ローマ帝国史略


主なローマ帝国皇帝一覧

<ユリウス・クラウディウス朝>
アウグストゥス BC27-AD14

ティベリウス 14-37

カリグラ 37-41

クラウディウス 41-54

ネロ 54-68

ガルバ 68-69

オト 69

ウィテリウス 69

<フラウィウス朝>
ウェスパシアヌス
 69-79

ティトゥス 79-81

ドミティアヌス 81-96

ネルヴァ 96-98

トラヤヌス 98-117

ハドリアヌス 117-138

<アントニヌス朝>
アントニヌス・ピウス
 138-161

マルクス・アウレリウス・アントニヌス 161-180

ルキウス・ウェルス 161-169

コンモドゥス 180-192

ベルディナクス 193

ディディウス・ユリアヌス 193

<セヴェルス朝>
セプティミウス・セヴェルス
 193-211

カラカラ 211-217

ゲタ 211-212

マクリヌス 217-218

エラガバルス 218-222

セヴェルス・アレクサンデル 222-235

マクシミヌス 235-238

ゴルディアヌス1世 238

ゴルディアヌス2世 238

ゴルディアヌス3世 238-244

フィリップス・アラブス 244-249

デキウス 249-251

トリボニアヌス・ガルス 251-253

アエミリアヌス 253

ヴァレリアヌス 253-260

ガリエヌス 253-268

クラウディウス2世 268-270

アウレリアヌス 270-275

タキトゥス 275-276

フロリアヌス 276

プロブス 276-282

カルス 282-283

ヌメリアヌス 283-284

カリヌス 283-285

(ディオクレティアヌス帝以降は便宜上根拠地だった場所を基準に東西の区分をつけている。実際にはコンスタンティヌス1世やユリアヌス帝は統一皇帝として記すべきかもしれないが、容赦して欲しい。なおヨヴィアヌス帝は即位後本土に戻ることなく死んでいるため、この区分はしていない)

ディオクレティアヌス(東) 284-305

マクシミアヌス(西) 286-305

ガレリウス(東) 305-311

<コンスタンティヌス朝>
コンスタンティウス1世
(西) 305-306

リキニウス(東) 308-324

コンスタンティヌス1世(西) 306-337

コンスタンティヌス2世(西) 337-340

コンスタンティウス2世(東) 337-361

コンスタンス(西) 337-350

ユリアヌス(西) 360-363

ヨヴィアヌス 363-364

<ヴァレンティニアヌス朝>
ヴァレンティニアヌス1世
西) 364-375

ヴァレンス(東) 364-378

グラティアヌス(西) 367-383

ヴァレンティニアヌス2世(西) 375-392

<テオドシウス朝>
テオドシウス1世
(東) 379-395

(テオドシウス1世以降は帝国の再統一がなされないので、煩雑にならないよう東西の皇帝を分けて記す。なお東ローマ帝国についてはアナスタシウス帝以降は省略する。)

<西ローマ>

ホノリウス 395-423

コンスタンティウス3世 421

ヴァレンティニアヌス3世 425-455

マクシムス 455

アヴィトゥス 455-456

マヨリアヌス 457-461

セヴェルス 461-465

アンテミウス 467-472

オリュブリウス 472

グリュケリウス 473-474

ユリウス・ネポス 474-475

ロムルス・アウグストゥルス 475-476

<東ローマ>

アルカディウス 395-408

テオドシウス2世 408-450

マルキアヌス 450-457

レオ1世 457-474

ゼノン 474-491

アナスタシウス 491-518

 

ローマ帝国史略に戻る

最初に戻る