Sample Site                          


                                    

                             


                                  



      
          

                  
                            



お知らせ
〇2020.6.東金山武エリア情報誌VOL92 1600字の短編小説リーフノベル「綺麗って何」を執筆。
       

20206.25 6月の作品リーフノベル「海辺の喫茶店」をHPとブログに掲載。
20206.25 メールマガジンまぐまぐ 短編小説リーフノベルル182号配信
〇2020.5.29.メールマガジンまぐまぐ 短編小説リーフノベル181号配信
〇2020年3月 文芸誌「White Letter」18号発行
〇2020年3月 HPを総リニューアル。 
〇2020年1月 文芸誌「玄」73号発行

〇2019 11月20日詩集「千億の銀河」出版。  
〇2020年東金山武エリア情報誌VOL91 1600字の短編小説リーフノベル「イヤホーン」執筆。
〇2019年度ToshiyaKamei氏により翻訳された 「無口な女房」がDASHの編集者により
 Pushcart賞にノミネートされる。
〇2019年夏アメリカの雑誌「DELONS」に リーフノベル「河童の亮太」と「春の香り」が
 Toshiya Kamei氏の翻訳により掲載される。
〇2019.年アメリカの雑誌「METAMORPHSE」にリーフノベル「自然探検部}が
  Toshiya Kamei氏の翻訳により 掲載される<br>
〇2019年アメリカの雑誌「grargoyle」にリーフノベル「山桜」が
   Toshiya Kamei氏の翻訳によりが掲載される。
〇2019年東金山武エリア情報誌「ときめき」VOL891600字のリーフノベル「おなご先生」を執筆。
〇2019年東金山武エリア情報誌「ときめき」VOL88 「ポエムの窓」に
   篠崎弘文さんの詩作品「生きる」を紹介
〇2019年1月文芸誌「玄」72号発行   
〇2019年3月文芸誌「White Letter」17号発行   
〇2018年秋アメリカの文芸雑誌 THE BAYOU REVIEWに
   リーフノベル「本の価値」が Toshiya Kamei氏の翻訳によりが掲載される。
       
メルマガ購読・解除
超短編小説「リーフノベル」
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
 
                     
                               
 
    詩集 
  「千億の銀河」

 
  
 2019.年11月30日発行
 装丁
 アートディレクター
 小野健治

  1600字の短編小説
   リーフノベル
   「山桜」
 
   
 2017年10月10日発行 
 装丁
 アートディレクター 
 小野健治

 
  
  詩集「母の庭」
 
    
 2002年11月24日発行
 挿絵日本画家 若木山氏
    (酣春)
 帯文 詩人 新川和江氏
   
 


  1600字の短編小説 
  リーフノベル
 「逢魔が時」
 
  1999年7月28日発行
   五月書房出版



  詩集
  クラケコッコア」
 
   
1993年8月5日発行
 装丁 中村 常郎
  
 
 
 
    詩集
  「むかし むかし」

 


  
1982年5月10日発行
  序文 荒川法勝 
  装丁 左右木愛弼

    
   
 
   詩集「宇宙」
 
     
   
  
1981年 5月20日発行
  装丁 左右木愛弼
   
  
  
   詩集「次元鏡
  
  
 1986年1月20日発行 
 序文 荒川法勝 装丁稗田礼
 
   
     詩集 
 ただひとりで僕等と言う

   
  1972年9月15日発行
  帯文 吉野弘
  序文 荒川法勝

  装丁 左右木愛弼


 
  
   ロマンと任侠
  「房総情炎誌」

       
 
  
1978年3月30日発行
  装丁左右木愛弼
 
 
       
  「中西覚歌曲集」
 

   
マザーアース社刊)   
詩集「むかしむかし」より
「百姓のひとり言」が収録さ
れる。
 中西覚作曲 無伴奏女性
 少年少女合唱のための
  「二つの寓話

  
  「音楽之友社」刊)
  詩集「むかし むかし」より
  「百姓のひとり言」
  「ほうき星ひいふうみい

  が収録される
 
  イムナヒョン翻訳詩集
   「母の庭」

  
    
   2017年6月詩集「母の庭」
   が韓国詩人・翻訳家
   イムナヒョン氏により
   翻訳され韓国で出版される
   共著 「房総の詩情」
   


 
荒川法勝編 1988年11月20日 暁印書館発行 
    執筆内容
・新井愛子の太鼓の夢 加曾利 
・北原白秋と東葛の詩情・ダダイスト高橋新吉と
 九十九里浜 ・秋葉啓と外房の海 
・伊藤佐千夫と雄蛇が池・鈴木勝と東金 
・中勘助と文人の里 我孫子 
・荒川法勝と江見の花
 共著「千葉県歴史の人物



    
 荒川法勝編 1988年1月20日
     執筆内容
・万葉の歌聖 山部赤人の謎  
・江戸の蘭方医 関 寛斎
・農民救済事業に立ち上がっ  た大高善兵衛
・反幕世直しの技師「真忠組 の首領」楠音次郎
・滅びゆく徳川家に準じた最 後の大名 林 忠崇
・落花生を房州のちに広めた
  金谷総蔵とピーナッツ
・東洋史学の開拓者白鳥庫吉
・野口英世の師 
 日本歯科医学界の功労者 
  血脇守之助
・対象の我孫子文化人の群像
 柳宗悦、志賀直哉、
 武者小路実篤、楚人冠、  中勘助
  共著「千葉県妖怪異史談」
 
  

 
 荒川法勝編 1997年4月10日 
     執筆内容
・「真忠組」浪士騒動
・「白枡粉屋」おいとこ節考」
 ・「波切不動」の縁起 
・「酒井小太郎異聞」