ゼンガー?

 よくよく考えてみれば、久しぶりにまともな更新。まぁ、風邪をひいていたり、(自分にとっては)季節外れの花粉症に襲われていたり、事故っていたり、単車のタイヤに釘が3本ほど打ち込まれていたり、たまりにたまっていた新聞を必死に読んでいたり(おかげで対前年度比30%減少といった所か?)、まほろさんの全話を見ていたり、KanonRPGを解いていたり(はちみつくまさんを見よ)、おね☆ティーを全話(三国同盟の掲示板を見よ)見ていたり、GGG6巻を買いに行っていたり、ToBを買いに行っていたり(こいつはSEGAのHP上の情報では絶版になっていたりする。何でだ、SEGA!!)etc……
 最後の方の奴は何かが違うだろ、という話は置いておいて、とにかく、いろいろとあった訳ですが……

 何にせよ、昔の新聞を読んでいると、例の如く、面白い記事が出てくる訳です。

「宇宙爆撃機」開発へ
米国国防総省が検討
 ロサンゼルス・タイムズ(電子版)の報道によると、宇宙空間から地上の目標を攻撃できる「宇宙爆撃機」の開発・研究を、ラムズフェルド国防長官が国防総省に命じた。(記事要旨のみ抜粋。2001/7/28)

 とりあえず、この話を進めるに当たり、必要な部分をもう少し記載するなら

1.有人である
2.長距離ミサイルのように打ち上げられる
3.現在の爆撃機の15倍の速度、高度96000m以上の場所まで到達する
4.そこから正確な爆弾攻撃が可能
5.出動から帰還まで90分もかからないので、遠距離の目標をどのように攻撃するのか? という問題を解決する一つの案になる

 といった所ですか。
 これ以上詳しい話を見たい方は、直接、ロサンゼルス・タイムズ(電子版)の方へ行って頂くとして。

 この記事を読んだ時、自分は思わず

ゼンガー?

 と思った訳です。まぁ、人によっては「遊星爆弾」とか「サテライトキャノン」とかいろいろと思い当たる物は違うのでしょうが……

 えっ、誰も「ゼンガー」なんて知らないって?
 まぁ、ドイツ第三帝国に計画だけ存在した秘密兵器(珍兵器?)の別称なんだから、知らないのもさもありなんか。
 それでは、ゼンガーの説明を。

 成層圏飛行機「シルバーバード」
 全長28m、全幅5m。3.8tの爆弾を搭載。全長3kmのモノレール上で秒速500m(約マッハ1.6)まで加速、上昇を開始。そのまま高度160kmまで上昇し、そこから降下。その時、大気の層を「水面を切って飛ぶ平たい石」のように飛行しつつアメリカ本土まで到達。高度40kmから搭載している爆弾を投下。最後は日本占領下の南太平洋諸島に着陸。
 開発研究がオーストリアのロケット学者オイゲン・ゼンガーを長としていたので、別名「ゼンガー」と呼ばれる。

 という代物です。まぁ、要するに今回の「宇宙爆撃機」計画は、これをパクッた(1960年前半にもダイナソア計画という物が、この国ではあった)訳で……CNNの所に載っていた想像図もまんまの絵やし……

(ナ○ィアとかジャングル大○とか)何でもかんでもパクるなアメリカ!!

……まぁ、それはそれとして……

 もちろん、ここで終わってしまっては、このコラムの意味がありません。
 本題はここから。この仮称「ゼンガー」君を様々な角度から検証していく事になるのであります。とはいえ、例の如く、文系の人間が語る科学の話ですので、あまり深くつっこまれると困るのですが……

1.機体性能諸元推測

 ナチスドイツの本家ゼンガーは全長28m、全幅5m、3.8tの爆弾を積む。程度までしか分かっていません。尤も、計画上でしか存在していない機体、しかも、人類が宇宙時代を迎える以前の計画なので、それに対してドーノコーノ言っても始まりません。そのような発想が出てきた事、そのものが偉大な訳で。ここは素直に第三帝国の偉大さをかみしめておきましょう。

 さて、それでは問題の仮称「ゼンガー」君。
 もちろん、地球人類が始めて見る兵種になるので、どのような形状になるのかは「?」と言いたい所なのですが……これまで人類が作ってきた機械の中で、以下の条件に当てはまる物を探せばよい訳です。

1.とにかく宇宙と地球を反復できる有人機(ロケットのような使い捨てではなく)
2.とりあえずいろいろと物資を積み込める(それが爆弾かどうかはともかくとして)
3.それなりに数が作られている(兵器として成立するには重要な要素)

 これらの条件を満たしている「機械」と言うと……

な〜んだ、スペースシャトルじゃないか

 となる訳です。
 CNNの想像図には悪いですが、単独の機体に搭載可能な宇宙空間にまで到達するようなパワーを持ったエンジンが開発されない限り、恐らく、現実的に作ろうと思うならスペースシャトルから要らない機能(居住スペースとか)を削った廉価機となるでしょう。

 ちなみにスペースシャトルの性能諸元はというと……
全長:
全幅:
高さ:
重量:
 約8分で高度400kmにまで到達。

2.搭載兵器

3.運用方法

4.総評として、本当に「使える」兵器なのか?

例えば、こんな話をしようのTOPへ戻る