らぶらぶゲーム天国


ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記(PS・エンターブレイン)

 S・RPGの傑作。この系列の作品では、任天堂のファイアーエムブレムシリーズが飛び抜けて優れた作品を残してるんですが、このティアリングサーガはファイアーエムブレムシリーズと何ら遜色のない出来に仕上がっています。
 メインスタッフが、ファイアーエムブレムシリーズを手がけていた人物と同じだったりして、ゲーム内容はファイアーエムブレムそっくりです。あんまり似てるんで、任天堂が裁判に訴えてるぐらいです。私は、てっきり任天堂と打ち合わせを行って発売してたもんだと思ってたんで、エンターブレイン側の目論見の甘さに驚きでした。

 ティアリングサーガはキャラクターを駒として扱い、キャラクターを成長させつつ物語を進めていくという、S・RPGの王道ゲームです。アイテムは全て消耗品で、貴重な武器や魔法は考えて使用しないと、後半の難関マップで苦戦を強いられることになります。
 また、キャラクターは主種様々です。最初から最後まで使いやすいキャラ(ホームズ、ラフィン、ヴェガ)、初期能力値は高くても成長率が低いので後半は使えないキャラ(ロジャー、ヨーダ)、初期能力値は低くても成長率が高いキャラ(メリエル、フラウ、サン)、初期能力値も成長率も低いキャラ(アーキス、サーシャ、ケイト)、能力は低いが特殊能力・スキルがあるキャラ(プラム、リーリエ、メルヘン)。例え使い道が無いように見えるキャラクターでも、根気を持って成長させて、不足する能力をドーピングアイテムで補えば、主力として活躍させることが出来ます。
 この自由度こそが、ティアリングサーガのそしてファイアーエムブレムシリーズの魅力なのです。

 このシリーズのお約束として、一度死んだキャラクターは生き返ることはありません。(救済措置として、後半で3人までは復活できます)別にキャラクターが何人か死んでも、ゲームクリアーには全然支障はないんですが、完璧を求めるプレイヤー達は当然の如く、全キャラクターを生き残らせるために四苦八苦する事になります。
 そんな訳で、必然的にプレイヤーはリセットの連続を強いられます。しかも、この味方キャラクター達はちょっと気を抜くとすぐに敵に殺されるので、片時も息を抜けません。万全の態勢を取ったつもりでも、確率1%のクリティカルヒットの為に半泣きになりつつ即リセットというのは、誰しもが経験しているでしょう。
 こう見ると理不尽極まりないゲームに思えるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。失敗のほとんどは自身の手抜きプレイによるものです。自身の不甲斐なさを叱咤しつつ、またコントローラーに手を伸ばすことになります。
 このティアリングサーガはファイアーエムブレムシリーズに比べると難易度は低いと言われています。一つは自由度の高いホームズ隊ではキャラクターのレベル上げをほぼ無限に行えるということ。そしてもう一つは記憶の杖という途中セーブを可能にするアイテムの存在です。前者はともかく、後者の記憶の杖は私も散々お世話になりました。これが無かったら、私にはクリアーが不可能なマップもありました。

 ちまたのS・RPGの情けない点は、この理不尽なまでのストイックさを、ライトユーザーに対する障壁とだけしか捉えることが出来ないことです。大抵のS・RPGはキャラクターが死んでも問題ないというシステムを取っています。
 キャラクターが死んだら取り返しがつかない、しかもそれが自分の未熟なプレイによるものだと感じるからこそ、自身のプレイとキャラクターに対する思い入れが強くなるのです。その絶妙のゲームバランスを調整するのには莫大な時間と費用が必要になるのだ、とは思います。ゲームへの愛情と簡単にはゲームを投げ出さないというプレイヤーへの信頼が無ければ、出来ないことなのかもしれません。
 ファイアーエムブレムに対するティアリングサーガ。見れば見るほど、この両者はそっくりです。しかし不思議なことに、このシリーズにそっくりなS・RPGというのは存在しません。タクティクスオーガやサモンナイトといったその他のS・RPGとは、全く相容れない孤高のゲーム。
 おそらくは、任天堂との裁判にエンターブレインは敗訴し、このシリーズの続編が作られることはないでしょう。ファイアーエムブレムシリーズの本当の素晴らしさを継承することが出来るのは、制作者本人だけだったという、寂しい現実です。

 

 

 ・
 ・・
 ・・・
 ・・・・
 ・・・・・
 このティアリングサーガとは何の関係もないんですが、銀河お嬢様伝説ユナ3がS・RPGとして発売されたときに、このレベルのゲーム性を誇っていれば、と思うと残念でなりません。これを最後にユナシリーズのゲームは発売されていない、という悲しい歴史を覆すことが出来たかもしれないのに。
 といっても、ギャルゲーマーの全てが、こんな苦行の連続みたいなゲームにのめり込むとも思えないんですけどね。

おまけ 全キャラ一口レビュー(ネタバレしまくってます)

名前 職業 コメント お奨め度
リュナン ナイトロード→ロード 本編の主人公その1。能力も成長率もそれなり。終盤でクラスチェンジ&聖剣獲得後は反則なまでに強くなる。中盤までは単なるお荷物だけど・・・。
アーキス ルークナイト→コマンドナイト 使えない。成長率が低すぎます。MAP26−2でイベントの関係で裏切りやがります。恋人のリィナは可愛いので、アーキスにはもったいないなあ。
クライス ルークナイト→コマンドナイト アーキスに比べたらマシ。レティーナイベントをクリアーする為には、そこそこ成長させないとダメなんで、その場合は使う必要あり。クライス、ちょっとストーカーの素質ありです。アーキスの婚約者リィナはクライスの妹。
ガロ 海賊 ホームズの部下。とにかく攻撃が当たらない。成長率は悪くないんで、将来性はあるが、悪人顔のオヤジはいらないです。
サーシャ プリンセス→ペガサスナイト→ドラゴンナイト 唯一2回クラスチェンジ出来るキャラ。私のお気に入りbP。序盤は最弱だけど、意地でレベルを10まであげて、ペガサスナイトにクラスチェンジすれば、レギュラーキャラに早変わり。終盤ではやましいこころを使って強盗のスキルを付けて敵のアイテムを盗みまくってました。
ケイト レディナイト→アローナイト サーシャの部下。剣と弓のどちらも使える便利キャラだけど、能力が中途半端。無理して終盤まで使ってたけど、ジークのイベントでメンバーから外れてしまって、そのまま2軍落ち。
ラフィン コマンドナイト→ドラゴンナイト どうでもいい男キャラ。シャロンとのイベントでドラゴンナイトにクラスチェンジする。私はこいつを一度も戦闘させずにクリアしました。
エステル ルークナイト→パラディン 序盤は全然使えないけど、クラスチェンジをしてからは攻撃力がアップ。序盤でどこまで我慢できるか。
リー 司祭 唯一、杖と攻撃魔法のどちらも使えるキャラ。彼を仲間にするとプラムの専用杖の守りの杖が手に入るんで、お好みで。
エゼキエル アクスナイト→サージェント レティーナイベントを進めるのに必要なキャラ。それ以上でも、それ以下でもない。レティーナはエゼキエル夫人の妹。
ナロン ルークナイト→ゴールドナイト 最強キャラ候補の一人。男なんで、私はどうでもいいです。
ルカ 弓戦士→ボウマスター ラケルの弟。育てればそれなりに使えるけど・・・。MAP26−1でラケルとのイベントを見ればルカは死にますが、ラケルが敵に止めをさせるようになります。リー、エゼキエル、ナロンそれと中盤で登場するライネルは、この中で2人しか仲間に出来ません。
エンテ シスター 本編のヒロインその1。ストーリー的にはともかく能力に見るべきものはない。本名はメーヴェ。超鈍感なリュナンは非道いと思います。
バーツ 斧戦士→ウォリアー プラムの義理の兄。このゲームやたらと義理の兄妹が多いです。しかも、みんな恋愛関係だし・・・。それにしてもレニーとのEDって、何の伏線もないんですが・・・。
ジュリア 剣士→ソードマスター シゲンの義理の妹。(こればっかり)転職後は敵の攻撃を避けまくってクリティカルヒットを連発してくれますが、それまでは弱いです。シゲンの恋人候補その1。
プラム 神官 序盤はどうでもいい回復役。イベントで踊るのスキルを覚えてからは超使えるキャラに変身。お義兄ちゃんのバーツとの関係はいい感じです。実はレオンハートの娘。
マーテル ペガサスナイト→ドラゴンナイト 可愛い顔のペガサスナイト。でも、性格はきついです。唐突すぎる、リシュエルとの恋愛関係はちっとも納得できないです。
ラケル ボウマスター ルカのお姉さん。よく考えると、このゲーム内での本当の兄妹って、凄い少ないんじゃ・・・。優秀な弓兵ですが、ルカとのイベントをクリアするまで、敵キャラを殺せないんで、使い方が難しいです。
ヴェガ 剣士→ソードマスター 能力的には使えるんですが、美形の野郎キャラはどうでもいいんです、はい。
ジーク ダークナイト 裏切りもの。実はカルラの弟。能力は最高クラスですが、終盤はボスキャラとして登場するんで、育ててしまうと後で痛い目にあいます。ストーリー的には嫌いじゃないんだけどねえ。
マルジュ 魔導士→賢者 小生意気なガキンチョ。エンテ→メリエルと恋愛対象が変化。メルとはこのゲーム中数少ない実の姉弟。父親アフリードの愛人の娘エリシャにはよくいじめられてます。
メル トルバドール ロジャーの婚約者。剣と杖のどちらも使える唯一のキャラ。便利だけど、陰薄いです。編成でロジャーと別れさせたときの2人のバカップル振りは、必見です。
ノートン アーマーナイト→アイアンナイト どうでもいいアーマーナイト。ストーリー的にも雑魚扱いのかわいそうなキャラ。
トムス ウッドシューター バーツの友人。移動力が小さすぎて使い道がないです。
ロジャー パラディン メルの婚約者。編成で2人を分けたときは勝手にメルの方へ戻ってしまうというとんでもない奴です。
カトリ シスター 本編のヒロインその2。エンテより私はカトリを押します。竜に変身したりと見所もたくさんあります。ホームズって、ロリコンだよね。本名は(小)マリア。
ゼノ 戦士→勇者 ホームズの部下。実はティーエと姉弟?珍しく、ゼノだけは出身が不明のままEDを迎えてしまいます。初めはカトリに横恋慕してましたが、最終的にはユニとラブラブ〜。
ユニ 盗賊 貴重な盗賊ユニット。STとDEFがちっともあがらないんで、あくまで盗み要員です。ゼノとはグッドカップル。
メリエル 魔導士→賢者 最強の魔導士候補。全体攻撃魔法オーラレイン+死生の技でボスボスキャラの瞬殺も可能。リシュエルの妹で、リシュエルが死ねばEDでマルジュとくっつきます。
ナルサス 盗賊 唯一変身のスキルを持つユニット。終盤で仲間になるため、レベル上げのタイミングが難しい。わざと死なせて、ダクリュオンで復活&ホームズ隊で鍛えるというパターンがベストかな?
シャロン レディナイト→アローナイト ラフィンの元恋人。お供のビルフォードの存在って・・・。弓+剣が使えるユニットは貴重です。後半で仲間になるレオンハートよりシャロンの方が優秀。
ビルフォード アーマーナイト→ジェネラル 最強のアーマーナイト。移動力がガンガンあがるんで、アーマーナイトの欠点は存在しません。でも、シャロンへの一途な思いは報われません、合掌。
ミンツ ブラックナイト ブラックナイトは突撃のスキルを持つんで使いやすいです。レニーに惚れてカナン軍を裏切るあたり、軍人としては・・・。
レニー 弓戦士→ボウマスター 最強の弓兵。尋常じゃない成長率を誇り、移動力もアップします。展開によっては唐突にバーツとくっつくEDもあります。
ホームズ ボウヒーロー→ハイドハンター 本編の主人公その2。リュナンより、遙かに使いやすいです。転職後は弓だけでなく剣も使えるようになるんで、さらに使い勝手がよくなります。
シゲン 剣士→ソードマスター 本ゲーム中、最強の色事師。リシュエルもいい死に方はしないと思うけど、この人も大概です。義理の妹ジュリア、グリシーヌ、シエラとEDで3パターンの恋人が存在するのはシゲンだけです。実は宿敵カルラの息子。
サムソン 斧戦士→ウォリアー 最強の斧戦士。斧系=使えない奴の法則を打ち砕いた革命児。ダメージを半減させるドルハーケンを持たせれば無敵の強さを誇ります。
エリシャ 魔導士→賢者 このゲーム魔導士系は優遇されているようで、どのキャラもそれなりに使えます。このエリシャ、魔竜クラニオンを殺せたりします。メルの魔力の杖で攻撃力をアップさせて、反撃不可能魔法シルフィードで突撃を繰り返せば、ドラゴンキラーです。エリシャの母親はアフリードの愛人。
ライネル スピアナイト→サージェント ルカやナロン達と選択で仲間になるか決まります。徒歩で槍を使えるのは便利。イベントは何もないんで、お好み次第です。
アトロム 戦士→勇者 義理の姉レネを追いかけてるシスコン。使いやすいんで、普通はレギュラーでしょう。でもレネはレオンハートにぞっこんなんで、リーリエに鞍替えします。
グリシーヌ 剣士→ソードマスター 成長率が低すぎ。でも、基本的に盗むのスキルは貴重。我慢してクラスチェンジ出来れば希望はあります。シゲンの恋人候補その2。
メルヘン 頭目 強盗のスキルは魅力。でも、能力と成長率が低すぎ。リーヴェ、サリアの聖書を持たせてアイテムでドーピングしまくったら・・・。
フラウ ペガサスナイト→ドラゴンナイト ペガサス3姉妹の末っ子。3姉妹の中で一番優秀です。一応、カトリの守り役だったりします。
サン ルークナイト→ブラックナイト 最強キャラ候補の一人。可愛い顔なのにブラックナイトに転職しちゃいます。相方のフラウと一緒に育てれば超便利です。
リーリエ 神官 歌うのスキルは超便利。専用杖の力の杖と合わせて最後まで一軍です。アトロムとくっつくイベントを見ると、ゼノ・ユニの恋愛イベントが見れなくなるんで難しいところです。
シロウ ホースメン→マムルーク レオンハートの部下。どうでもいいキャラです。
ロファール キングスナイト サーシャの父親。七英雄の割にあんまり強くないのは気のせい?
レオンハート マムルーク ホームズの評価はすこぶる高いのですが、別段強くないです。ケイトやシャロンが気に入らない人以外は、使う必要ないです。一応ストーリー的には重要キャラです。レネはレオンハートの愛人。プラムは昔の愛人の娘という色事師。
ザカリア ジェネラル あんまり、アーマー系のキャラが育ってなければ、使ってもいいですが、そもそもこのゲームでアーマー系はあんまり重要じゃなかったりします。過去のカトリ(小マリア)の命の恩人。
バド 盗賊 盗む系のキャラで一番使い勝手がいい。聖書のアイテムを持たせて闘技場で闘わせたら、アイテムがたっぷり手に入ります。リシュエルへの献身さは、身を結ぶことない可愛そうな女の子です。
リシュエル 魔導士→賢者 魔導士系では最強のキャラ。でも、充分に他の魔導士が育ってたんで、速攻で2軍落ち。エンテに横恋慕してます。それにしても、EDでこいつとマーテルがくっつくのは超納得いかないです。脈絡なさすぎ。まだ、バドとくっつくんなら納得も出来るんですが・・・。
シエラ 魔女 ワープの能力は反則。能力も成長率も普通。暗黒系の魔法は使い勝手もいいんで、お奨めです。シゲンの恋人候補その3.
リベカ 神官 レティーナイベントをクリアしてないと、この娘が仲間になります。召還の技能をもってるんで、使い勝手はいいです。回復役は他にもいるんで、お好みで。
レティーナ 神官 複雑なレティーナイベントを全てクリアして初めて仲間に出来る隠しキャラ的存在。クライスさんご苦労様です。出撃するだけで、10%の補正値が全キャラにつくという反則技を持ってます。エゼキエルは姉の旦那さん。
リィナ ルークナイト→パラディン 育てる必要は全くないんですが、聖書アイテムを持たせて無理矢理育てて最終面まで使ってました。成長すれば恋人のアーキスより遙かに使えます。
レネ 聖女 破邪の杖とワープの杖を持つ回復役。シスコンのアトロムの義理の姉。2本の専用の杖は強力で、ゲームバランスが崩れるほど。
ヨーダ ソードマスター 剣士系のキャラはジュリアやヴェガの方が使えるけど、育てるのが面倒ならヨーダも悪くない。能力的には、最終面でも使用可能。
ハガル ウッドシューター 終盤で仲間になる男キャラを育てる意欲は微塵も沸かないんで、ナチュラルに2軍落ち。
ヴェーヌ ペガサスナイト→ドラゴンナイト ペガサス3姉妹最後の一人。終盤で仲間になる上、ペガサスに乗れるマップがほとんどないんで、使い道がありません。それでも、マインスターを持たせてスーパープルフを使って無理矢理出撃させてました。
セネト プリンス 最終面で仲間になります。能力も成長率も強力だけど、育てる意味は皆無。ティーエへの密かな思いはリチャードのせいで報われることはありません。
ティーエ レダプリンセス セネトと同じ。女の子というだけで、評価は1ランク上です。それにしても、リチャードが生き返ってティーエとハッピーエンドっていうのはどうかと思います。一体リチャードのどこに惚れたんだか・・・。
アフリード 賢者 セネト、ティーエと同じ。ワープを駆使して鍵開けに邁進するだけ。マルジュとメルの父親です。

らぶ★らぶ★ゲーム天国に戻る

最初に戻る