らぶらぶゲーム天国


アイドル雀士スーチーパイV(PC・マイ ハーベスト)

 ジャレコの脱衣麻雀ゲームの移植作。発売元がジャレコじゃないのは、ジャレコが外資系の会社に買収されて、スーチーシリーズから、手を引いてしまったからです(涙)。

 DC版のアイドル雀士をつくっちゃおうの発売と同時期にアーケード版として、リリースされていたものをPCへ移植したものということで、麻雀シーンはDC版とほぼ同じ。但しツモアガリの点数の扱いが若干違っていて、こっちはツモの場合、4人打ちの時と同じ点数しか相手から奪う事が出来ません。ここが、このゲームの攻略のポイントで通常の麻雀ゲームのように、簡単に相手を飛ばして(麻雀用語、相手の得点をマイナスにする事)しまってはいけません。パネルマッチと呼ばれる、神経衰弱でアイテムを集めるには、相手の点数が余ってないとダメないのです。
 手に入るアイテムはスーチースティック(必ず一発でツモれます)、スーチーアイ相手の手牌を透視します)、ファイヤーせっかん相手がロンアガリしようとすると牌を叩き壊して阻止します)、スペシャル召還牌パイの中の不要牌を交換します)、必殺ヘルパー各パートナーキャラ事の必殺技を使えます)、メダルのかけら全部集めないとクリアー不可)です。特に大事なのはメダルのかけらです。これを5枚分(×2)集めないと、ラストステージには到達できません。
 相手を飛ばさないように、ロンかツモかアガリを選択しないといけません。いかに、相手を飛ばすことなく、パネルマッチのパネルを多くめくるかという、この駆け引きが、スーチーシリーズと他の脱衣麻雀ゲームとの微妙な味わいの違いに繋がっているわけです。

 登場するキャラクターは、毒より怖いパイ作り職人アンパイズ店長の天野マイ、妄想女子高生スーチーユキこと水野ユキ、地球征服ならぬ地球制服を集めているウサギ型宇宙人ミルキーパイ、このお馴染みの3人に加えて、ジャンマー教の教祖様索子セイラ、小学生みたいな占い師早乙女ちるる、ちるるの双子のお姉さんなのに大人っぽい早乙女ななみの3人の合計6人が正義のイカサマ雀士スーチーパイと熾烈な麻雀バトルを繰り広げることになります。そして、6人に勝利してから、最後には真の敵が現れることになります。
 しかし、往年のスーチーファンことスーチストならば、このメンツには不満があることと思われます。そう、スーチーパイの真のヒロイン、ミユリちゃん(12才)が存在しないのです。まあ、もともと脱衣要素が不可欠なアーケード版での、小学生のそういったシーンは色んな問題がるとは思うんですが、ちらっとでも登場させてほしいと思ったのは私だけでは無いはずです。
 ちなみに、ミユリちゃんの脱衣シーン(というかお着替えですけど)は、SS版のアイドル雀士スーチーパイUのおまけディスクで見ることができます。どのキャラの脱衣シーンより度肝を抜かれたのをここに付け加えておきます。表現の自由って素晴らしいです、はい。

 このゲーム、基本的にはDCのアイル雀士をつくっちゃおうを持っている人にとっては、見るべき物はありません。敢えて言えば、近年の家庭用ゲーム機には存在しない(かつてのSSは偉大でした!!)脱衣シーンなんですが、スーチーパイシリーズの魅力は脱衣要素よりも、麻雀バトルの合間のキャラクター同志の掛け合いにあるります。アーケード版のベタ移植のこっちは、淡々と麻雀を打ち続けるだけの味気なさ。スーチーファンことスーチストのコレクターズアイテムの域を出ていません。

 もはや、ジャレコの名前はこの世になく、スーチーパイ(あるいはゲーム天国)の新作に、出会うことはありえません。愛するゲームシリーズの最後を看取るのもファンの勤めではないかと思いながら、プレイを続けています。

 ところで、言い忘れてましたが、このゲームは当然18禁です。
 未成年の方は、酒や煙草のように大人になってから手に取って下さいね☆

 

らぶ★らぶ★ゲーム天国に戻る

最初に戻る