も日帰り旅行ということで巻き込んで、生まれて初めて兼六園に足を踏み入れました。

 この彫像は日本武尊なのですが、下調べとか全然してませんでしたので、由来とかはよく分かんないです。作ったのは明治時代だと、現地の看板に書いてました。

 ついでに、兼六園の隣にある(というか、兼六園が金沢城の庭園なんだけど)金沢城も見物。
 金沢城の正門のまん前で、青春真っ盛りとおぼしき女子高生だか女子大生らしきグループが、はじけんばかりの笑顔でジャンプしている瞬間の集合写真を撮影しようとセルフタイマーを設定したりしながらキャーキャー言っているのに出くわして、何か言い知れない絶望感を感じて心が折れました。あれが、ネットで言う所のリア充というやつなのか。

 そんなこんなで特に大したイベントはなかったものの、滞りなく富山旅行は終了。ここに書いているのは、観光の話ばかりですが、個人的なメインは温泉とその後の飲み会だったのは、ここだけの話・・・というか、一緒に行った人は普通に気付いていることかと思います。

6月14日(土)
 週末を利用して現地に在住の学生時代の友人を訪ねるツアーを決行して北陸旅行に行ってきました。
 言いだしっぺは私ではなくて、2つ下の後輩だったのですが、この人計画を宣言するだけで何もしないんですよね。直前になっても、宿の予約も参加人数のチェックも、それどころか主目的だった現地の友人とのアポ取りも何にもしていないのに業を煮やして、私がホテルの予約から集合時間の確定やらほとんどのことを段取りしてしまいました。

 初日は現地に移動後、氷見市にある海戦館で魚介類が売れれているのをひやかして、張り紙ですぐ近くに地元の出身である藤子不二雄A先生の展示があると知り、そのまま見物に行きました。

 で、実際に館内に足を踏み入れて、素でびびったのですが、お客さんが私達以外に誰もいないんですよね。居たのは、すげー無愛想な顔でお前らが来たら仕事が増えるから入ってくんなとテレパシーを送ってきている学芸員(のバイト)らしき人が一人だけ。20分ほど館内でA先生の原画とかを眺めていましたが、新たに他の客が入ってくる様子が全くなかったです。大して宣伝もしてないんでしょうし、今の子には藤子不二雄のネームバリューは通用しないんでしょうね。まあ、F先生なら違う結果なのかもしれませんが。

 あと、この旅行で一つ勉強になりましたが、氷見にはA先生がデザインしたと思われるひみぼうずくんなるゆるキャラがいるんですね。
 奈良県で問題になっているせんとくんと同じ匂いがするのは、私だけでしょうか?辛うじて愛嬌らしきものは感じないでもないのですが。

6月13日(金)
 

6月12日(木)
 

6月11日(水)
 

6月10日(火)
 

6月9日(月)
 

6月8日(日)
 

6月7日(土)
 

6月6日(金)
 

6月5日(木)
 

6月4日(水)
 来年のアメリカ大統領選挙の予備選で、民主党の候補がオバマ上院議員に確定したようですね。実際にオバマ議員が大統領になれるかは何とも言えないですが、黒人であるオバマが白人(WASP)が圧倒的多数派を占めるアメリカの大統領になったら、歴史の教科書に載るような事件になるのでしょう。
 でも、実際はオバマにせよ、少し前まで国務長官だったパウエルにせよ、所詮は体制派の名誉白人みたいなポジションの人間な訳で、本当の意味での歴史的な一ページを刻むためには、マルコムXのような、既存のアメリカ的価値観に真っ向から戦いを挑むような思想の継承者が大統領が誕生した時なんだと思います。まあ、その時が来たら、第二の南北戦争が起きるかもしれませんが。

6月3日(火)
 

6月2日(月)
 

6月1日(日)
 日曜日の日課Yes!プリキュア5GoGo!第16話みんなにとど届け!うららの歌声を視聴。

 感動したっ!!

 何年もプリキュアを見続けてきたなかでも、間違いなく3本の指に入る傑作でした。
 私は昨年からプリキュア5の中では、今日のエピソードで主役だったキュアレモネード=うららちゃんが一押しだったんですが、私の見る目は間違ってませんでしたねー。泣くほど辛くてもそれを表にはださずに笑顔で居続けるうららちゃんに、こっちがマジ泣きですよ、本当に。
 先週のは思い出したくもないプリキュアシリーズの黒歴史でしたが、これで気分も一新ですね。
 ただ、気になるのが、シロップが今日のエピソードでうららちゃんとのフラグを立てているんじゃないだろうかと思うと、素で許せないんですが…。

最初に戻る