新研修・技能実習制度(旧外国人研修制度)申請書自動作成ソフト  
『 C o m m o n 』  

T O P
デモンストレーション
画面ショット
仕 様
お問い合わせ
Q & A
リンク集




+ デモンストレーション


+ 画面ショット
 

【 よ く あ る 質 問 と そ の 回 答 】

Q1. ソフトのみの導入の場合、対応OSは?
A.

Windows2000(開発時)
WindowsVistaRC1x86にて動作確認。(2006/11/14)
及びWindowsXP Pro or Home x86にて動作確認。 (2006/11/14)
及びWindowsVista 正規版 x86にて動作確認。 (2007/02/01)
及びWindows7 正規版 x86にて動作確認。 (2010/01/10)
及びWindows8.1 正規版 x86、x64にて動作確認。 (2013/11/01)
及びWindows10 正規版 x86、x64 にて動作確認。 (2015/09/01)

   
Q2. ほかのソフトウェアとのデータの互換性はありますか?
A. エクスポート機能により、必要なデータを抽出してCSV形式でのファイル出力が可能です。これにより、Excelなどにデータ移行が簡単に行えます。
   
Q3. 例えば、一人の在留資格認定申請書作成にかかる時間はどれくらいですか?
A. マスター登録(組合、企業、送出し機関等)がされた状態であれば、それを組み合わせて個人情報を作成します。時間にして5分くらいかと思います。あとは、在留資格認定を選択すれば、必要な書式にデータを自動的に記載されて印刷できます。
   
Q4. ワープロソフト(穴埋め式)の書式集ではないのですか?
A. はい、違います。
このシステムは、データベース、スケジュール、書式などが、すべて連動しており、まず、入国時に個人情報データを作成して、それを、すべての書式に反映させます。そうすることで、同じ内容のデータを2回以上入力する必要がなくなり、大幅な効率化、間違いの軽減に繋がります。
   
Q5. スケジュール機能では、何をどのように管理するのですか?
A. 入国時に個人情報データを作成すると、入国日を基準にして、自動的に研修期間、実習期間3年分の書類申請スケジュール(監査報告、期間更新、資格変更など)をカレンダーに表示します。また、このカレンダーには、任意でデータが書き込めますので、その他の重要スケジュールを記載して管理することも可能です。
   
Q6. このシステムは、何人までの管理ができますか?
A. ハードディスクがあるだけ(10万人でも余裕で)管理することができます。
ただし、入力作業を考慮すると、一人のオペレータで、1000人程の管理を想定しております。
   
Q7. ネットワーク(LAN)には対応していますか?
A. はい、対応しております。
その場合、別途、サーバ、クライアント仕様のオプションとなります。
   
Q8. 上記Q7のようなサーバー・クライアントは、遠隔地間には対応していますか?
A. はい、対応しております。
その場合、VPN(インターネット回線を使用した暗号化仮想LAN)を用いたオプションとなります。
回線スピードによる多少のタイムラグはありますが、実働にはさほど影響はないと思います。
また、セキュリティにおけるファイヤーウォールなどの設定もいたしますので、ご安心してご使用いただけます。

 【 ご 質 問 投 稿 フ ォ ー ム 】
ご質問以外でも、ご意見・ご感想など、お気軽に投稿ください。 
   
 組 織 名
   
 お 名 前
※必須・ペンネーム可)
   
 ご 住 所
   
 連 絡 先
   
 Emailアドレス
※必須
   
 ご 質 問
※必須・ご意見など)
   
    

Copyright©2004
Last Update:2015/09/01