日記

5月31日(木)
 先週末に長年住み慣れていた大阪の故郷を旅たち、現在東京で一人暮らしをしております。とは言っても、今住んでいるのはウィークリーマンションで、夏にもう一度引越しするので、また大阪に戻ったりするんですけどね。
 ちなみに、東京に移動した日はめちゃんこ頑張りました。
 朝6時に起床。即座に録画していたアニメ×4本を視聴。朝食を取って、自室の古雑誌を束ねて廃品回収に出す。10時に両親に別れを告げて旅だちち。11時半に新大阪駅で新幹線に乗車。14時に東京駅着。14時半に都内のJRの最寄駅に到着。そこから徒歩で、15時前にウィークリーマンションに入居。15時過ぎに時間指定で頼んでいた着替えなどを詰め込んだ宅配便を受け取り。16時ぐらいまで荷物整理。16時から近所のスーパーに食材や身の回りの小物の買い出し。荷物を置きにウィークリーマンションに戻って、17時から秋葉原へ移動。19時にソフマップ秋葉原本館でTVと録画機能付のパソコンを購入。20時に最寄駅からタクシーに乗って、ウィークリーマンションに帰宅。すぐにパソコンのセッティングを開始。パソコンのセッティングが完了してネットを見ていたら22時に友人から電話。23時に夜食と焼酎を買いにスーパーへ再び。夜食を食べてネットを見たりしながら、25時過ぎに就寝。
 という、超ハードスケジュール。ここ何年かで、一番頑張った一日だったと思います。パソコンのでかくて重い箱を持って、JRに乗っていた自分は凄まじく周囲の人にウザイと思われていたことでしょう。

 とりあえず、6日ほど東京で暮らしていて衝撃だったのは、東京の方が大阪より視聴可能なアニメが遥かに少ないということ。いや、正確には東京というか、私が住んでいる所がということでしょうか。東京のローカル放送局のTOKYOMXが大阪でいうサンテレビをアニメに特化したようなところなのですが、これを私の住んでいる所では受信出来ないんですよ。なんたるちあさんたるちあというやつですよ。しかも、大阪だとMBSで放送されていたモーレツ海賊とかFate/ZeroとかもTOKYOMXで放送しているんですよ。仕方ないので、どこかの親切な人が海外のサーバーにUPしている動画を見て情報を補完しています。
 東京支社の同僚に夏以降に住むことになる所でTOKYOMXが視聴可能か聞いたら、そこではちゃんと観れると聞いて一安心です。

5月30日(水)
 

5月29日(火)
 

5月28日(月)
 

5月27日(日)
 

5月26日(土)
 

5月25日(金)
 

5月24日(木)
 

5月23日(水)
 

5月22日(火)
 

5月21日(月)
 

5月20日(日)
 

5月19日(土)
 

5月18日(金)
 

5月17日(木)
 

5月16日(水)
 

5月15日(火)
 

5月14日(月)
 

5月13日(日)
 

5月12日(土)
 

5月11日(金)
 

5月10日(木)
 

5月9日(水)
 

5月8日(火)
 

5月7日(月)
 

5月6日(日))
 

5月5日(土)
 

5月4日(金)
 

5月3日(木)
 

5月2日(水)
 この所、自動車事故のニュースが取り沙汰されていますね。こういうニュースを眺めていると、昔、トルコを旅行していた時の長距離バスが思いだされます。
 大学生の頃にトルコ共和国内を1ヵ月ほど(半分ぐらいイスタンブールでぼーっとしてましたが)ウロウロしていたことがあったのですが、この時の都市間の異動は長距離バスだったんですよね。イスタンブール→チャナッカレ(→路線バスでトロイ遺跡)→アンカラ→ドゥ・バヤジット→(アンカラで乗り換え経由)→イスタンブール→エズキシェヒル→イスタンブルという感じの旅程だったのですが、実はこの移動って凄い危険だったんですよねー。
 とにかくバスの運転手さんの運転が乱暴なこと。イスタンブールとかアンカラの中心部はともかく、地方とかだと車の通りがそれほどでもないのをいいことに、猛スピードで飛ばしまくるわ、追い抜き上等のバス同士のカーチェースをしたりとか、挨拶なのかブチ切れているのか判然とないクラクションをぷーぷーぷーぷー鳴らしまくったりとか、日本の車社会の常識は全く通じないまさしく異世界でした。石川県の長距離バスの事故のニュースなんか観てたら、当時の自分は良く無事に帰って来れたもんだと感心してしまいそうです。
 後、危険とは違うでしょうけど、イランとの国境の町のドゥ・バヤジットへの移動中、夜中に寝ていたら、いきなりマシンガン(注:ホンモノです)を肩にかけたトルコ軍の兵隊さんに起こされた「ぱすぽーとぷりーず」と言われた時は、心の底から驚いてしまいました。戦場かよ、ここは。いや、まあ、普通にクルド人の内乱とかある場所なんですが。ちなみに、この完全武装の兵隊さんが検問をしているのは、行きよりも帰りの方が遥かに多かったことを付け加えておきます。これは何でかと言うと、首都のアンカラや大都市のイスタンブルに危険人物が入り込むのを警戒していたからだと思われます。当時は何にも怖いとか思わなかったけど、普通にヤバい所だったのか?途中の休憩所でこういう兵隊さんと世間話をしたりしてた記憶もあるんですけどねー。

5月1日(火)
 

最初に戻る