日記

12月31日(土)
 今年も残すところ、数時間という所です。

 昨年の大晦日に書いた日記では、少しでも今年が良い年になって欲しいみたいなことを言ってましたが、いきなり3月に東日本大震災が発生するという、戦後最大の国難と言ってもいい激動の1年になってしまいました。
 
今年はこの震災と福島原発の大事故、そしてそれに対処すべき民主党の政府の無能っぷりが炸裂するという、トリプルコンボが本当に酷かった。未だに被災地はガレキの山で処分地の目処も経ってないですし、原発事故に対する政府の初動の不味さは(当初からも言われていましたが)最近はTVでも頻繁に取り上げられています。政府の無能ぶりを現在は野党に過ぎない自民党へ責任転嫁しようとする言説については、恥を知れと言いたくなるばかりです。
 民主党というどうしようもない政党を与党に選んでしまった我々有権者(私は民主党には投票していないけど)の責任というのは、どこかで総括されるべきではないかと強く思います。何度も同じようなことを書いている気もしますが、もはや民主党には政権与党を担う能力は皆無で、一刻も早い解散総選挙と自民党への政権交代が日本が良き方向へ進む為の第一歩になると思っているのですが、何かまだまだ民主党政権は続いて行きそうですね。

 国外に目を移すと、ビン・ラディン、カダフィ、金正日という、反米の旗印だった人物が次々に死去しているというのは、時代の節目なんだなと。どこまで、アメリカの思惑なのかは何とも言えませんが、先年のフセインやビン・ラディン、カダフィといった独裁者達の惨めな最期は、アメリカに正面を切って歯向かったことへの見せしめとして、凄まじい宣伝効果があったんだろうなという気がします。
 また、EUとユーロ通貨という欧州の一大勢力が、ギリシアの放漫財政によって危機に瀕しているというのも、今後の国際政治の変動に関わっていくのは間違いないでしょうね。

 逆に、凄く個人的なことに目を向けると、職場での自身のポジションがそれなりの立場になっているということに気づかされる1年でした。ただの平社員1人にどんだけの量の仕事を押し付ける気なのかと、勤め先の偉い人に何回文句を言いたくなった・・・というか、実際に文句を言いに行ったことか。上でも下でもいいので、人を補充してくれないと、私はスーパーマンじゃないんですよ、本当に。
 後、年末の大ニュースだったのが、阿倍野にあったユーゴー書店という戦前から続いていた老舗の書店が閉店してしまったということ。青春時代から、つい最近まで私の読書ライフを支えてくれた思い出深い本屋さんがなくなってしまうのは凄く残念です。今月の初旬までは普通に営業していたから、シャッターが下りて閉店案内の張り紙がしてあるのを見たときには、自分の目を疑ってしまいました。80年代後半までは、このユーゴー書店の3階にアニメイトのテナントが入っていて、あまりの混雑で入場制限がされるほどの凄い人の量だったんですよ。まさかという気持ちです。

 では、来年こそは、少しでも良い年でありますように。震災の復興が進み、一人でも多くの人が故郷に帰ることが叶うことを心より願います。

12月30日(金)
 

12月29日(木)
 

12月28日(水)
 

12月27日(火)
 

12月26日(月)
 

12月25日(日)
 この3連休は少しのんびり出来たので、先週に購入したVITAを色々と触っていました。
 ネットではネガティブな話題ばかり見かけますが、とりあえずは楽しく遊べるゲーム機だとは思いますね。みんごるの最新作が遊べるだけで、個人的には超満足。後、麻雀格闘倶楽部も、DS、PSP、wiiと併せて、全機種を購入して、それぞれ暇でもないのに数十時間づつはオフラインプレイしていたりする密かなこのシリーズのファンだったりするので、同じゲーム内容でも気になりません。
 ただ、nearという内臓ソフトがすれ違い通信のお試し版みたいな内容なのですが、もうちょっとゲームっぽい部分があった方がいいんじゃないかなと。3DSのすれ違い通信ゲームの方が、大した内容でもないのに地味に面白いんですよねー。
 という訳で、年末アニメの雑感を書いていきます。

 ましろ色シンフォニー
 中盤までは原作エロゲーでもメインヒロインだった愛理ルートみたいな内容だったのに、メイド回以降、いきなり愛理は背景キャラに格下げで、何故か第一話には出番があったかすら怪しいみう先輩がイケメンリア充な主人公とクリスマスHをするという超展開に度肝を抜かれました。しかも、中盤以降のメインヒロインもみう先輩というより、紗凪が話の中心になっていて、クライマックスは失恋を確信した紗凪が雨に打たれながらブランコの前で愛理の胸で泣きじゃくるシーンでしたからね。
 最終回は、何の伏線もかったのに主人公が突然死する展開になるに違いないと私は強く信じていたのですが、そんな話は全くなく、普通に日常が続くというEDには超がっかり。我々の届かぬ怒りの声はどこに持っていけばいいのやら。まあ、School Daysみたいな、邪道なラストが素晴らしいかというと、そんな訳でもないんですけどね。これからの時代は、失恋萌えが流行るのかなと予想しております。

 侵略!?イカ娘
 いつの間にか週刊少年チャンピオンの看板マンガになったイカ娘。チャンピオンで2期に渡るアニメ化は、あのドカベンですら成しえなかった偉業なのでは・・・・と思いかけましたが、いつの間にか休載になったみつどもえも2期アニメ化してましたね。
 私のお気に入りは1期の頃から早苗さん一筋なのですが、なかなかイカ娘と早苗の心温まるエピソードというのはないんですよねー。初期の頃は早苗に無警戒だったイカ娘も、今となっては手も握らせない警戒っぷりには泣けてきます。まあ、早苗の自業自得なんですが。みつどもえは、いつ連載が再開するのかすら不明ですが、イカ娘はまだまだ連載も続きそうですし、3期のアニメもありそうですねー。意味深に登場しているタコ女って、クライマックスに関わる重要キャラなんですかね?

 真剣で私に恋しなさい!!
 原作の18禁ゲーム版をプレイした人の評判はやたらと悪いですが、事前情報なしで観てる分には普通に楽しめました。まゆっちと松風が超ぷりてぃです。
 ただ、終盤の政治ネタはいらなかったなー。麻生総理もどきの人と民主党もどきの人の討論とか、場違いも甚だしい。政治ネタをやりたいならやりたいで、もっと伏線をちゃんと説明しないとねー。原作はこの辺をうまく表現できてたんでしょうか?
 後、個人的にポイントが高かったのは、松井菜桜子さんがレギュラーキャラで声を充てていたということ。まだまだ、菜桜子様も現役ですよー・・・・・・・・って、そろそろ、四捨五入したら50代だと思いますが。

 ベン・トー
 とりあえず、最初に言っておきたいことですが、このタイトルでベン・ハーに全く内容が関係ないのはどういうことなんだと。JAROに抗議の電話をかけようと何度思ったことか分かりません。
 半額弁当しか買わないだけでなく、店の備品を使って毎日乱闘騒ぎをする客って、迷惑にも程があるだろと。何かカッコイイ名前とかもみんなギャグばっかりですし、何というか、設定が勝利の作品ですね。白粉さんが、戦闘力皆無の筈なのに、いつもさりげなく半額弁当をゲットしてるのはずるいですよねー。序盤はちゃんと白粉さんが怪我したりとかもしてたのに。梅ちゃんも、いずれは半額弁当バトルに参加するんでしょうか?

 Fate/Zero
 こっちの方が外伝なのに、本編の筈のstay nightは一体なんだったのかと言いたくなる面白さに、マジビビりました。一般の評価では、今期bPの出来でしょうね。stay nightは、ほとんどの戦闘がセイバーと敵キャラとの1対1のタイマン勝負ばかりでしたが、Zeroではちゃんとバトルロワイヤルになっていてるんですよねー。アーチャーの武器をバーサーカーが受け止めて投げ返すとか、すげーカッコイイ。後、キャスターコンビのサイコパスっぷりが、ヤバすぎです。
 ただ、本編に繋がるこのZeroの結末を思うと、今戦っているマスター達の大半は悲惨な運命を辿ることになるわけで、俺達の戦いはこれからだ→2期に続くというのが、もどかしい。1期はやられっぱなしのセイバーも、2期ではきっと活躍してくれることでしょう。

12月24日(土)
 

12月23日(金)
 

12月22日(木)
 

12月21日(水)
 

12月20日(火)
 

12月19日(月)
 

12月18日(日)
 

12月17日(土)
 次世代携帯機のキラーマシンのPSVITAが発売!!
 3DSの時は絶対に発売日に買おうとか思ってませんでしたが、こっちは何とか予約して買いたいと思っていたので、2週間ほど前に追加予約が出来るようになった時にソフマップ天王寺店で予約していたので、無事に発売日にゲット出来ました。まあ、別に予約しなくても普通に売ってたみたいですけどね。
 とりあえず、初期設定とwifiでネット接続が出来るようにしました。内臓ソフトを触っているだけでも、なかなか楽しいですね。3DSとの第一印象だけを比較したら、PSVITAの方が凄そうな感じですよー。
 購入したソフトのみんなのGOLF6麻雀格闘倶楽部を1時間づつほどプレイ。麻雀格闘倶楽部の一人プレイで、いきなり大喜四を上がってしまって、いきなり10級→初段に昇級したのはマジビビりました。いかさまなしの麻雀ゲームで大喜四を上がったのなんて、これが初めてじゃ。
 正直、ここしばらくは仕事がずーっと忙しくて仕方がないので、平日の夜とかにプレイできる気が全くしないのですが、まあ、年末年始休暇はあるから、そこでゆっくり楽しめるでしょう。

12月16日(金)
 

12月15日(木)
 

12月14日(水)
 

12月13日(火)
 

12月12日(月)
 

12月11日(日)
 

12月10日(土)
 

12月9日(金)
 

12月8日(木)
 

12月7日(水)
 

12月6日(火)
 

12月5日(月)
 

12月4日(日)
 

12月3日(土)
 

12月2日(金)
 

12月1日(木)
 

最初に戻る