日記

1月31日(土)
 

1月30日(金)
 

1月29日(木)
 

1月28日(水)
 

1月27日(火)
 

1月26日(月)
 

1月25日(日)
 

1月24日(土)
 

1月23日(金)
 

1月22日(木)
 

1月21日(水)
 

1月20日(火)
 

1月19日(月)
 

1月18日(日)
 

1月17日(土)
 

1月16日(金)
 

1月15日(木)
 

1月14日(水)
 

1月13日(火)
 

1月12日(月)
 

1月11日(日)
 

1月10日(土)
 

1月9日(金)
 

1月8日(木)
 

1月7日(水)
 

1月6日(火)
 

1月5日(月)
 

1月4日(日)
 

1月3日(土)
 

1月2日(金)
 

1月1日(木)
 新年明けましておめでとうございます!

 ローマのコンテンツを全く更新しないというか、出来ないままで開店休業中の状態が何年も続いており、この日記すらもほとんど書いておりません。
 とりあえずは、会社に本人バレでもしない限り(いや、別にやましいことを書いたことはないとは思いますが)このままの状態でも継続はしようかと思っています。

 私は昔の流行りのアクセス解析をつけているので、このような状態であればアクセス数は激減しているだろうと思っていたのですが、実はそんなにアクセス数自体は減ってないんですよね。
いや、減っているのは、減っているんですよ。トップページなんか、昔は多ければ100ぐらい(ショボイ数字ですが)カウンターが廻ってましたが、今はひと桁とか下手すればゼロの日すらあります。日記なんかも更新してないから当然ですが、月単位でも数えるぐらい。
 でも、メインコンテンツのローマ関連のページは、今でもほぼ横ばいのアクセス数。当時から気付けていましたが、他サイトからトップページを無視 してリンクが張られていたり、ローマ関連の特番があるたびに検索サイト経由でとんでもない数(それでも数千〜万程度ですが)のアクセスがあったりするのを 見るに、ほぼ全ての人が私のサイトに来たとしても、私が書いているアニメの感想しか書かれていない日記を読んでいないという敢えて気付かない振りをしてい た事実を改めて確認させられています。
後、逆に日記を読んでくれているような人はローマのコンテンツを全く読んでくれないという、これも分かっていながら無視していた事実も付け加えておきます。
 大阪ではこの数日でテルマエロマエのアニメの再放送があるみたいなので、確実に五賢帝について書いたところのアクセスが激増するだろうとの予想を述べておきます。

白銀の意志アルジェボルン
 最終回であれだけやらかしていたサモンジが死なずに普通に軍人として生きているというのに悪い意味で衝撃を受けました。ええー。サザエさんで言うところの、「そりゃないよ、姉さん」という奴ですね。2期では主人公がサモンジに代わりそうですね。
 後、後期のEDでのジェイミー(と思われる女の人)の脱ぎっぷりがエロかったです。

異能バトルは日常系の中で
 安藤に勧められるラノベの面白さを理解出来なくて完全に心を病んでしまった鳩子さんが怖すぎるアニメでした。何か普通に安藤と和解していました が、あのヤンデレはマジモンでしたよ。後、裏で展開されている異能バトルが無駄にシリアス。もっとギャグよりでいいと思うんですけどねー。

selector spread WIXOSS
 1期のインパクトを継続して最初の数話は凄く面白かったのですが、最終話が近付くにつれて衝撃的なイベントも冷めた気持ちで流し見するように なって行きました。何でだろう。悪役のまゆには結局救いもなく(いや、なくていいとも思いますが)、何となくハッピーエンドというラストも良く分からな かった。アキラッキーからアキラブリーにクラスチェンジした時は、すげー爆笑しながら楽しんでいたんですけどねー。

魔弾の王と戦姫
 とりあえず、何度聞いても戦姫の厨二読み(ヴァナディース)が覚えれなかったのを最初に断っておきます。だって、作中でも戦姫(せんき)としか言わないのに、タイトルは違う読み方って、卑怯ですよ。(←何が)
 マジメな戦記ものっぽい作風でちゃんとこれがアニメになっていれば、評価は違うんでしょうが、戦記ものの振りをしたハーレムアニメだったのは がっかり。戦場で女の人を何人もはべらしているヴォルン伯爵には、部下ですら殺意を抱くのではと思う私は間違っているのでしょうか?後、ヴォルン伯爵の弓 の腕がチートすぎて、何かウソっぽい。(いや、本作はフィクションですが)銀瑛伝はやっぱり偉大な作品だなと改めて思いました。

天体のメソッド
 私が何度かした行ったことのない北海道で足を運んだことがある洞爺湖(をモデルにした)が舞台になっている作品でした。ただ、何か話は凄く退 屈。主人公の乃々香が過去の仲間たちと再会し、再び友好を温めるというストーリーは分かりやすいと思うのですが、うーん。とりあえず、評価とは関係ないで すが、エロは全然なかったですね。

最初に戻る