JHASとは…(JAPAN HOLISTIC AROMATHERAPY SOCIETY)=日本ホリスティック・アロマセラピー協会のことです。
「ホリスティック」という言葉は、ギリシャ語の「ホロス」という言葉にに由来し、「全体」とか「総合」という意味と、ホーリーと語源を同じくする「聖なる」という意味を持っています。ホリスティック医学とは、人間を「心」「身体」「エネルギー」「霊性」の四つの面から「総合的」に捉え、これらをすべてよりよい状態に整えていくという「聖なる癒し」を目指しています。
JHASのスクールで学ぶアロマセラピーもホリスティック医学のひとつで、身体と心は密接につながり、病気も怪我も「心」を変えていくことによって、共に癒されると考えるものです。そして、癒していくのは自分自身であって、セラピストはあくまでもお手伝いに過ぎないと自覚すること、さらには、病気やけがもマイナスの要因として捉えるのではなく、何らかのメッセージだと明るく考えることも、ホリスティック医学の大切な考えです。私たちが本来備え持っている自然治癒力は、プラスの意識の中でこそ強く働くものだからです。




<会長>   今井広海/ゆりあ(スクールオブアロマセラピーAROMA浜松本校代表)
<顧問>   マリー・マンサー/アラン・マンサー(エッセンシャル・セラピュティック代表)
<年会費>  生徒さん・2000円/一般会員・5000円
<発足日>  1996年9月1日
<設立目的> ・アロマセラピーをホリスティックに捉える、本格的なアロマセラピーの普及
       ・会員同士の交流および勉強会  ・新しい臨床例や情報の交換 etc