本文へジャンプ
手作りプランクトンネットを用いたプランクトン採取法
(プランクトンネット作成については「究極水田のプランクトン」を参考にしました)
リンクを貼ってありますのでご参照下さい


 市販の洗濯機用ゴミとりネットをベースにして、小さなプラスチック瓶があれば簡単に作ることができます。口径はわずか10cmですがこれでも結構プランクトンを採取することができます。海で小さなクラゲが何匹もとれたことがあります。ネット本体は200円台で、採取瓶は化粧品の試供品の空き瓶です。まともにプランクトンネットを買うと相当な値段がしますが、これなら格安です。
 


作り方はいたって簡単。瓶の蓋にできるかぎり大きな穴を開け、ネットの先端部をハサミで切って、蓋ににネットをかぶせ、セメダインで仮止めします。接着剤が乾いたら、家具などを補修するエポキシパテで蓋とネットをしっかり張り合わせます。その強度は相当なもので、ちょっとやそっとでは、はずれません。さらに、蓋はスクリューキャップになっているので、採取瓶の着脱は簡単にできます。


次はネットをどう投げるかですが、私は全長110cmのチョイ投げリール竿を愛用しています。竿が短いので、遠投はききませんが、それでも、湖岸や海の堤防から投げて、結構プランクトンを採取できます。小さな池、潮だまり、用水路でも使え、オールインワンで重宝しています。なによりも、車の助手席やバックシートににそのまま転がしておけるところがお手軽なところです。もちろん、本格的な投げ竿を使えば、遠投がきき、効率的に採取できるでしょう。


リールの道糸とプランクトンネットをつなぐクリップです。開閉式なので、ここに輪付きオモリとネットをつなぐことができます。緑色をしているのが輪付きのオモリで、クリップに簡単に通せます。私は短く、細い竿を使っているので、軽めのオモリをつけています。また、ネットの採取瓶にあらかじめ水際の水を入れておき、その重さも利用してネットを投げています。ちなみにこのクリップは釣り具店で売っています。


次にネットを取り付けます。元がゴミとりネットなので、洗濯機に装着する穴がついてますので、プランクトンネットも簡単にクリップに通し、クリップを閉じて、準備完了です。海で使う場合では、沖に突き出した堤防から、波に対して横向きに投げると使いやすいです。もちろん、本格的な投げ竿であれば砂浜からでもOKのはずですが、やったことがないので、分かりません。
それに、お小遣いが足りなくて、投げ竿を買うことができません。情けなや。


使用後は、プランクトンネットをクリップからはずし、オモリごと、リール竿のガイドの部分にクリップを止めておきます。プランクトンネットを使うときだけガイドからクリップをはずします。ふだんは写真の状態で車の中に転がしておきます。これが継ぎ目なしの短いリール竿のお手軽な点です。値段も竿とリールのセットで1200円程度で、とてもリーズナブルです。



小さな熱帯魚の移し替え用の手網ですが。メッシュがゴミとりネット同様にプランクトンネットなみに細かいので、水田の注水升など、狭い場所でプランクトンネットの代用として使えます。小さな池やビオトープでもこれで十分ともいえます。ミジンコやワムシはもちろん、すばやく採水瓶にひたせば、原生動物の採取も問題ありません。観賞魚店やホームセンターの観賞魚コーナーで売っています。


え〜、言わずとしれた、ただの指です。しかし指もまたプランクトン採取道具となります。採水瓶にあらかじめ現地の水を入れておき、コケのついた小さな石、密生したアオミドロ、水草をすばやく移し入れます。小型のミジンコや、ワムシ、付着性の原生動物、ヒドラ、ウズムシなどはこの方法が一番効率がよいような気がします。ただ、たちの悪い寄生虫の生息地では、割り箸などを使ったほうがよいかもしれません。


左はプランクトンネットの試料瓶(元は化粧品のサンプル瓶)、右はジャムの空き瓶です。プランクトンネット、手網、手などで採取した試料はジャムの空き瓶などに移し替えて移送します。もっと大きな空き瓶が欲しいと思いつつも、たまるのはジャムの空き瓶ばかり。それでも今のところ、これで不自由していません。手網や手で採取する場合1個で十分ですが、プランクトンネットの場合は3個ほど持っていきます。ちなみに容量は、ジャムの空き瓶で200ml程度です。

 プランクトンネットを作ったら、実際に湖沼で採集をしてみましょう。リール竿を使ってのチョイ投げ感覚で気楽にできます。投げるだけでなく、護岸際を歩きながらネットを引いてみるなど様々な使い方ができます。もちろん小さな池でも使えますが、その池が釣りや生物採集が許されていることが条件となります。公園の池でリールを投げることはたいがい許可されていませんが、公園の池でも釣りが許されているところもあります。反対に一切の生物採集が禁止されているところもありますので、ご用心。

                           トップページに戻る