日記

5月31日(火)
 

5月30日(月)
 

5月29日(日)
 

5月28日(土)
 まだ確定とまでは言えないでしょうが、週明けに自民党と公明党が内閣不信任案を提出することになりそうですね。これでようやく菅直人が内閣総理大臣の座から退くことになるのでしょう。もう、今さらですが、菅という人物は歴代でも最低最悪な総理大臣だと断言していいと思います。
 今、話題になっている震災直後に原発を海水冷却した時の指示系統や事後報告の類がデタラメだらけだったとのスキャンダルは、さすがに論外でしょう。いや、元々論外だったような気がしますが、さらに倍という奴ですね・・・。
 東電が渋っていた海水冷却を菅総理が強引に実行させたとの当初の報道は全くの嘘八百であったというのもダメすぎですが、手柄は自分のもので失敗は部下に押し付けるという典型的なダメ上司という菅総理の基本スタンスが、人間の屑そのもので、こういう人物が我が国のトップにいるという事実には恐怖すら覚えます。原子力安全委員長の斑目氏に海水注入停止の責任を押し付けようとしてブチ切れさせたり、やっぱり海水注入は停止してなかったとの事実が今頃になって判明したりとか、もはや菅内閣に実務能力が皆無なのは誰の目にも明らかでしょう。本来なら、震災によって全く報道されなくなってしまいましたが、菅総理が外国人から献金を受けていたという事実(疑惑ですらないのが凄すぎる)だけで、菅直人には総理大臣どころか国会議員たる資格がないと言ってもいい筈です。
 今回、提出されるであろう内閣不信任案が可決されると私は信じていますが、これが否決されて菅政権が存続というシナリオになる可能性も当然ある訳で、そうなったら日本はどうなっちゃうんでしょうか?
 たった一度の選挙の結果が今のデタラメな政府を生み出したというのは、肝に銘じておかねばならないでしょう。
 私自身も別に民主党に投票した訳ではありませんが、実際に政権を担っている現在の姿ほど最低最悪な与党になるとまで予想してはいませんでした。政権交代によって鳩山総理が誕生した際には、多少は期待してもいいかぐらいに思っていた自分の不明には、今となってはただただ恥じ入るばかりです。
 これは皮肉でも何でもなく非常に残念なことだと思いますが、もはや民主党という組織に一切の期待は出来ないという事実には悲しみしか覚えません。

5月27日(金)
 

5月26日(木)
 

5月25日(水)
 

5月24日(火)
 

5月23日(月)
 

5月22日(日)
 

5月21日(土)
 

5月20日(金)
 

5月19日(木)
 

5月18日(水)
 

5月17日(火)
 

5月16日(月)
 

5月15日(日)
 

5月14日(土)
 

5月13日(金)
 

5月12日(木)
 

5月11日(水)
 

5月10日(火)
 

5月9日(月)
 

5月8日(日)
 

5月7日(土)
 今朝の朝刊にデカデカと記事が掲載されていましたが、菅総理が静岡県の浜岡原発の停止を中部電力に要請するとの宣言をしたようですね。
 何だろうなあー。
 現在の福島の原発の惨状を思えば、いつかあるとされている東海地震に対する危険から、こういう判断はあってもいいのかなと思います。でも、仮に菅総理の主張が正しいのだと仮定したとしても、この菅総理のやり方には激しく疑問を感じます。
 もう、いつもそうなのですが、民主党政権になってからの総理大臣の言葉の軽いこと。普天間の米軍基地の騒動の時もそうでしたが、今回のもやりたいことを宣言するだけで、それを実現する為の根回しは全然やらないで、官僚とかに丸投げして、やっぱりダメでしたみたいになるような気がしてなりません。別に中部電力が政府の要請に無条件で従う義務があるのではないんですよ。何か、菅総理は自分が命令したことは、廻りがお膳立てをして実現してもらえるんだと勘違いしてるんじゃないかと、邪推してしまいます。
 そもそも、菅総理は今回の原発廃炉の政府方針を与党の民主党内や内閣の中で合意を取っていないんじゃないかという、普通の政権であれば考えられない不手際があるような気がしてなりません。
 原発によって、現実の危機は起きており、将来においては既存の原発の見直しはあっても仕方ないというのは、大方の国民も同意することだろうとは思います。しかし、この菅総理の行動は、実現性を考慮しないただのパフォーマンスに過ぎないのではと思えてなりません。
 この浜岡原発廃炉の方針を、いつ内閣不信任案が可決されても不思議ではない総理大臣が唐突に決定するということに、果てして実現性があることなのでしょうか?中部電力や地元住民に対する補償など、莫大な国費も発生するでしょう。それこそ、かつての小泉総理の様に、解散総選挙をして民意を問うぐらいのことはあってしかるべきことだと思います。
 結局のところ、関係者が菅総理の思いつきに振り回されるだけになってしまうような気がしてなりません。実際に浜岡原発の停止をやるのだとしても、それは菅政権によってではなく、別の民意を得た新政権によってなされるべきなのではないかと思います。

5月6日(金)
 

5月5日(木)
 

5月4日(水)
 

5月3日(火)
 

5月2日(月)
 

5月1日(日)
 

最初に戻る