平成26年 お盆のお休みのお知らせ  富山浄化槽維持管理協会 事務局は8月13日から8月15日まで
お休みします。また宜しくお願いします。



浄化槽の11条法定検査【採水員検査】ってどんな検査?

浄化槽の保守点検や清掃が浄化槽法の規定どおりに行われているか、浄化槽の機能が正常に働いているかどうかを下記の検査の実施により総合的に判定するものです。

1、
外観検査 設置状況・設備の稼動状況・水の流れ方の状況・消毒の実施状況

2、
水質検査 透視度・残留塩素濃度・BOD【水の汚れを示すものです。水中の汚れを微生物が食べて分解するのに、必要な酸素の量を言います。汚れが大きければBODの数値は、大きな数値になります】

3、
書類検査 保守点検の実施状況・清掃の実施状況


《採水員検査ってどんな検査??》
浄化槽から放流される水の汚れ具合(BOD)を主として見る検査です。
この検査は、指定採水員が現場検査を実施します。
検査の対象は、10人槽以下の浄化槽です。
(単独浄化槽も対象です。)

《指定採水員って、どんな人??》
富山県・富山市の登録を受けた浄化槽保守点検業者の浄化槽管理士で、
「指定採水員指定講習会」を受講し、その過程を終了して人です。

《法定検査の手数料は、いくらかかるの??》
10人以下の浄化槽ですので、
6,000円です。


検査手数料の支払いは前納になっております。事前に払込取扱票にて、お支払いをお願いします。

お問い合わせは、
〒930−0083
富山市総曲輪2−1−3
富山商工会議所 別館 7階
社団法人 富山県浄化槽協会まで
рO76−421−1208まで


相談は、
〒939−8588
富山市蜷川450−1
富山市保健所生活衛生課 浄化槽担当まで
рO76−428−1154まで



富山県内の浄化槽のご相談や届出は!!

富山県生活環境部環境政策課 富山市新総曲輪1−7
рO76−444−9618
FAX076−444−3480
富山県新川厚生センター 衛生課 黒部市堀切新343
рO765−52−1224
FAX0765−52−4440
同上      魚津支所 衛生予防課 魚津市本江1397
рO765−24−0357
FAX0765−24−9220
富山県中部厚生センター 衛生検査課 中新川郡上市町横法音寺40
рO76−472−1234
FAX074−473−0667
富山県高岡厚生センター 小杉支所 衛生予防課 射水郡小杉町戸破1875−1
рO766−56−2666
FAX 0766−56−5494
同上      氷見支所  衛生予防課 氷見市幸町34−9
рO766−74−1780
FAX0766−74−0374
富山県砺波厚生センター 衛生検査課 南砺市高儀147
рO763−22−3511
FAX0763−22−7235
同上      小矢部支所  衛生予防課 小矢部市綾子260−1
рO766−67−1070
FAX0766−67−4270
富山市保健所        生活衛生課
富山市蜷川459−1
рO76−428−1154
FAX076−428−1150
高岡市             環境保全課 高岡市広小路7−50
рO766−20−1352
FAX0766−20−1666





参考(環境省令第6条)
保守点検の回数の特例
合併処理方式

              処理
種類
分離接触バッキ方式
嫌気ろ床接触バッキ方式
脱窒ろ床接触バッキ方式
活性汚泥方式 回転板接触方式
接触バッキ方式
散水ろ床方式
処理対象人員が20人まで 4月
処理対象人員が21人から50人 3月
1週
1、砂ろ過装置、活性炭吸着装置
または凝集層を有する浄化槽

1週
2、スクリーン及び流量調整槽を
有する浄化槽
2週
1、2以外の浄化槽 3月


単独処理方式

                処理
種類
全ばっき方式 分離接触バッキ方式
分離バッキ方式
単純バッキ方式
散水ろ床方式
平面酸化床方式
地下砂rろ過方式
処理対象人員が20人まで 3月 4月 6月
処理対象人員が21人から300人 2月 3月 6月
処理対象人員が301人以上 1月 2月 6月

保守点検の回数の目安です。
市民のみなさんも自分の浄化槽の保守点検の年間回数を把握しておく必要があります。


浄化槽法の改正のお知らせ

平成18年2月1日より、浄化槽法の一部を改正する法律、環境省浄化槽法施行規則の一部を改正する省令が施行されます。
放流水の水質基準は、BOD20mg/g以下、除 去率90%以上とされています。

3、浄化槽設置後の水質検査(7条検査)の検査時期の見直し   
  新たに浄化槽を設置され、又は構造や規模の変更をされた浄化槽は、環境省令で定める期間内  に富山県知事指定検査機関である 富山県浄化槽協会の水質検査を受けなければならない。

 
4、維持管理等の監督・規定の強化・・・・・@適切な維持管理を徹底するため、
法定検査を受けて  いない浄化槽管理者に対して,県知事は指導及び助言、勧告、命令といった指導ができる規定が  設けられました。この命令に違反した場合は、30万円以下の過料に処せられます。

  A浄化槽の廃止届け
  
浄化槽を廃止した日から30日以内に、その旨を県知事に届出なければなりません。浄化槽の使  用廃止を届出しない場合、又は虚偽の届出をした場合は、5万円以下の過料に処せられます。  

浄化槽の監督規定の強化により・・・・・・・過料に処せられる事もあるので、浄化槽の設置者や保守点点検業者は特に注意してほしいものです。



浄化槽のご相談・浄化槽のお問い合わせ・法定検査の申し込みは
富山県知事指定検査機関

社団法人 富山県浄化槽協会
〒930−0083
       富山市総曲輪2−1−3
       富山商工会議所ビル別館7階
        TEL 076−421−1208
        FAX 076−421−1495
        E−mail  kensa@jkyo-toyama.or.jp
        URL    http://www.jkyo-toyama.or.jp

〒939−8588
       富山市蜷川459−1
       富山市保健所 別館
       生活衛生課 浄化槽担当まで
        TEL 076−428−1154
        FAX 076−428−1157