東京都、埼玉、千葉、神奈川でG'ZOXジーゾックス ガラスコーティング、ペルマガード、DPROプレミアムコート、高級車、外車のポリマー加工、付着物除去


ガラスコーティング ボディコーティング後のアフターケア


施行後のお手入れ、メンテナンスなどについてご質問などございましたら、いつでもご連絡ください。

コーティング施工車リフレッシュメンテナンス
コーティング施工車リフレッシュメンテナンス
ボディコーティング後に自分で洗車するときのコツ
ボディコーティング後に自分で洗車するときのコツ
ディーラーでコーティングされたお車
ディーラーでコーティングされたお車



ボディコーティング施工後のご注意

◎鳥糞・花粉・黄砂・虫・樹液・酸性雨…

屋外保管の場合、鳥糞、虫や動物の体液・分泌液、樹液、花粉、黄砂、酸性雨等で思わぬダメージを被る場合が多々ございます。
鳥糞と酸性雨は年中のこと。

花粉など生物系のものと黄砂は主に春ごろがピークになります(もちろん物によっては春だけではありませんよ)。
不意のことながらこれらが付着した場合は可能な限り早期発見して軽症なうちに処置をしてあげれば、ダメージをゼロまたは最小限に
とどめることができます。

なぜこれらがいけないのか?悪いのか? 
それは、これらが極めて強い酸性であるからなのです!
酸性雨はその名のとおりなのでわかりやすいでしょう。
そして糞や分泌液など生物の体内から出てきたものはみんな酸性なのです。

人間の胃液が強い酸であることはよくご存知でしょう。
余談ながら人間(生物)の肉体はアルカリ性です。
うまくバランスが取れているから胃が胃酸によって溶けることはないんです。
(でもストレスが過度にかかるとバランスが崩れ、酸によって胃が痛くなるんです…)

さて、これら酸が付着してしまっても防御能力を備えたコーティングのおかげである程度までは防げます。
しかし長い時間そのままにしていると少しずつ少しずつ酸が威力を発揮しながらコーティングを食い破っていきます。
何しろいかに強靭なコーティングといえど、若干2ミクロンほどの薄いガラス膜です。
無敵ではありません。

早期発見の場合は修復が可能な場合がほとんどです。
大半はその薄いコーティング皮膜の厚みの中でコーティング自体の力で進行をうまく押さえ込まれています。

しかし発見および処置が遅れてしまうと、コーティング層を突き破って塗装にまで達してしまっている可能性が非常に高くなり、ダメージ
を完全に修復できないことになってしまいます。
最悪は塗装からやり直しの自体にも。




◎屋根付き車庫だからといって、慢心は超危険!

屋内・ガレージ保管の方の場合も同様に注意が必要です。
外出時に雨に降られた場合は、ガレージに到着後速やかに吸水クロス等で雨滴を軽くでも結構ですので拭き取ってください。
(拭き取るというより、“吸い取ってあげるようにすると傷をつける可能性も低くなり安心です)

タオルなど繊維が大きめで比較的荒めのものはなるべく使用しないでください。
絶対にダメではありませんが、一般の方々では“手加減・力加減”が難しく、キズを作りがちです。
汚れた雑巾などは言語道断です!

またガレージに電源がある場合は、電動工具の“エアブロアー”を使って風で雨滴を吹き飛ばすのもひとつの手です。
(ホームセンター等で7,000〜10,000円くらいで手に入る安物で十分です!)
※最近では“充電式”のものもたくさん出回ってます。値段も電動とさほど変わりません。




◎ボディカバーってどうなの?

よくボディカバーは「ボデイに傷がつくので使わないほうがいい」と言いますが、カバーもピンキリで、カーマイン等の良いカバーは傷が
付きにくい良質な素材でできています。

多少カバーによる擦り傷が付いたとしても、酸性雨クレーターができるよりはマシではないかと思える場合もございます。




◎洗車機はOK?

はっきり断言しますが、そんなわけないです。
メーカーによっては“洗車機使用OK”と謳っている物もございますが…

貴方の愛車専用!に造られたようなものでもあれば、もしそんなものがあるならばOKかもしれませんが。
洗車とは車種やその日の愛車の状態に合わせて“手加減・力加減”しながら行なうものです。

そのようなことは、様々な車種に対応した汎用の洗車機には絶対に出来ません。
そして本来は、人間の手によって行なわれるべきものなのです。

絶対にダメ!というつもりはありませんが、やはりやさしい手洗いをお勧めします。




◎お手入れ・メンテナンスのススメ

当店のコーティングは数年間ボディ表面にとどまりながら仕事をこなすといういわば“長期滞在型”ですが、「ボディ表面に残る事」=
「美しい」ということではありません。

コーティングは絶対に汚れない魔法のバリアではありません! 
ほっとくと少しづつ長い年月をかけて通常の洗車では落としきれないような汚れやシミが蓄積されていきます。

いくらコーティング被膜が残っていてもその被膜が美しい状態でなければ車は本当の意味で美しくは見えません。
人間と同じでただ生き残っているだけでは意味がないのです!

よって、人間と同じで美しく元気であるためには、小まめな“手入れ”が必要です。
日々の手入れ(洗車のこと)はお客様自身が行うのが基本です。




◎メンテナンスの基本は、シャンプー洗車! 水洗いはダメ!!

洗車を侮ってはいけません。

たかが月に1〜2度の洗車だけで、そのほかに特別なことをしなくても約1年は美しさと元気を保つことができます。
基本はシャンプー洗車です。

水洗いだけというのは絶対にダメではありませんが、やはりお勧めしません。
キズを付けずにきれいに洗い上げるためには、シャンプーの泡が不可欠です。

忙しくてできない方、場所がない方、手を動かすのが億劫な方は当店で代行します。
(“匠の洗車”5,000円〜)


◎年1回の『リフレッシュメンテナンス』の必要性

そして、1年に1度はプロである当店に検査(リフレッシュメンテナンスのこと)を依頼してください。
日ごろの手入れがちゃんとできていれば検査で問題が出ることはほとんどありません。
検査と調整のみで済みます(10,000円〜)

ところが手入れがちゃんとできていない場合は、修正料など余計な出費になりかねません。
(17,000円〜)

こうなると、さしずめ人間でいうところの「生活習慣病」ということになります。
つまり、お客様の“日ごろの行い”が悪かったという証明になってしまいますよ。
ご注意ください。

手遅れになって後で泣かなくても良いように、『リフレッシュメンテナンスのお知らせ』が当店から参りましたら、必ず実行して下さい!

ご自分のカラダも愛車も、まずは人に頼らず自分自身でしっかりケアしてくださいね。
そして、定期的に上手に専門家を使ってください。






◎深い傷や鳥糞・樹液などによる侵食(クレーター)

汚れたまま放置して塗装面まで侵食しているダメージは、修復できない場合がございます。
(再施工を行っても、元通りにらないケースも多々あります)

気がついた時点で可能な限り早く洗い流し、お早めに当店へご相談ください。

※参考ページ 『 ガラスコーティング ボディコーティング後のアフターケア


◎ウインドウウォッシャー液について

塗装もコーティング面も同様に、酸やアルカリにはあまり強くありません。

通常ウィンドウウォッシャー液はアルカリ性のものが多いようです。
ウォッシャーノズルの周りにシミができてしまうこと必定です! 
コーティングしていようがいまいが、ウオッシャー液はできるだけ薄めてお使いください。

むしろ界面活性剤の入ったウォッシャー液は使わないことをオススメします! 
私の経験上、薬局で売ってる“精製水”がベストです!
2・3歩譲って水道水でも構いません。

汚れが流せればそれで充分なんです。 
要するに“界面活性剤”が邪魔なんです。





◎ガラスコーティング施工後の洗車について

ガラスコーティングを施工されるお客様の中にはとってもモノグサな方もいらっしゃるようですが(むしろ多いかな?)、“ほったらかし”は
やはり良くありません。可能な限りお手入れはしてあげましょう。

基本的はシャンプー洗車です。面倒でもこれが基本中の基本です!

ただし、万能ではありません。間違った洗車方法や保管の方法ではせっかくのコーティングも効果が半減してしまうこと必定です。

そこで以下のことに特にご注意ください。(厳守!していただいたほうがいいかも)




注意1) 研磨剤の入ったワックスやシャンプーは使わない。

シャンプーを使用する場合は各コーティングの専用シャンプーをお使いください。間違いありません!

DPROプレミアムコート専用シャンプー+スポンジセット 1.575円 (いつでも在庫ございます)

※シャンプーは超高性能・約20回分、スポンジは超きめが細かく優しい・50回以上使用可能
普通の方の洗車頻度なら、1年目はこのセット1つで充分でしょう。2年目以降は必要に応じてシャンプー単品(1260円)または同セット
をお買い求めください。

スポンジはシャンプーより1.5〜2倍長持ちします。
(プロの私が使うと、更に長持ちしますよ!100回は悠に使えるかなあ…要するに力加減の問題!)




注意2) スポンジ・ブラシ・クロス等で強く擦らない。とにかく優しく!(

そうしなければキレイにならないのは普段の手入れを怠っている証拠!
そうしなくていいようにあるのが“コーティング”ってものですからね。




注意3) 炎天下では絶対に洗車しない。走行後は“冷まして”から洗車する。

・洗ったら水気は大急ぎでふき取る。イオンデポジット(カルキや塩素が表面で固まる現象)の原因になります。

・水(雨)に濡れたら、できるだけ早めに水分を(軽くでいいので)ふき取る。


※施工後2週間くらいまでは本格的な洗車を控えてください。どうしても鳥糞などで汚れた場合はピンポイント洗浄にしてください。


当店への苦情・クレーム・要望 または喜びの声

当店のサービスに何か不手際、不満または改善してほしい点などございましたら遠慮なくお知らせください。早急に対処させていただきます。こち
からお願いいたします。謝礼として心ばかりの品を送らせていただきます。

お客様の喜びの声(ウェブサイトに掲載予定)をお聞かせください。
当店のサービスで良かった点などを当店ウェブサイトで掲載させてください。匿名で結構でございます。こちらからお願いいたします。謝礼として心
ばかりの品を送らせていただきます。

DPROタイプFD・アークバリア21(および親水型のコーティング)を施工されたお客様へ

これらは親水型のカーコーティングです。施工当初はワックスのようにいくらか撥水することもございますが、1ヶ月ほどで撥水は収まり本来の親水
型特有の排水を始めます。ところが、この撥水しなくなった状態を見て、「コーティングが取れた」と勘違いされる方がいらっしゃいますが、決してそ
うではございませんのでご安心ください。そしてご自分がご注文なさったカーコーティングの性質をもう一度思い出してください! また、撥水しな
い状態が嫌になってご自分でワックスをかけてしまう方がいらっしゃいますが、たいていのワックスには研磨剤が含まれていますので、ガラス面を
削ってしまうことにもなりかねません。  
どうしても“あの撥水が忘れられない!もう一度!”という方は、DPROタイプPS(シャンプー型簡易コーティング剤、400cc・3.000円)またはDPROタ
イプTP(撥水に近い疎水型トップコート、300cc・3.500円)をお買上げ頂き、カンタンですのでご自分で塗ってみてください! きっとご納得いただけ
ます。


G'ZOX・DPROタイプGSを施工されたお客様へ

G'ZOXおよびDPROタイプGS(G'ZOXスペシャルの略)は、通常のガラスコーティングの皮膜の上に撥水皮膜が重なっているという所謂“二重構造”
になっています。ですので、撥水効果が薄れてきても、ガラスコーティング自体が終わってしまったわけではありませんのでご安心の上誤解なさら
ないでください。それほど“ヤワ”なコーティングではありません! 数ヶ月に一度専用撥水シャンプーをお使いになれば、施工したての撥水効果が
蘇ります。また1年〜2年に一度リフレッシュメンテナンス(無料〜有料)を受けていただければ、よりいっそう撥水と美しさが持続いたします。


リフレッシュメンテナンス仮予約フォーム


さらに輝きと持続性を追求したい方へ

ただいま、アークバリア21施行後のお車をさらに美しく長期間輝かせるために当店お勧めの「ダイヤモンドスーパートップコート」をお勧めしており
ます。アークバリア21との相性は抜群でその輝きはまさに芸術品。コーティングを保護するためのコーティングとしての役目も果たします。当店で
アークバリア21をご利用いただいたお客様には優待価格でご提供いたします。アークバリア21施工後の定期メンテに是非お試しください。G'ZOX
は1年に1度のリフレッシュメンテナンスをお勧めします。


日常ご自分で洗車する場合のコツ

ガラスコーティングは、“基本的には"傷は入りにくいはずなのですが、あとはお客様の取り扱い次第となってしまいます。普段の洗車はやさしく力
を抜いて洗うのが基本中の基本であり、美しさを維持するポイントです。まず、できるだけソフトなクロス、スポンジを使う事。スポンジを持った手元
に水道の水を流しながらやさしく砂埃を洗い流す事。水気をふき取る時は乾いた布ではカラ拭きしない事。クロスはできれば、マイクロファイバーの
ような柔らかい物が理想です。鳥糞が固まってしまった場合は、まず、ぬるま湯にシャンプーを浸したスポンジを鳥糞の上に乗せてふやかします。
柔らかくなったら、お湯とスポンジで力を入れずに流します。


ホイールコーティングの再施工

当店でホイールコーティングを施行いただいたお客様に限り、半額ホイールコーティングの再施行をさせていただきます。
ホイールはボディに比べて、飛び石や異物との接触などさらされる条件が過酷な分、コーティング面もボディより早く痛む場合がございます。また、
鉄粉やブレーキダストがブレーキの熱で焼き付いてしまうと、なかなか取れなくなります。効果が薄れてきたなとお感じになったら、お早めにお手
入れ、再施行をお勧めいたします。足元はオシャレの基本です。



お問い合わせはこちらへどうぞ。
どんなことでもOKです!
お問い合わせフォーム



ガラスコーティング、ポリマー加工、車のコーティング のGZOXアークバリア施工DPROプロショップ東京の洗車
の匠 TOP

戻る
戻る


ガラスコーティング、自動車コーティング、ポリマー加工、手洗い洗車のDPROディープロ、G'ZOXジーゾックス、東京、埼玉、千葉、神奈川の車のコーティン
グ専門店